キヤノンの株価・配当を予想!高配当が魅力の割安株



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「キヤノンの株価・配当」を予想しながら、高配当の魅力について紹介していきたいと思います。




🔳キヤノンの株価・配当を予想【株安の原因は?】

✅株価は下落が続いている

✅業績は減収・減益が続く

✅20年度の配当は大幅減配


🔳キヤノンの株価・配当を予想【今後は徐々に復調】

✅今後は増収増益へ復調予定

✅配当利回りが、かなり高い

✅株価は、かなり割安な水準



キヤノンの株価と配当は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】キヤノンの株価と配当は、これから少しずつ回復へ向かいます。


キヤノンの業績は減収・減益が続いたため、配当も減配となり、株価も大きな下落に見舞われました。


しかし今後は増収・増益へと向かう見込みのため、株価も少しずつ回復へ向かうでしょう。


今回は「キヤノンの株価・配当」を予想しながら、高配当の魅力について紹介していきたいと思います。





キヤノンの株価・配当を予想【株安の原因は?】



それでは「キヤノンの株価・配当」について、予想していきましょう。


まずはキヤノンの株価と配当の、現状について整理しておきましょう。



株価は下落が続いている

キヤノンの株価は、もう10年以上に渡り、長らく低迷が続いています。


下図に直近20年間における、キヤノンの株価チャートを示します。


キヤノン(7751)株価チャート_20年



キヤノンの株価は、2007年には7,000円を超えましたが、現在では2,000円前後にまで暴落しています。


特に直近では2018年からの2年間で、株価は半値にまで急落しています。


ではなぜキヤノンの株価は、これほどまでに下落してしまったのでしょうか?




業績は減収・減益が続く

キヤノンの株価下落の要因は、業績の低迷です。


ここ数年、キヤノンの業績は減収・減益が続いています。


下図に、キヤノンの売上高と当期利益の推移を示します。



キヤノン(7751)売上高の推移

(単位:億円)



キヤノン(7751)当期利益の推移



売上高は3期連続の減収、当期利益は2期連続の減益が続いています。


特に当期利益は、たったの2年で1/3にまで減ってしまいました。


これでは、株価が2年間で半値になるのも当然です。


キヤノンの株価下落は、このような業績不振が要因といえます。




20年度の配当は大幅減配

キヤノンの株価下落に、さらに拍車をかけたのが、配当の大幅減配です。


下図にキヤノンにおける、配当金の推移を示します。



キヤノン(7751)配当金の推移



キヤノンの配当はこれまで160円を維持してきましたが、20年度は半額の80円となる大幅減配となりました。


配当金が、ここまで一気に下がってしまっては、株価が暴落するのは当然です。


キヤノンの株価下落は、業績の低迷と、配当の大幅減配が要因といえるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» これから上がる株の銘柄5選!必ず上がる銘柄を厳選





キヤノンの株価・配当を予想【今後は徐々に復調】



ここまで、キヤノンの株価・配当が下落している原因について解説してきました。


ここからはキヤノンにおける、今後の株価・配当について予想していきましょう。



今後は増収増益へ復調予定

2020年まで減収・減益が続いていたキヤノンですが、今後は少しずつ復調する見込みです。


下図に、キヤノンの業績推移と見通しを示します。



キヤノン(7751)業績推移と見通し

(単位:百万円)



上図における21年度の業績予想では、増収・増益となることが予想されています。


さらに22年度のコンセンサス予想でも、2期連続の増益となることが見込まれています。


このようにキヤノンの業績は、これから少しずつ回復へ向かう見込みです。


このような業績の回復に連れて、株価や配当も、少しずつ上昇していくことでしょう。




配当利回りが、かなり高い

キヤノンの株へ投資する最大の魅力が、配当金の高さです。


キヤノンの配当金はこれまで、長期的に右肩上がりの増配を続けてきました。


下図にキヤノンにおける、配当金の長期推移を示します。



キヤノン(7751)配当金の長期推移



20年度は減配となってしまいましたが、それでもなお、配当利回りの高さは健在です。


21年2月時点で、キヤノンの配当利回りは3.5%もの高利回りとなっています。


減配になったといはいえ、キヤノンの配当利回りの高さは大きな魅力です。


よって業績が順調に回復すれば、株価も上昇を始めるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 配当金は必ず再投資しよう おすすめの方法を紹介




株価は、かなり割安な水準

キヤノンの株価は大きく下落した影響で、現在はかなり割安な水準にあります。


下記にキヤノンの株価指標について、日経平均との対比を示します。



              日経平均   キヤノン

PER (会社予想)   25.1   20.9

PBR (倍)          1.2     0.9

配当利回り(%)        1.7     3.5


株価の指標(2021年2月時点)



キヤノンの株価は、PER、PBRともに、平均値と比べ2割ほど割安な水準にあります。


さらに配当利回りでいえば、平均値の2倍以上となる高利回りとなっています。


これらはすべて、キヤノンの株価がやや下落しすぎたことを示唆しています。


よって今後の業績さえ上向けば、キヤノンの株価は、間違いなく上昇へ転じるでしょう。



🔹あわせて読みたい

»【公開】私が資産運用を学ぶのに実践した5つの方法





まとめ


以上により、今回は「キヤノンの株価・配当」を予想して、高配当の魅力について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳キヤノンの株価・配当を予想【株安の原因は?】

✅株価は下落が続いている

✅業績は減収・減益が続く

✅20年度の配当は大幅減配


🔳キヤノンの株価・配当を予想【今後は徐々に復調】

✅今後は増収増益へ復調予定

✅配当利回りが、かなり高い

✅株価は、かなり割安な水準



【結論】キヤノンの株価と配当は、これから少しずつ回復へ向かいます。


キヤノンの業績は減収・減益が続いていましたが、今後は増収・増益へと復調する見込みです。


この3年で株価は下落しすぎたため、現在は配当利回りが高く、株価も割安な水準にあります。


よって業績の増収・増益が続けば、キヤノンの株価は、少しずつ上昇へ転じるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する理由6選

» 株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000