コロナショックは投資を始める大チャンス【始め方】



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。


今回はこれから投資を始める方に向けて、コロナショックは10年に一度の大チャンスである事と、おすすめの始め方について解説していきたいと思います。



コロナショックで株価が暴落しているため、投資を始めてみようかと思っている方も多いですよね?


ずばり、その考え、大正解です。



株価が大暴落している今ほど、投資を始めるのに適した時期はありません。


今は投資を始める、10年に一度の大チャンスだからです。


今回はこれから投資を始める方に向けて、コロナショックは10年に一度の大チャンスである事と、おすすめの始め方について解説していきたいと思います。





コロナショックは投資を始める大チャンス



投資を始めるなら今がまさに、10年に一度の大チャンスです。


なぜ、株価の暴落している今がチャンスなのでしょうか?


まずは株価暴落の歴史を、分かりやすく振り返ってみましょう。




株価暴落は投資の大チャンス

歴史を振り返れば、いつの時代でも、株価暴落は投資する絶好のチャンスです。


早速ですが、下図のチャートをご覧ください。


下図は世界の株式を象徴する米国株NYダウの、30年間の株価チャートです。



米国株NYダウ 30年チャート



丸印で囲った箇所が、過去の暴落の歴史となります。


過去には2002年のITバブル崩壊や、2008年のリーマンショックなど、大きな暴落がたびたび発生してきました。



どの暴落も株価が激しく下落する、地獄の相場となりました。


しかし結果的には、これらの暴落はすべて、投資する絶好のチャンスだったのです。




暴落時こそが最大のチャンス

これらの暴落時こそが、例外なく、投資するのに絶好のチャンスです。


これらの暴落時に投資できていれば、いつの時代でも例外なく、大きな成果を生むことができました。


株価の暴落時こそが、投資する絶好のチャンスなのです。




コロナショックは10年に一度の大チャンス

なかでも今回のコロナショックは、暴落の規模が大きく、2008年のリーマンショックに匹敵する規模となりそうです。


リーマンショックは10年~20年に一度しかないほどの、大きな暴落でした。


よって今回のコロナショックも、まさに10年に一度の大チャンスとなりそうです。




リーマンショック時に投資していれば?

ではリーマンショックの時に投資できていれば、どれほどの成果が出たのでしょうか。


下図の米国株NYダウの事例で見てみましょう。


2008年はリーマンショックの影響で、株価が半値になってしまうほどの大暴落となりました。


NYダウは2009年に一時、7,000ドルにまで暴落しています。



リーマンショックからの上昇(NYダウ)



しかしその後はみるみる上昇し、株価は数倍にまで上昇しました。


2020年には一時、29,500ドルにまで上昇しています。


つまりリーマンショックの時に投資していれば、株価は10年で4倍以上になりました。


これが暴落時に投資する、絶大な威力です。




株価は長期的に必ず上昇する

歴史上どんな暴落が起ころうとも、株価は長期的には必ず上昇します。


必ず上昇するのであれば、今回のような暴落時は、投資する絶好のチャンスなのです。


今投資して、数年間じっくり待っていれば、必ず大きな成果を生むことができるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由





コロナショックで投資するおすすめの始め方



それではコロナショックで投資を始めるには、どのような始め方が良いのでしょうか?


ここでは簡単に、おすすめの始め方について紹介していきます。



はじめは投資信託がおすすめ

これから投資を始める方であれば、はじめは投資信託の活用をおすすめします。


投資信託であれば、100円からでも手軽に投資することができるため、少額でも始めることができます。


いきなり株式銘柄へ投資するより、リスクも格段に低いため、はじめは投資信託の活用がおすすめです。



🔹あわせて読みたい

👉投資を始めるなら「投資信託がおすすめ」初心者向け




投資先のおすすめファンド紹介

ここで今始める、おすすめの投資先を一つだけ紹介しておきましょう。


ここまでチャート図で解説してきた米国株NYダウの成果に連動する、インデックスファンドを一つ紹介しておきます。



SMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンド



ファンド名:SMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンド

運用会社 :三井住友トラスト・アセットマネジメント

種 別  :米国株式(為替ヘッジなし)

買付手数料:無料 (ネット証券の場合)

管理費用 :0.759%(ネット証券の場合)

最小投資額:100円以上1円単位(ネット証券の場合)

運用開始日:2009年4月30日



2009年のリーマンショック時に開設された同ファンドへ投資していれば、10年で+400%、つまり運用額が5倍になる、超大幅上昇となりました。


このようなファンドへ投資していれば、ここまで解説してきた通りの成果を、実際に出すことができるのです。




投資を始めるならネット証券がおすすめ

これから投資を始めるなら、ネット証券の活用が断然おすすめです。


ネット証券なら手数料も無料で、スマートフォンだけでいつでも手軽に投資することができるので、初心者にも安心でおすすめです。



証券会社は国内シェア1位のSBI証券か2位の楽天証券がおすすめで、このいずれかを選んでおけば十分です。


詳しくは「初めての株式投資 初心者向けの始め方をやさしく解説」にて解説していますので、あわせて参照ください。


🔹証券会社を見てみる

👉SBI証券

👉楽天証券


🔹あわせて読みたい

👉初めての株式投資 初心者向けの始め方をやさしく解説





まとめ


今回はこれから投資を始める方に向けて、コロナショックは10年に一度の大チャンスである事と、おすすめの始め方について解説させて頂きました。


投資を始めるなら今がまさに、10年に一度の大チャンスです。


過去の暴落時に投資できていれば、いつの時代でも例外なく、大きな成果を生むことができました。



なかでも今回のコロナショックは、暴落の規模が大きく、まさに10年に一度の大チャンスとなりそうです。


前回の大暴落となったリーマンショックの時に投資していれば、株価は10年で4倍以上になりました。


よって今回のコロナショックでも、投資して数年間じっくり待っていれば、必ず大きな成果を生むことができるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株の初心者が取るべき4つの行動

👉コロナショックで株価暴落も、夏には大きく上昇する理由とは



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000