コロナウイルスの株価への影響は? SARSに学べば今が買い時



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。


今回はコロナウイルスによる株価への影響について、SARSの時を振り返りながら解説していきたいと思います。



コロナウイルスの影響で株価が急落しているので、どうしても不安になる方は多いですよね?


しかし株価のトレンドは、間違いなく今が買い時です。

SARSの歴史を振り返っても、長期的に見れば、騒動はほんの一瞬にすぎません。


半年後も、コロナウイルスの影響で株価の低迷が続くと思いますか?

そんなことは、絶対にあり得ません。



SARSの時もそうですが、ウイルスの影響はどんなに長引いても、夏には完全に終息するからです。


今回はコロナウイルスによる株価への影響について、SARSの時を振り返りながら解説していきたいと思います。





コロナウイルスの株価への影響は? SARSに学べば今が買い時



2003年のSARSに学ぶ

コロナウイルスのような新型肺炎の騒動は、過去にも似たような前例があります。


その歴史を振り返ることで、過去の傾向を学ぶことができます。

それが2002年~2003年にかけて流行した新型肺炎「SARS」です。


SARSの時も今回と同じような状況に陥っており、感染者は中国を中心に世界30ヶ国へ広まり、8,000人以上が感染、700人以上が死亡したと発表されています。




SARSの時の騒動は6~8ヶ月

SARSの時は、2002年11月に発症が報告され、終息宣言が出されたのは、2003年7月でした。


つまり、騒動が始まってから完全に終息するまでに要した期間は、およそ8ヶ月です。


しかし逆を返せば、株式市場から見れば、たったの8ヶ月です。


それも5月になる頃には騒動も収束していたようなので、実質的に影響があったのは、せいぜい6ヶ月、ということになります。




SARSの時の株価の値動き

ここでSARSの騒動の時の、実際の株価チャートを見てみましょう。


下図は2000年~2008年にかけての、米国株NYダウの株価推移です。



SARSの時の米国株NYダウの値動き



このSARSの時は、2002年12月から2003年3月にかけて、株価が下落しています。


$9,000だった株価が、SARSの影響でおよそ$8,000まで下落した、というイメージです。


底を打ったのは、2003年の3月中旬でした。


よって株価が下落した期間は「およそ4ヶ月間」、下落率は10%強という結果となりました。



🔹あわせて読みたい

👉【比較】コロナショックはリーマンショックに迫るのか?




株価の下落は短期的で、長期的には買い時

しかし先ほどの株価チャートを見れば分かるように、長期的な視野に立てば、SARSの騒動も、ごく小さな出来事にすぎません。


SARSの事態が収束へ向かい始めた3月下旬以降は、株価がみるみる上昇し、早くも5月になる頃には、元の水準まで回復しています。


その後の6月以降もどんどん上昇を続け、年末には軽く$10,000を超えてしまいました。



これが、SARSの大騒動の時の現実です。


春になれば事態は終息して株価は元の水準まで戻り、夏から秋にかけては元の水準をはるかに超え、上昇を続けています。


ウイルスの騒動など所詮、短期的な騒ぎにすぎません。

遅くても夏になれば騒動は終息し、株価は上昇に転じるのです。


よってこの時の教訓からも、2月~3月中旬にかけては、「まさに株の買い時」ということになります。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由




米国の長期金利は過去最低を更新

市場は完全に「リスクオフ」になっているので、世界のマネーが大量に「安全資産」へと流れています。


最も顕著なのが国債で、米国10年債利回りはなんと0.4%台にまで低下、過去最低の水準を大幅に更新しています。



米国10年債利回りの推移



これは分かりやすく言えば、市場が過去最高の水準にまで「リスクオフ」になっている、ということです。


逆を返せば、騒動が終息して市場が「リスクオン」になれば、世界中のマネーは必ず「株式」へと流れます。


コロナウイルスが終息すれば、株価は一気に上昇することが確実です。


よってコロナウイルスを警戒して株価が下落している今こそ、まさに株の「買い時」なのです。



🔹あわせて読みたい

👉金利と株価の関係とは 株価の動きは金利で決まる





まとめ


以上により、今回はコロナウイルスによる株価への影響について、SARSの時を振り返りながら解説させて頂きました。


いかがでしたか?

2003年のSARSの教訓を活かせば、コロナウイルスによる株価急落も、決して恐くはないはずです。


恐いどころか、むしろ株を安く買うことのできる、絶好のチャンスといえます。



今回のコロナウイルスの騒動など、間違いなく短期的な騒ぎにすぎません。


どんなに遅くても夏になれば事態は終息し、株価も上昇するでしょう。



無料セミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぶには、書籍にて独学で勉強をするのも良いのですが、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は、一度無料セミナーに出てみるのも良いかもしれません。


なかでもファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』では、東京、横浜、名古屋、大阪、京都の各校にて無料セミナーを実施しており、今なら株式投資などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】セミナー実施中



🔹あわせて読みたい

👉コロナショック投資戦略の完全ガイド「15記事」

👉コロナショックで株を損切りする人が投資で勝てない理由



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000