コロナショックで市場から退場する人の3つの特徴



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。


今回はコロナショックで損失を拡大させて、市場から退場してしまう人の3つの特徴について解説していきたいと思います。



コロナショックで退場する3つの特徴

✅ ①含み損が恐くなって、損切りをする

✅ ②売買を繰り返し、損失を拡大させる

✅ ③レバレッジ投資でロスカットとなる



コロナショックで相場が大荒れとなっていることから、損失を拡大させて、市場から退場させられる人が急増していますね。


特に多いのが、含み損の拡大が恐くなり、損切りして自ら退場してしまう人です。



実はこれが、一番やってはいけないことです。


大切なことは、最悪の相場の時に、絶対に退場しないことです。


最悪の相場の時こそ、最も成果を生むチャンスなのに、退場する人は損失を確定させて、投資を終わらせてしまうからです。


今回はコロナショックで損失を拡大させて、市場から退場してしまう人の3つの特徴について解説していきたいと思います。





コロナショックで退場する人① 損切りする



コロナショックのような暴落が起きた時、決まって急増するのが、「損切り」する人です。


もっと下がったら、どうしよう・・・



このような人は、含み損の拡大が恐くなって耐え切れなくなり、損切りして損失を確定させ、自ら退場してしまいます。


実はこれが、一番やってはいけないことです。



相場が最悪の時に損切りをするということは、株価が最も安い時に、投げ売りしてしまう行為です。


投資はいつの時代でも、安く買って、高く売る、これが基本です。


暴落時の損切りは、これとはまさに真逆の行為です。




退場しなかった人だけが成果を出せる

そこまで恐れなくても、騒動が収まれば、株価は必ず上昇します。


恐怖に負けて、そこまで待てない人が、市場からどんどん退場していきます。


大切なことは、どんなに相場が悪かろうが、株価が再び上昇する時に備えて、コツコツ投資を続けることです。


相場の悪い時に退場せずに、投資を続けられた人だけが、大きな成果を生むことができるのです。




🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株を損切りする人が投資で勝てない理由





コロナショックで退場する人② 売買を繰り返す



続いてコロナショックのような暴落時に退場してしまう人の特徴が、「売買を繰り返す」人です。


三流の投資家は株価が暴落すると、異常に焦り、無駄な売買を繰り返すようになります。


短期的に売ったり、買ったりを繰り返す行為です。



株を売る → 株価上昇

↑      ↓

株価下落 ← 株を買う



三流の投資家は、このような無駄な売買を繰り返します。


売ったら上がり、買ったら下がる、典型的な悪循環に陥るのです。


こうなったら最後です。


最後は損失が膨らんで資金を失い、戦意を完全に喪失し、市場から退場していきます。




暴落時に短期売買は禁物

株価の暴落時は市場全体がパニックになっているで、1日の変動幅がとても大きく、リスクが高まります。


相場が不安定で、大きく上がったり、大きく下がったりを繰り返すので、短期トレードはリスクが高すぎます。


このような相場で短期売買を繰り返すと、たった1日や2日だけでも、大きな損失を出してしまうのです。




短期売買を絶対にしない

このようなケースで市場から退場させられるのが、最悪のシナリオです。


このような事態を招かないためにも、焦りは禁物。

短期的な売買は、絶対にしないことが重要です。


どっしりと構えている投資家には、後で必ず結果がついてきます。


投資では、常に10年後を見据えて行動するように心がけましょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで差がつく投資家の一流、二流、三流





コロナショックで退場する人③ ロスカットを受ける



最後に、株価暴落時に退場させられる人の典型例が、レバレッジ投資でロスカットを受ける場合です。



ロスカットとは

ロスカットとは、FXなどで用いられるレバレッジ投資で含み損が大きくなった時に、これ以上損失が出ないよう、強制的に取引を決済されてしまう処置のことです。


今回のコロナショックのような暴落が起こると、相場が1日や2日で急変するため、ロスカットを受けてしまう人が急増します。




ドル/円は2週間で10円も下落

恐ろしいことに、ドル/円はコロナショックによる暴落で、たったの2週間で10円も下落してしまいました。


相場がここまで短期で急変すると、ロスカットを受け、強制退場となる人が続出します。



ドル/円の値動き




暴落時は、1日の変動額も大きくなる

また市場が不安定になると、1日の変動額もとても大きくなります。


ドル/円の1日の変動額

✅3月  9日:2.0円下落

✅3月10日:3.3円上昇

✅3月13日:3.4円上昇



コロナショックのように相場が不安定な時は、たった1日でも、為替がこれほどまでに急変します。


特にFXでは、たったの一晩で相場が急変し、朝起きた時にはロスカットされていた、というケースもよくあります。


よって、相場が不安定な時にはこのようなリスクも高まるので、レバレッジ投資をしている人は、特に注意が必要です。



🔹あわせて読みたい

👉【比較】コロナショックはリーマンショックに迫るのか?





まとめ


以上により、今回はコロナショックで損失を拡大させて、市場から退場してしまう人の3つの特徴について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた3つの特徴について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



コロナショックで退場する3つの特徴

✅ ①含み損が恐くなって、損切りをする

✅ ②売買を繰り返し、損失を拡大させる

✅ ③レバレッジ投資でロスカットとなる



最も大切なことは、最悪の相場の時に、絶対に退場しないことです。


相場の悪い時に退場せずに、投資を続けられた人だけが、大きな成果を生むことができます。


よって投資は焦らずに、常に10年先を見据えて行動するように心がけましょう。



無料セミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぶには、書籍にて独学で勉強をするのも良いのですが、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は、一度無料セミナーに出てみるのも良いかもしれません。


なかでもファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』では、東京、横浜、名古屋、大阪、京都の各校にて無料セミナーを実施しており、今なら株式投資などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】セミナー実施中



🔹あわせて読みたい

👉コロナショック投資戦略の完全ガイド「15記事」

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000