オリエンタルランドの株を買ってはいけない理由



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。


今回は「オリエンタルランドの株を買ってはいけない理由」について解説していきたいと思います。



数ある株式銘柄の中でもオリエンタルランドの人気は非常に高く、多くの個人投資家から人気を集めています。


特に株主優待でディズニーランドの1デーパスポートを貰えることもあり、孫のために投資する年配の個人投資家などからも、人気を集めています。



しかし、オリエンタルランドの株は既に多くの個人投資家に買われすぎており、かなり割高な状況にあります。


株式投資に詳しくない個人投資家が何も考えずに投資をすると、大きな損失を出してしまう可能性もあります。


今回は株式投資の初心者が「オリエンタルランドの株を買ってはいけない理由」について解説していきたいと思います。





オリエンタルランドの株は超割高



それでは、オリエンタルランドの株を買ってはいけない理由について解説していきましょう。


まず、オリエンタルランドの株価は既にかなり割高な水準にあります。


下図はオリエンタルランドの20年間の株価推移になります。


リーマンショックが明けて安倍政権が発足した2012年頃から急激な上昇を始め、たったの7年間で株価は8倍にまで急上昇しています。



オリエンタルランド(4661) 20年チャート




この株価の急上昇は、果たして妥当なのか?

この株価の異常なまでの急上昇は、果たして妥当なものなのでしょうか。

答えは『ノー』です。


下記はオリエンタルランドのPER、PBR、配当利回りについて、日経平均の数値と比較したものです。



          日経平均  オリエンタルランド

PER (倍)    12.0     47.5

PBR (倍)      0.9       5.3

配当利回り(%)     2.7       0.3


株価の指標(2020年4月時点)



PERは日経平均の12倍に対し47.5倍と異常に高く、PBRについても日経平均の0.9倍に対し5.3倍と、かなり高い水準にあります。


これはつまり、オリエンタルランドの株価は通常の水準と比べ、4~6倍程度も割高な状況にあることを示しています。





配当利回りはわずか0.3%

また配当利回りについても同様で、日経平均の2.7%に対し、オリエンタルランドは0.3%しかなく、株式の配当とは思えないほどの低水準となっています。


これは配当が低いだけではなく、単純に株価が割高な状況にあることを示しています。


株価が高すぎて、配当利回りが0.3%にまで低下してしまったのです。



これでは高いリスクを負って株式を買っても、リスクに見合うリターンが期待できません。


なお、このような株価の妥当性を見る方法やPER、PBRの見方については下記の別記事にて詳しく解説していますので、あわせて参照ください。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





オリエンタルランドの株は購入金額が高くハイリスク



またオリエンタルランドの株価はここ数年であまりにも大きく上昇したため、最低購入金額がとても高額になっています。


2020年4月時点でのオリエンタルランド株の最低購入金額は130万円前後に達しており、かなりの高額な銘柄となっています。


それでも年配の富裕層などが同社の株を買っているのですが、投資額が大きくなるということは、それだけリスクも高まることになります。



株価が割高なので、リスクが高い

先述したようにオリエンタルランドの株価は通常の水準の4~6倍程度にまで上昇しています。


よっていつ暴落してもおかしくなく、株価が現在の半値になってしまったとしても何も不思議ではありません。



もし株価が半値になってしまった場合、オリエンタルランドの株は高額のため、最低金額の130万円の場合でも、60万円以上の損失を出してしまう可能性があります。


1デーパスポートの株主優待目的でオリエンタルランド株を買っても、60万円もの損失を出してしまっては、元も子もありません。



🔹あわせて読みたい

👉株式投資のリスクとは 初心者向けにやさしく解説





オリエンタルランドの株主優待は全く得ではない



オリエンタルランド株の目玉である1デーパスポートの株主優待券ですが、冷静に分析してみれば、まったくお得ではありません。


ディズニーランドの1デーパスポートの金額は8,200円であり、これを優待して貰うがために、130万円もの投資をして株を買うことになります。



株主優待の実質利回りは?

この株主優待制度を2020年4月時点で利回りに換算すると、たかが0.6%でしかありません。


130万円を投資して、リターンが8,200円でしかないということは、つまり還元率が0.6%しかない、ということになります。


これではお得でも何でもなく、配当利回りである0.3%と合わせても、株主への還元率は0.9%程度でしかありません。



先述したように日経平均銘柄における配当利回りの平均値は約2.7%なので、これに比べるとかなり見劣りすることが分かります。


よって本件の結論をいうと、無理してオリエンタルランドの株式を買わずとも、他の一般的な銘柄を買った方が「はるかにお得」ということになります。



🔹あわせて読みたい

👉株式投資 厳選おすすめ銘柄の株主優待を紹介





オリエンタルランド株 業績も既に頭打ち



直近7年間で株価が8倍にまで爆上げしているオリエンタルランドですが、果たして今後の業績は、それに見合う成長が期待できるのでしょうか。


ここで売上や利益の実績、見通しについてみていきましょう。



オリエンタルランドの業績と見通し



これを見ると、売上、利益ともに19年3月期がピークとなっており、その後の20年、21年では伸び悩むことが、すでに公表されています。


さらにこれに加え、コロナウイルスによる休園の影響や、インバウンドの減少は避けられず、すでに株価の暴落が始まっています。




今後の見通しは厳しいか?

長期的にみれば、これから少子高齢化が進み、若年層の人口はどんどん減少するため、オリエンタルランドの将来性も、それほど明るくはないと考えられます。


少なくとも、直近7年で株価が8倍になった勢いは、今後の業績からは感じられないため、勢いが止まることは必至です。


2020年からは、すでに株価の暴落が始まっており、今後の動向には引き続き注視する必要がありそうです。




🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株価暴落も、夏には大きく上昇する理由とは





まとめ


以上により、今回は株式投資の初心者が、オリエンタルランドの株を買ってはいけない理由について解説させて頂きました。


ここ数年で大人気の銘柄へと成長したオリエンタルランドですが、現在ではかなり割高な状況にあり、危険な水準にあることを解説させて頂きました。


もし株価が適正な水準にまで下落してしまうことがあれば、株価は現在の半値以下となっても、まったく不思議ではありません。



安易に有名な銘柄に惹かれて投資をしてしまうと、大きな損失を出してしまう可能性もあるので、初心者の方は十分注意して投資をするよう心掛けましょう。



無料セミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぶには書籍にて独学で勉強をするのも良いのですが、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は、一度無料セミナーに出てみるのも良いかもしれません。


なかでもファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』では、東京、横浜、名古屋、大阪、京都の各校にて無料セミナーを実施しており、株式投資などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】セミナー実施中



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由

👉コロナウイルスの株価への影響は? SARSに学べば今が買い時



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000