楽天証券のポイント投資の魅力【ブログで解説】



はじめまして、個人投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。

今回は楽天証券のポイント投資の魅力について、当ブログにて分かりやすく解説していきたいと思います。



キャッシュレス決済が徐々に普及しつつある現代では、さまざまなサービスでポイントを付与するサービスが展開されています。


クレジットカードで買い物をすれば、そのカード会社が展開するポイントが貯まる仕組みになっており、多くのカード会社がさまざまなポイントサービスを謳い文句に、クレジットカードへの加入を促進しています。


クレジット決済を多く活用する人にとっては、塵も積もればかなりの額のポイントが積み上がっていくため、カード決済が普及しつつある今、ポイントを賢く活用することが重要です。



そこで今回のブログでおすすめしたいのが、楽天が展開している楽天ポイントを活用して、ポイントを使って投資をする方法です。

楽天ポイントを貯めれば、楽天証券でポイントを使って投資することができます。


せっかくコツコツと貯めたポイントは、買い物などで無駄に消費するのではなく、楽天証券で投資に活用するのがおすすめです。


ポイントを投資に活用すれば、現金に換えて貯金をしているのと同じことなので、ポイントを無駄に消費することなく、将来に向けた資産づくりにポイントを使うことができるのです。



今回は楽天証券のポイント投資の魅力について、当ブログにて分かりやすく解説していきたいと思います。




楽天証券のポイント投資とは【ブログで解説】



それでは、まず楽天証券におけるポイント投資の概要について触れていきましょう。


楽天証券なら、普段の生活で貯めた楽天ポイントを投資に使うことができます。

楽天証券のポイント投資は、楽天ポイントを使って、投資信託を購入できるサービスです。





楽天証券の投資信託なら、100円以上なら1円単位で投資することができるので、少ないポイントでも余すことなく投資に費やすことができます。



出典元:楽天証券



ポイントで購入した投資信託は、いつでも売却することができるので、いつでも好きな時に現金に換えることができます。

したがってポイントを投資に廻すということは、ポイントを現金に換えて貯金しているのと同じことです。


よってコツコツと楽天ポイントを貯めて、せっせと投資に廻しておけば、資産づくりの面では大いに役立つことでしょう。




👉楽天証券の公式サイトを見てみる




楽天カードでポイントを貯めて投資する



楽天ポイントを効率よく貯めるなら、楽天カードを活用するのがおすすめです。

楽天カードはポイント還元率の高さが大きな強みであり、いつでもどこでも楽天カードでクレジット決済をすれば、100円につき1ポイントが付与されます。



さらにこれとは別に、下記のロゴのある楽天ポイントカードが使える対象店舗であれば、さらに追加で100円につき1ポイントが付与されます。

よって対象店舗でクレジット決済をすれば、ポイントが2倍、つまり2%のポイントが付与されることになるのです。





通常、他社の一般的なクレジットカードの場合、クレジット決済によるポイントの還元率は0.5%が一般的な相場です。

ところが楽天カードであれば、クレジット決済で1%、さらに楽天ポイントの対象店舗なら加えて1%のポイントが付与されるため、合計2%と格段に高いポイント還元を受けることができるのです。





楽天で効率よくポイントを貯めるには

楽天ポイントを効率よく貯めるには、楽天カードを活用し、生活に必要な支出のすべてを、できる限り楽天カードで決済するようにしましょう。


例えば毎月の電気、ガス、水道などの光熱費や、携帯電話やインターネットなどの通信費など、あらゆる支払いを楽天カードにて自動決済するように設定しましょう。



その他の支出もすべて、外食した時の支払いやコンビニ、ドラッグストア、スーパーでの日常の買い物まですべての支払いを、できる限り楽天カードで決済します。


またサラリーマンをはじめとしたビジネス上での経費として、例えば出張旅費や接待などの交際費などの支払いでも、可能な限り楽天カードで決済しておくことが有効です。


このような支出も楽天カードで決済すれば、すべての支払いに対し1%のポイントが付与されます。


また各種で楽天グループのサービスを活用すれば、さらに効率よくポイントを貯めることができます。


例えばネット通販なら楽天市場、旅行の予約なら楽天トラベルといったように、楽天グループのサービスを上手に活用することで、楽天ポイントをさらに効率よく貯めることができます。





このように生活のあらゆる支出を楽天カードで決済することで、一般的な家庭であれば毎月20~25万円ほど、年間にして300万円ほどの支出を楽天カードで決済することができます。


年間300万円もの利用があれば、年間にして3万円以上の楽天ポイントが付与されます。

この3万円ものポイントを楽天証券でコツコツと投資に廻すことで、ポイントだけでも10年で30万円もの金額を投資をすることが可能となります。




ここまで、楽天ポイントを貯めてポイント投資をする魅力について紹介してきました。


最後に一つ具体例として、ポイント投資をするのにおすすめの投資信託ファンドの運用実績について紹介しておきましょう。




ファンド名:三井住友・中小型株ファンド

運用会社 :三井住友DSアセットマネジメント

種 別  :日本株式

買付手数料:無料(ネット証券)

最小投資額:100円以上1円単位(ネット証券)

運用開始日:2003年9月30日



上図は私も実際に投資している株式系の運用ファンド『三井住友・中小型株ファンド』の運用実績になります。


同ファンドは2003年に設立されて以降、長期に渡り運用されており、チャートに示す通り2003年から15年間を複利(分配金再投資)で運用していれば運用額が+500%、つまり投資額が6倍になるという超大幅上昇をみせています。


2008年にリーマンショックによる大暴落があったため、安部政権が発足する2013年くらいまでは苦しい時期となりましたが、辛抱強く投資を続けていれば、巨額の富を築いてくれた一例です。



投資信託での運用は、このように成果を出すのに時間がかかる場合はありますが、このファンドの実績が示すように、長期で取り組めば徐々に運用も安定し、長く続けることで大きなリターンを期待できる手法といえます。


このようなファンドなら、100円以上からなら楽天ポイントを活用して1円単位で投資することができるので、ポイントを余すことなく投資に注ぐことができます。


よってコツコツと楽天ポイントを貯めて、コツコツと投資に廻し長期で積み上げていけば、運用の面でもさらに増やしていくことが期待できるため、おすすめです。




👉楽天証券の公式サイトを見てみる




まとめ


以上により、今回は楽天証券のポイント投資の魅力について紹介させて頂きました。


楽天証券なら、楽天ポイントを使用して1円単位で投資信託を購入することができるため、ポイントを余すことなく投資することができます。



そして楽天ポイントを効率よく貯めるには、楽天カードの活用がおすすめです。


楽天カードなら決済した額の1%がポイントとして付与されるため、生活のあらゆる支出を楽天カードで決済するようにしておけば、効率よくポイントを貯めることが可能です。


よって楽天カードを駆使してどんどん楽天ポイントを貯めて、それらをすべて楽天証券での投資に廻していくことで、ポイントだけでもコツコツと資産を増やしていくことが可能となります。



皆さんも今すぐ楽天カードに加入して楽天ポイントを貯めて、楽天証券でのポイント投資を楽しみましょう。



👉楽天カードの公式サイトを見てみる

👉楽天証券 の公式サイトを見てみる



資産運用で成果を上げるには、このような知識や経験が必要となります。


資産運用に必要な知識については、当サイト内でも多くのコンテンツをすべて無料にて公開していますので、資産運用について学びたい方のお役に立てれば幸いです。


👉資産運用について学べるブログ『マネープラン』



☆あわせて読みたい

👉増税によるキャッシュレス還元 おすすめは楽天カード

0コメント

  • 1000 / 1000