お金の教養 お金は稼ぎ方よりも使い方の方が大切な理由



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。

今回はお金の教養講座として『お金は稼ぎ方よりも使い方の方が大切』という話について解説してみたいと思います。


お金持ちになるためには、単に収入が高ければ良いというわけではありません。

それよりも支出、すなわちお金の『使い方』をコントロールする方がはるかに難しく、資産を作る上においても重要なテーマとなります。


年収1千万円を超えるような高所得層でも、貯蓄が思うように進まないという世帯はたくさんいます。

その原因は間違いなくお金の『使い方』です。


資産を作り、お金持ちになるためには、このお金をコントロールする力と教養が必要となります。

自分で自分のお金をコントロールできないようでは、いつまで経っても資産を作ることはできません。


よって今回は資産を作る上で最も重要なテーマとなるお金の『使い方』について解説してみたいと思います。




お金は稼ぎ方よりも使い方の方が大切



それでは、お金は稼ぎ方よりも使い方の方が大切な理由について解説していきましょう。

まず当たり前の話ですが、お金は稼ぐことよりも『使う』ことの方がはるかに簡単です。


お金持ちになるためには、人よりも多くのお金を稼ぐ必要があるでしょう。

そして、多くのお金を稼ぐことに成功できた者だけが、お金持ちになる権利を得ることができます。


ここまで到達することができれば、それだけでも十分に成功者であり、素晴らしいことであると思います。


しかしここまで到達できたとしても、まだお金持ちになれるとは限りません。

その先に待ち構えるさらなる難関を突破できずに、お金持ちになりきれない人がたくさんいます。

そのさらなる難関とは、お金の『使い方』です。


お金というのは本当に恐いもので、ほとんどの人は収入が増えれば増えるほど、比例して支出もどんどん増えていきます。


収入が増えて人よりも多くのお金を稼ぐようになると、人間というのは愚かなもので、高価な立地に住居を構え、高級車に乗り、子供を私立の学校に通わせるようになり、どんどん支出が増えていきます。



これでは稼いでも稼いでもどんどん支出が増えていくため、お金は一向に貯まりません。

このように年収1千万円を超えるような高所得層でも生活水準を上げてしまったがゆえ、結果的に何年経っても貯蓄ができていないという世帯も多いのが実情です。




お金の使い方 富裕層には倹約者が多い



あまり知られていないかもしれませんが、金融資産1億円以上を持つ富裕層には『倹約者』が多いことが、様々な調査結果により明らかにされています。


年収がいくら高くても、前述したように支出が増えてしまっては、金融資産が貯まることはありません。



考えてみれば金融資産が1億円を超えるためには、収入よりも支出の方がはるかに低い生活を長期で継続しなければ、決して実現することはありません。

よって金融資産1億円以上を持つ真の富裕層には『倹約者』が多いのです。


この辺りの話については、全米でロングセラーを記録している大ヒット書籍『となりの億万長者』に詳しく記載されています。


同書は富裕層研究者である著者が米国で1万人以上の億万長者(ミリオネア)にインタビューとアンケートを実施して得られた調査、研究結果をまとめたものです。


その結果は驚くべきことに、米国のミリオネアのほとんどは、ありふれた職業と家庭をもつ『普通の人』だった、というものです。

そして彼らの最大の特徴と共通点が皆『倹約者』であるということです。


では所得は多くても資産の少ない人々と、彼らはいったいどこが違うのか、といった内容をテーマとして徹底追及している、大変おすすめの良書です。


同書を読むだけでも、お金に対する価値観が変わるほどの衝撃を得ることができます。

これはお金の話云々以前に、人生においても必ず役に立つ貴重な教養といえますので、興味のある方はぜひとも一読してみてください。



お金の使い方 生活水準を上げない



資産を作る上で、お金持ちを目指すのであれば、とにかく支出をコントロールし、収入よりも支出の方がはるかに低い状態を半永久的に継続できる仕組み作りを構築することが重要となります。


そのためには、いくら収入が増えようとも支出を極力増やさない、いわゆる生活水準を上げない取り組みに、全神経を注ぐ必要があります。

収入が増えても支出が増えてしまっては何の意味もありません。


お金というのは本当に恐いもので、一度でも収入が増えて生活水準を上げてしまうと、もう元に戻すことは極めて困難となります。

お金にも、タバコやギャンブルのような依存症に近い特性があるといえるでしょう。


生活水準を上げてしまうことは、収入が右肩上がりで増えていくのであれば問題ないかもしれませんが、収入が横ばい、あるいは予期せぬ事態を招いて収入が減るようなことになれば、すぐさま危険な状況を招きかねません。


支出を増やすことは簡単ですが、減らすことは極めて困難だからです。


したがって、どんなに収入が増えようとも、支出は極力増やさない、生活水準を極力上げない、という意識を保つことが重要といえます。


目指すべきは、収入よりも支出の方がはるかに低い状態を半永久的に継続できる仕組みを構築することであり、そこで最も大切となるのが、支出をコントロールする力なのです。




🔷今回の記事に関連するおすすめ書籍


まとめ


以上により、今回はお金の教養講座として『お金は稼ぎ方よりも使い方の方が大切』という話について解説させて頂きました。


今回の結論をまとめると、資産を作り、お金持ちになるためにはお金の『使い方』をコントロールすることが最も重要であり、そのためには下記のような項目について意識していきましょう、ということです。



お金の使い方をコントロールする

✅収入が増えても支出を増やさない

✅生活水準は極力上げずに一定に保つ

✅収入よりも支出が低い状態を半永久的に継続する



このようにお金についての勉強をすることは、人生において必ず役に立つ貴重な教養となります。

しかし残念ながら学校でも社会に出てからも、お金について勉強する機会は誰も設けてくれません。


しかし資産を作り、お金持ちになるためには、お金についての勉強をすることが必要不可欠です。

社会に出てからもこういった勉強や自己投資を惜しまずに努力を継続できた者だけが、富を築く権利を得ることができます。


勉強することは、誰にでもすぐに始めることができますし、お金もそれほどかかりません。そして自己投資で得た教養は、あなたにとって一生ものの財産となります。


したがって皆さんも今すぐにお金についての勉強を始め、行動を起こし、人生を豊かにしていきましょう。


お金について学ぶには書籍にて独学で勉強をするのも良いのですが、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は、一度無料セミナーに出てみるのも良いかもしれません。


なかでもファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』では、東京、横浜、名古屋、大阪の各校にて無料セミナーを実施しており、お金の教養について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座 ファイナンシャルアカデミー【無料】



🔹あわせて読みたい

👉お金の使い方を知るには消費、浪費、投資の違いを理解せよ

👉お金の使い方 自己投資にはお金と時間をどんどん使うべき



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000