コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。


今回はコロナショックの騒動で、株が絶好の買い時である6つの理由について解説していきたいと思います。



コロナショックで株が買い時である6つの理由

✅ ①恐怖指数「VIX=82」は12年ぶり

✅ ②コロナショックは10年に1回の暴落

✅ ③暴落の時に買える投資家が勝つ

✅ ④投資は10年先を見据えるもの

✅ ⑤敗者は暴落の時に損切りする

✅ ⑥ウイルスは夏には必ず消滅する



コロナショックで世界中の株価が暴落していて、不安になっている方も多いですよね?


今回は、そんな方の不安を解消していきます。


長い目で見れば、コロナウイルスの騒動は、株の絶好の「買い時」です。


ウイルスの騒動など、ほんの数ヶ月の、短期的なことにすぎないからです。



投資で最も大切なマインドは、「10年先を見据える」ことです。


暴落した時に買える投資家だけが、大きな利益を手にできるのです。


今回はコロナショックの騒動で、株が絶好の買い時である6つの理由について解説していきたいと思います。





コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由



①恐怖指数「VIX=82」は12年ぶり

コロナショックの騒動で、市場は大きなパニックに見舞われています。


市場の混乱を示す代表的な指標として、恐怖指数VIXという指数があります。


下図に、VIXの長期チャートを示します。



恐怖指数VIXの長期チャート

(引用元:TradingView



直近になり、VIX指数が急激に上昇していることが分かります。


VIXが82を超えたのはリーマンショックの2008年以来、およそ12年ぶりのことです。


つまりコロナショックの騒動は、10年に1回程度しか起こり得ないほどの、強烈な混乱を市場へ与えていることになります。




②コロナショックは10年に1回の暴落

米国株NYダウは、3月12日にはたった1日で2,352ドルも下落、さらに3月16日には1日で2,997ドルの下落と、過去最大の下げ幅を次々と更新しています。


騒動の前は29,500ドルまで上昇していたNYダウは、なんと一時18,000ドル台にまで急落してしまいました。


まさに2008年のリーマンショック以来、10年に1回あるかないかの大暴落です。



米国株NYダウの株価下落



しかし逆を返せば、10年に1回あるかないかの、貴重な機会とも捉えられます。


10年に1回の暴落なのであれば、株を買う側に回れば、10年に1回の「買い時」ということにもなります。


10年に1回の暴落ということは、滅多にないほど株価が安くなっている、ということにもなるからです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックは投資を始める大チャンス【始め方】




③暴落の時に買える投資家が勝つ

株式投資はいつの時代にも、暴落した時に買えるかどうかが重要です。


当たり前の話ですが「安い時に買う」、これが鉄則だからです。


下図に、米国株NYダウの30年チャートを示します。

丸印で囲った箇所が、数年に一度起きるかどうかの「暴落」です。



米国株NYダウ 30年チャート



これによると、5年に1回ほどの頻度で、大きな暴落が起きていることが分かります。


今回のコロナショックは、これらのなかでも最大級の暴落となりそうです。


しかし、このような資料で歴史を振り返ればよく分かりますが、暴落の時に買うことこそが、最も効果的であることが分かります。


暴落の時に果敢に買える人だけが、大きな利益を出せる、真の投資家といえるのです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックの底値を見極める3つの法則とは




④投資は10年先を見据えるもの

コロナショックのような暴落が起きると、市場は大きなパニックに見舞われ、投資家は不安な気持ちに駆られます。


たしかに短期的には、大きな下落は避けられません。


しかし投資で最も大切なマインドは、常に10年先を見据えることです。



いつの時代でも、暴落は短期的なものにすぎません。


先ほどの長期チャートを見れば分かりますが、暴落の時に株を買っていれば、株価はすぐに戻り、大きな利益を生み出してくれます。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックが起きても株で損をしない4つの方法




⑤敗者は暴落の時に損切りする

コロナショックのような暴落の時に、一番やってはいけないことが「損切り」です。


株価の暴落時には、不安に耐えきれなくなった多くの投資家が、損切りするケースが後を絶ちません。


もっと下がるのではないか・・・



そんな不安に駆られ、暴落中に株を「投げ売り」してしまうのです。


株式投資において、一番やってはいけないことです。


暴落時に損切りする人は、高い時に買って、下がった時に売る、敗者の典型的なパターンです。


株式投資では常に10年先を見据え、慌てて損切りしないよう心掛けましょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株を損切りする人が投資で勝てない理由




⑥ウイルスは夏には必ず消滅する

今回のコロナショックの騒動など、冷静に考えれば、原因はただのウイルスです。


インフルエンザは毎年のように流行し、時に学級閉鎖などを巻き起こしますよね?


コロナウイルスも大きく括れば、これと同じことです。



インフルエンザが流行するのは、2月前後です。


5月や6月になっても、まだ騒いでいる年がありますか?

そんなことは、あり得ません。



ウイルスが終息すれば、株価は上がる

ウイルスは夏になる頃には、必ず消滅します。


その頃には、安全資産へ流れていた世界中のマネーが再び、株式市場へと戻ってきます。


つまりコロナウイルスが終息すれば、株価は必ず上昇するのです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナウイルスの株価への影響は? SARSに学べば今が買い時





まとめ


以上により、今回はコロナショックの騒動で、株が絶好の買い時である6つの理由について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた6つの理由について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



コロナショックで株が買い時である6つの理由

✅ ①恐怖指数「VIX=82」は12年ぶり

✅ ②コロナショックは10年に1回の暴落

✅ ③暴落の時に買える投資家が勝つ

✅ ④投資は10年先を見据えるもの

✅ ⑤敗者は暴落の時に損切りする

✅ ⑥ウイルスは夏には必ず消滅する



今回のコロナショックによる騒動では、株価が10年に1回あるかないかの大暴落となりました。


しかし投資で最も大切なマインドは、常に10年先を見据えることです。


いつの時代でも、暴落は短期的なものにすぎません。


夏になってもコロナウイルスが終息せずに、株価がさらに下落するとでも思いますか?


そんなことは、絶対にあり得ません。



長期的には、株価は必ず値を戻し、さらなる上昇を続けます。


暴落時に買える人だけが、大きな利益を上げられる、真の投資家といえるのです。



無料セミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぶには、書籍にて独学で勉強をするのも良いのですが、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は、一度無料セミナーに出てみるのも良いかもしれません。


なかでもファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』では、東京、横浜、名古屋、大阪、京都の各校にて無料セミナーを実施しており、今なら株式投資などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】セミナー実施中



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株価暴落も、夏には大きく上昇する理由とは

👉【比較】コロナショックはリーマンショックに迫るのか?



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000