Twitterフォロワー1万人を達成するまでの軌跡

  • 2021年10月2日
  • 2021年10月10日
  • その他

Twitterフォロワー1万人を達成するまでの軌跡

 

はじめまして、ブロガーの関原大輔@sekihara_d)です。

今回は私が「Twitterフォロワー1万人」を達成するまでの軌跡について、公開していきたいと思います。

 

Twitterの先生

 

🔳Twitterフォロワー1万人【最初が一番シンドイ

✅Twitterは、最初が一番シンドイ

✅1,000人までは1年かかった

✅1,600人の時、コロナショックでバズる

✅3,000人を超え、仕事のオファーも

 

🔳Twitterフォロワー【5,000~1万人までの軌跡】

✅5,000人を超え、炎上に苦しむ

✅6,000人を超え、アンチに苦しむ

✅7,000人を超え、有料教材を購入

✅8,000人を超え、バズりやすくなる

✅ついに1万人達成、3年かかった

 

フォロワー1万人って、けっこう大変なのかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

Twitterフォロワー1万人について知りたい

 

2021年9月24日、ついにTwitterフォロワーが1万人に到達しました。

2018年8月に始めてから、1万人まで、3年1ヶ月もかかってしまいました。

 

Twitterフォロワー数の推移

Twitterフォロワー数の推移

 

3年という期間はけっこう長いため、振り返ると、様々な想いがよみがえります。

どちらかというと「苦労」の方が多いため、今回は「表には見えない苦労」もシェアできればと思います。

今回は私が「Twitterフォロワー1万人」を達成するまでの軌跡について、時系列で紹介していきます。

 

Twitterフォロワー1万人【最初が一番シンドイ】

Twitterフォロワー1万人【最初が一番シンドイ】

 

それでは、私が「Twitterフォロワー1万人」を達成するまでの軌跡について、紹介していきましょう。

まずは前半戦となる、フォロワー5,000人までの軌跡について公開していきます。

 

Twitterは、最初が一番シンドイ

Twitterは例外なく、始めのスタートが最もシンドイです。

特にフォロワー100人未満の時は、基本的に相手にして貰えません。

どんなに有益なツイートを連発しても、反応がなく、拡散されないのです。

私はやり方が分からなかったので、フォロワーを100人にするのに、半年間を要しました。

 

Twitterは最初がシンドイ

 

その後も「地獄」は続き、フォロワーが200人になる頃には、10ヶ月も経っていました。

正攻法の運用では、スタートはこれくらいの地獄です。

今思えば「なんて不器用なんだろう」と思い、本当に悲しくなります。

 

1,000人までは1年かかった

スタートから10ヶ月でフォロワーが200人だった私は、ここで転機を迎えます。

あまりにも遅すぎましたが、下記の2点に気付いたのです。

 

  • このままでは全然伸びず、ラチがあかない
  • 他のアカウントは、もっと早く伸びている

 

ここで私は、やむを得ず正攻法を捨て、フォロワーを増やすことだけに専念しました。

相互フォロー企画への参加やリツイートを、大量に実行したのです。

無理やりフォロワーを増やす

この施策により「フォロワー数だけ」は、飛躍的に増えました。

1ヶ月で800人ほど増やし、何とか無理やり、フォロワー1,000人を達成したのです。

この時、スタートから1年が経っていました。

あまりにも、遅すぎるスタートです。

正攻法に戻し、再スタート

フォロワーを無理やり1,000人にした私は、ここで再び正攻法での運用に戻します。

フォローバック狙いの施策やリツイートを完全にやめて、再び自分の発信に専念したのです。

ここで重要なのは、同じ発信でもフォロワーが1,000人いると、まあまあ注目されるという点です。

フォロワーが100人と1,000人とでは、同じ発信でも「見られ方が違う」ということです。

ここからコツコツ有益な発信を続け、フォロワーを少しずつ積み上げました。

 

1,600人の時、コロナショックでバズる

スタートから1年半が経つ頃、私のフォロワーはまだ1,600人くらいでした。

しかしここで、私にとって大きな転機が訪れます。

2020年3月に起きた、コロナショックです。

この時、株式市場は大暴落に見舞われ、市場は混乱のピークにありました。

「これは、チャンス!!」

そう確信した私は「株を買うべき」というツイートを連発し、強く発信していきました。

 

 

そしてコロナショック関連のブログ記事を24本も書き、毎日発信を続けたのです。

下記がコロナショック時に発信した、24本の投稿をまとめたガイド記事です。

 

 

多くの株クラが混乱のピークにあるなか、私の発信は徐々に注目を集めました。

そして株価は瞬く間に、大きな上昇を遂げたのです。

この発信により、私のTwitterとブログは、飛躍的な発展を遂げました。

 

3,000人を超え、仕事のオファーも

コロナショックでバズった私は、その後も発信を継続し、順調にフォロワーを増やしました。

そしてスタートから2年経過で、フォロワー数は3,000人に到達しました。

この頃から権威性が高まり、仕事のオファーも少しずつ頂けるようになりました。

ここでオファーを受け、セミナー講師を務めたことにより、実績も増え、より権威性が高まりました。

 

 

お仕事を受けると、その活動も発信に活かすことができるので、相乗効果で信頼が高まります。

ここからは順調に、5,000人までの階段をコツコツ登りつめていきました。

Twitterフォロワー【5,000~1万人までの軌跡】

Twitterフォロワー【5,000~1万人までの軌跡】

 

ここまで前半戦として、フォロワー5,000人までの軌跡についてお話してきました。

フォロワーが5,000人に到達するまで、スタートから2年半も要しました。

そしてフォロワーが5,000人を超えると、これまでとは別のステージへ突入し、多くの苦難に遭遇します。

ここからは後半戦として、5,000人から1万人までの軌跡についてお話していきます。

 

5,000人を超え、炎上に苦しむ

フォロワーが5,000人を超えてくると、これまでとはステージが一変します。

影響力が増し、拡散されやすくなる反面、思わぬ苦難も増えてきます。

その1つが、ツイートの「炎上」です。

影響力が増しているので、良くも悪くも少し間違えば、袋たたきに遭うこともあります。

 

 

意図していなくも、言葉に語弊があった場合には、完全に誤解されて拡散されます。

炎上とは怖いもので、何の悪気もなかったツイートが、多くの怒りを買うことがあります。

私の感覚では、炎上という現象は、想像をはるかに超えるほど、辛いものでした。

顔も知らない何百人もの人達から、毎日罵声を受け、バカにされ続けるのです。

 

Twitterの炎上

 

これは、想像以上にシンドイ。

私も初めての炎上の時は、Twitterを2~3日もの間、見れなくなりました。

フォロワー1万人への道のりでは、炎上も避けては通れない障壁です。

 

6,000人を超え、アンチに苦しむ

そして同時に増えてくるのが、アンチです。

いわゆる、誹謗中傷をしてきたり、嫌がらせをしてくる人達です。

フォロワーが6,000人も超えると、ツイートがバズりやすくなるので、アンチからの攻撃も増えます。

広く拡散されたツイートには、意味不明のアンチが群がってくるのです。

アンチの攻撃は、かなりのストレス

会ったこともない見知らぬ人から、いきなりタメ口でバカにされるのは、かなりのストレスです。

私も時期によっては、アンチから連日、袋たたきに遭っていることも珍しくありません。

今でもストレスですが、フォロワー6,000人くらいの慣れていなかった頃は、かなり落ち込みました。

Twitterのアンチ

アンチは、100人に1人くらい?

私はアンチとは絡まないと決めているので、嫌がらせをしてきたら、即ブロックしています。

現在、ブロックしているアカウントは100人ほどもいます。

1万人のなかに100人、つまり、100人に1人ほどの割合ということになります。

100人に1人くらい、頭のおかしい人はいますからね。

フォロワー1万人を目指すなら、このアンチからの嫌がらせも、避けては通れない障壁です。

 

7,000人を超え、有料教材を購入

コツコツ継続して、何とかフォロワーが7,000人になった私ですが、アンチと炎上に苦しんでいました。

そしてフォロワー数も伸び悩み、精神的にも最も苦しい時期が、このあたりでした。

ここで壁にぶつかった私は、たまたま1つの有料教材に出会います。

迫佑樹さん(@yuki_99_s)の発信する、「Twitterマーケティング・マスター講座」です。

新たな学びが、人生を変える

この教材をきっかけに、私のTwitter運用は、飛躍的な進化を遂げました。

ここで学んだ方法を参考に、まっすぐ発信を続けた結果、3ヶ月でフォロワー1万人に到達したのです。

価格が高額なので、購入に躊躇してしまっていたのですが、結果この投資は大正解。

 

自己投資で勉強する

 

伸び悩んだり、苦しくなった時には、先人へ教えを乞うのが一番。

ここで私は、自己投資の重要性を、改めて認識しました。

その後は貪欲に情報へ課金し、学び続けることにより、さらなる進化を遂げたのです。

 

8,000人を超え、バズりやすくなる

ここで発信の軸が定まり、完全に吹っ切れた私は、一気にフォロワー数を伸ばします。

そして8,000人を超えてからは、ツイートの伸び方が大きく加速します。

8,000人を超えてくると、ツイートがかなり「バズり」やすくなるのです。

フォロワー数が増え、拡散力が増しているからでしょう。

ここまで来れば、一気に伸びる

そしてこの領域に入ると、1つのツイートがバズるだけで、フォロワーが1日で500人も増えたりします。

ここで「バズ」ツイートを連発した私は、フォロワーが2週間で1,000人も増えました。

 

 

この勢いに乗ると、フォロワーが一気に増えます。

8,000人から1万人になるまでは、わずか1ヶ月しか、かかりませんでした。

これが「勝者、総取りの世界」、インフルエンサーだけが、大きく伸びる秘訣です。

 

ついに1万人達成、3年かかった

こうして私は、ついにフォロワー1万人を達成しました。

スタートから、実に3年1ヶ月が経っていました。

こうして振り返ってみても、長く、本当に苦しい道のりでした。

必要なことは、3つだけ

3年もの期間を継続するには、かなりの根気が必要でした。

ここまで到達できた私の手法は、主に下記3つのことしかありません。

 

  • 有益な情報を発信していく
  • コツコツ継続するのが大事
  • 勉強して、改善を繰り返す

 

とにかく、有益な情報を発信して、毎日コツコツ続けること。

これにはプライベートの時間を、かなり潰さないと厳しいですね。

そして自己流で続けても伸びないので、きちんと勉強して「改善」すること。

これを繰り返し継続することが、私のフォロワー1万人を達成した、唯一の秘訣です。

まとめ

以上により、今回は私が「Twitterフォロワー1万人」を達成するまでの軌跡をお話させて頂きました。

ここまで紹介してきた軌跡について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳Twitterフォロワー1万人【最初が一番シンドイ

✅Twitterは、最初が一番シンドイ

✅1,000人までは1年かかった

✅1,600人の時、コロナショックでバズる

✅3,000人を超え、仕事のオファーも

 

🔳Twitterフォロワー【5,000~1万人までの軌跡】

✅5,000人を超え、炎上に苦しむ

✅6,000人を超え、アンチに苦しむ

✅7,000人を超え、有料教材を購入

✅8,000人を超え、バズりやすくなる

✅ついに1万人達成、3年かかった

 

このような軌跡により、私はフォロワー1万人に到達するまで、3年1ヶ月を要しました。

1万人までは、長く、苦しい道のりですが、参考にして頂ければ嬉しいです。

次の記事では、フォロワーを1万人にするために必要なことや、達成して思うことを、より詳しくお話します。

よかったら下記リンクより進めますので、読んでみてください。