株の買い時はいつ?絶対買うべき3つのタイミング



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「株の買い時」について、絶対に買うべき3つのタイミングを解説していきたいと思います。



現在はコロナショックなどの影響で、どうしても投資をためらってしまう人も多いですよね?


「株の買い時が分からない・・・」


そんな悩みを持つ人も多いと思います。



株価というのは、どんなに好調でも、年に1~2回は必ず、大きく下落する局面があります。


その時こそ、株の絶好の「買い時」であり、そのチャンスを逃さずに投資することがポイントです。


今回は「株の買い時」について、絶対に買うべき3つのタイミングを解説していきたいと思います。





株の買い時とは、どんな時?



まず「株の買い時」とは、どんな時なのでしょうか。


株価というのは、どんなに好調でも、年に1~2回は大きく下落します。


下図に、日経平均株価の5年チャートを示します。


日経平均株価 5年チャート



ここ5年間で、特に下落の大きかった局面を丸印で示しました。


このような局面は、まさに株の絶好の「買い時」です。



では実際にこのような「買い時」を判別するには、どうすれば良いのでしょうか。


以下に、詳しく解説していきます。





株の買い時 絶対に買うべき3つのタイミング



それでは「株の買い時」を判別する、具体的な方法について解説していきましょう。


株の買い時を判別するには、下記の3つの指標を活用します。


✅VIX指数

✅金利(米国10年債利回り)

✅為替(ドル/円)


株の買い時を正確に予測するためには、株価だけを見るのではなく、これらの経済指標をしっかりと読み解くことが大切です。


以下に、一つずつ丁寧に解説していきましょう。




VIX指数(恐怖指数)

株の買い時を最も分かりやすく教えてくれるのが、VIX指数です。


VIX指数は「恐怖指数」とも呼ばれ、マーケットの混乱の度合いを数値化したものです。


マーケットの混乱の度合いが強いほど、VIX指数は高くなります。


下図に、VIX指数の5年チャートを示します。


VIX指数 5年チャート

(引用元:TradingView



VIX指数が著しく大きくなった局面を、丸印で示しました。


すると、先ほどの日経平均株価の買い時を示した丸印の箇所と、ピタリと一致します。


このように株価が暴落する局面では、マーケットが激しく混乱するので、VIX指数が急激に上昇します。


VIX指数が概ね20を超えてきたら、明らかな株の暴落時であり、株は絶好の買い時を迎えているといえるでしょう。




金利(米国10年債利回り)

続いて重要な指標となるのが、米国の長期金利です。


金利の低下は、株高の前兆となるサインであり、株の絶好の買い時だからです。


下図に、米国10年債利回りの5年チャートを示します。


米国10年債利回り



主に丸印で示した箇所で、金利が大きく低下しています。


この時期の株価を見れば、どのタイミングでも、株価が暴落していることが分かります。


そしてこの直後には、どのケースでも、株価が大きく上昇しているのです。



米国の金利は、世界経済の心臓のような役割を担います。


基本的に金利が低下すれば、経済が活性化され、株価は上昇します。


よって今回のコロナショックでも、金利が大きく低下しているため、近い将来、株高となる可能性が高いといえます。



🔹あわせて読みたい

👉金利と株価の関係とは 株価の動きは金利で決まる




為替(ドル/円)

最後に、株の買い時を示す重要な指標となるのが、為替です。


金利と同様に、為替の動向も、世界経済に大きな影響を与えるからです。


基本的に、為替が円高となる局面が、株の買い時となります。


下図に、ドル/円の5年チャートを示します。


ドル/円 5年チャート



過去5年で円高となった局面を、丸印で示しました。


どの局面でも、株価の暴落時とピタリと一致します。


日本株はドル/円の値動きに連動するので、円高になれば株価が下落し「買い時」となり、逆に円安になれば株価は上昇します。



海外株も同様に、円高時にドル建てなどで外国株を買っておけば、株価の上昇に加え、為替変動の効果も得られるため、運用益を大きくすることができます。


よって円高の局面では間違いなく、「株の買い時」となります。



🔹あわせて読みたい

👉株式投資で稼ぐには、株価と為替の関係を知れ





まとめ


以上により、今回は「株の買い時」について、絶対に買うべき3つのタイミングを解説させて頂きました。


ここまで解説してきた3つの指標について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。


✅VIX指数:上昇した時が買い時

✅金利   :低下した時が買い時

✅為替   :円高になれば買い時


上記の条件なら、過去のいずれのタイミングでも株価が暴落しており、株の買い時を示しています。


株価を予測するには、株価だけを見ているようでは、絶対に成功できません。


上記のような「経済の本質」を理解することができれば、誰にでも株価の予測ができるようになります。


皆さんもぜひ、このような「経済の本質」を学んで成果を上げて、人生を豊かにしていきましょう。



【無料】WEBセミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぼうにも、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は一度、無料WEBセミナーを視聴してみませんか?


なかでもファイナンシャルアカデミーが配信している『お金の教養講座』なら、ネットで視聴できるWEBセミナーを無料開放しています。


今なら期間限定で、株などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉【無料】お金の教養講座 WEBセミナー


0コメント

  • 1000 / 1000