マイホームの買い方とは 初めての住宅購入講座



はじめまして、ブロガーの関原大輔(@sekihara_d)です。

今回はマイホームの買い方について、初めての方にも分かりやすく解説してみたいと思います。



これからマイホームの購入を初めて検討されている方にとっては、マイホームの買い方について分からない方も多いと思います。


マイホームは人生最大の大切な買い物となりますが、多くの方が一生に一度の買い物なので、購入すること自体が初めてという方がほとんどです。


よって初めての経験であるにも関わらず、人生で最も大きな買い物となってしまうことが、マイホーム購入の難しいところです。


今回はそのような初めてマイホームの購入を検討されている方に向けて、マイホームの買い方について分かりやすく解説していきたいと思います。





マイホームの買い方 物件を探す



それでは、マイホームの買い方について解説してきましょう。

まずは候補となる物件について探していきます。


はじめに物件を探すにあたり、まずは候補とする物件の相場感を検討する目的として、SUUMOなどの不動産サイトにて物件を探索してみるのが良いでしょう。


今の不動産サイトは機能が充実していて、優れた検索システムが備わっているので、お好みの物件を手軽に検索して、物件を検討することができます。



参照元:SUUMO



大手の不動産サイトなら日本全国の好きな物件を、家に居ながらいくらでも探索することができます。

まずはこのような不動産サイトを活用して、候補とするエリアや物件の種別、規模について選定していきましょう。



ネットで物件の候補を選定する

✅物件のエリア

✅新築か中古か(築何年までか)

✅物件の間取り




候補の物件をブックマーク

主要な不動産サイトなら、気に入った物件をブックマークして登録しておける機能があります。

この機能を活用して候補となる物件がいくつか出てきたら、どんどんブックマークしていきましょう。



参照元:SUUMO



ブックマークした物件がいくつか揃ってきたら、物件候補の選定ができてきたことになります。

3件ほどでも候補が出てきたら、試しに実際の物件を見学に行っても良いかもしれません。


それでは、次のステップに進んでいきましょう。




マイホームの買い方 物件を見に行く



候補となる物件がいくつか出てきたら、試しに物件の見学に行ってみましょう。


物件情報を掲載しているWebページには、問い合わせ先となる不動産会社の連絡先が必ず記載されているので、そこへ連絡をして見学希望の旨を伝えれば、実際の物件を案内してくれます。



不動産会社の選定が重要

ここで、『不動産会社の選定』が極めて重要な項目となります。


実は物件の仲介というものは、どこの不動産会社であろうとも仲介することはできてしまうので、気に入った仲介業者に巡り合えることができれば、その業者に一任して、複数の物件を案内してもらうことも可能です。


よって、機敏よく動いていくれる敏腕の仲介業者に出会うことができれば、マイホームの購入の大きな助けとなるでしょう。



しかしながら、各々の物件にはそれぞれ広告を出している会社があるため、やはり広告を出している業者の方がその物件には力を注いでくれますし、売主との交渉力の面においても勝ります。


よって本命の物件を見に行く時には、その物件の広告を出している業者へ仲介を依頼する方が良いでしょう。




売主との直接契約がベスト

ここまで、不動産会社の選定が重要という話をさせて頂きましたが、なかでも最もベストな方法が、仲介業者を介さずに、売主と直接折衝する方法です。


新築物件などでは売主が不動産会社であることが多く、その場合には仲介業者を介さずに、売主の会社と直接折衝できる物件も数多くあります。


売主と直接契約することができれば、仲介業者を介さないため仲介手数料がかからないという、大きなメリットを生み出すことができます。



通常の不動産売買では仲介業者を介すため、仲介手数料として下記の金額が大きな出費として発生してしまいます。



仲介手数料 =(物件価格×3%+6万円)×  消費税



この仲介手数料は仮に4,000万円の物件の場合には、実に140万円近い金額にまで及びます。

よって売主と直接契約することができれば、この140万円近い仲介手数料を節約することができるのです。



よって物件を見に行く時には、安易に仲介業者に依頼せずに、しっかりと吟味した上でパートナーを決めるべきなのです。


なお不動産サイトのSUUMOでは、物件の検索条件の設定の中に、売主販売の物件に絞って検索する機能も備わっているため、売主販売の物件も簡単に検索することができるので、おすすめです。




🔹住まい探しはSUUMO


マイホームの買い方 物件を買う



いよいよ気に入った物件に出会うことができれば、購入に踏み切りましょう。


購入に際し必要な手続きのほとんどは、すべて不動産会社(仲介業者もしくは売主)がやってくれるため、購入者が直接動いたり、手続きするようなことはほとんどありません。


もちろんローンの手続きや銀行との交渉、契約に至るまですべてやってくれるため、購入者には面倒なことや難しい作業はほとんどありません。


よって不動産会社の指示に従って進めていけば、決済、引渡しまで一貫して手続きを進めてくれるので、初めての方でも安心して大丈夫です。




マイホームの買い方 価格を交渉しよう

マイホームの購入は一生に一度の大きな買い物となるので、価格は積極的に交渉しましょう。

金額が大きいので、値引きの金額も100万円単位の規模も当たり前となります。


うまく交渉できれば、200~400万円ほどの値引きに成功することもあるくらいです。

値引き交渉をするだけで、200~400万円も得する可能性があるのですから、どんどん積極的に値引き交渉をしましょう。



なおこの辺りについては、別記事の『新築マイホームをお得に安く買う方法』にて詳しく解説していますので、あわせて参照ください。



🔹あわせて読みたい

👉新築マイホームをお得に安く買う方法




まとめ


以上により、今回は初めてマイホームの購入を検討されている方に向けて、マイホームの買い方について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた内容について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



マイホームの買い方の流れ

✅不動産サイトを活用して良い物件を探す

✅不動産会社の選定を慎重に行う

✅実際の物件を見に行く

✅価格を交渉する



マイホーム購入までの道のりは、基本的に上記の流れの繰り返しとなります。

なかでも最も重要な項目は、不動産会社の選定でしょう。


マイホームは金額が大きいので、パートナーの選定次第で、平気で100~400万円ほども価格が変わってしまう世界です。


なかでも新築物件の場合であれば、売主と直接折衝することができれば、仲介手数料が不要となるため、それだけでも100万円以上はお得に購入することができます。


よって安易に仲介業者に頼りすぎずに、不動産会社の選定は、各物件ごとに慎重に選定することが重要です。



このようにマイホームは買い方を工夫するだけでも、金額が大きく変わります。

よって、皆さんも少しだけで良いので勉強をして、少しでもお得に良い住宅を購入して、人生を豊かにしていきましょう。


0コメント

  • 1000 / 1000