ソニーの株価を予想!高騰した株価は今後どうなる?



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「ソニーの株価」を予想しながら、高騰した株価について、今後の動向を解説していきたいと思います。




🔳ソニーの株価を予想【直近は株価も業績も大躍進】

✅株価は、直近8年間で10倍に急騰

✅18年3月期より営業利益が大幅増

✅ゲーム&ネットワーク分野が躍進


🔳ソニーの株価を予想【中期的には、横ばいが続く】

✅業績成長は、ここから伸び悩む

✅株価は中期的に、横ばいが続く


🔳ソニーの株価を予想【長期では少しずつ上昇する】

✅長期的には、少しずつ上昇する

✅配当金は連続増配が続いている

✅株価は割高でなく、妥当な水準



ソニーの株価は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】ソニーの株価は、中期的には横ばい、長期的には少しずつ上昇していくでしょう。


ソニーの株価は、直近8年で10倍に高騰しましたが、今後は上昇が止まりそうです。


直近は業績が大きく向上していたものの、今後は一時的に成長が止まり、停滞が続くためです。


今回は「ソニーの株価」を予想しながら、高騰した株価について、今後の動向を解説していきたいと思います。





ソニーの株価を予想【直近は株価も業績も大躍進】



それでは「ソニーの株価」について予想していきましょう。


まずはソニーにおける、株価と業績の現状について整理しておきましょう。



株価は、直近8年間で10倍に急騰

ソニーの株価は、直近8年間で大きく上昇しました。


下図に過去30年間における、ソニーの長期株価チャートを示します。


ソニー(6758)株価チャート_30年



ソニーの長期株価推移では、2013年より、株価が急激な上昇を始めました。


この8年間で、株価が10倍以上に上昇したのです。


この株価の大幅上昇に伴い、ソニーの時価総額は、短期間で10倍となる躍進を遂げています。



ソニー(6758)時価総額の推移




18年3月期より営業利益が大幅増

特に2018年3月期から、ソニーの営業利益は大幅な増益となりました。


下図にソニーにおける、営業利益の長期推移を示します。



ソニー(6758)営業利益の推移



特に直近の3期について、営業利益が大きく伸びていることが分かります。


このような業績の大幅な向上により、ソニーの株価は大きな上昇を遂げました。




ゲーム&ネットワーク分野が躍進

ソニーの業績を向上させている要因の一つが、ゲーム&ネットワークサービスの躍進です。


下図にゲーム&ネットワークサービスの分野における、営業利益の推移を示します。



ゲーム&ネットワークサービス 営業利益の推移



プレイステーション4発売後の2014年以降、ゲーム分野の業績は右肩上がりで成長しています。


特にオンライン化によるネットワークサービスが伸びており、ゲーム業界にも新たな需要が生まれています。



🔹あわせて読みたい

» グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選





ソニーの株価を予想【中期的には、横ばいが続く】



ここまでソニーにおける、株価や業績の現状について整理してきました。


ここからはソニーの株価について、今後の動向を予想していきましょう。



業績成長は、ここから伸び悩む

ソニーはここまで大きな業績成長を遂げてきましたが、今後の業績はやや停滞する見込みです。


下図に、ソニーの業績推移と見通しを示します。



ソニー(6758)業績推移と見通し

(単位:百万円)



ここでは業績の会社予想に加え、アナリストによるコンセンサス予想値も示されています。


これによれば、21年3月期の営業利益は、大幅な減益となる見通しです。


さらに22年3月期も、当期利益は大幅な減益予想となっています。


つまりソニーの業績は、中期的には殆ど成長がなく、良くても横ばいが続く見通しです。




株価は中期的に、横ばいが続く

基本的には業績が成長しなければ、株価も上昇することはありません。


上述の通りソニーの業績は、良くても横ばいを保つのが精一杯のようです。


よって中期的に、少なくても2022年までは、これ以上の株価上昇は難しいでしょう。



🔹あわせて読みたい

»【公開】私が資産運用を学ぶのに実践した5つの方法





ソニーの株価を予想【長期では少しずつ上昇する】



ここまでソニーの株価が、中期的には上昇しない理由を解説してきました。


しかし株価は長期的には、少しずつ上昇を続けるでしょう。


以下に、その理由について解説していきます。



長期的には、少しずつ上昇する

ソニーの株価は、中期的には上昇しなくても、長期的には少しずつ上昇を続けるでしょう。


下図にソニーの設立時からの、売上高の長期推移を示します。



ソニーの歩み 売上高の推移



ここでも中期的には横ばいが続いていますが、それでも長期的には上昇傾向にあります。


中期的には上昇せずとも、これから10年、20年の長期スパンであれば、業績も少しずつ成長を続けるでしょう。




配当金は連続増配が続いている

ソニーの株価を支える魅力的な要素が、配当の連続増配です。


下図にソニーの直近4期における、配当金の推移を示します。



ソニー(6758)配当金の推移



ソニーの配当は現在、3期連続の増配が続いており、配当金はすでに2倍以上に増配されました。


そして今後の配当も、引き続き増配傾向が続く見込みです。


下図に四季報における、ソニーの業績推移と見通しを示します。



ソニー(6758)業績推移と見通し

(四季報 20年12月16日更新)



この業績予想には、今後における配当金の予想値も示されています。


これによればソニーの配当は、今後も持続的な増配が続く見込みです。


配当の増配が続くようであれば、ソニーの株価は安定して、少しずつ上昇を続けるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 連続増配株のおすすめ銘柄5選!安定×成長株を厳選




株価は割高でなく、妥当な水準

ソニーの株価は直近8年間で大きく上昇しましたが、株価はまだ割高ではありません。


下記にソニーの株価指標について、日経平均との対比を示します。



             日経平均  ソニー

PER (会社予想)   25.3   15.7

PBR (倍)          1.2     3.1

配当利回り(%)         1.7     0.4


株価の指標(2021年1月時点)



株価は高騰したものの、それでもPERはまだ日経平均よりもかなり低い水準です。


株価が上昇しても割安ということは、「今までの株価が安すぎた」という可能性が高いです。


ソニーの株価は決して割高になっておらず、「正常化した」という解釈で問題なさそうです。


よって今後も、業績がきちんと成長へ向かえば、株価も順当に上昇するでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





まとめ


以上により、今回は「ソニーの株価」を予想しながら、高騰した株価について、今後の動向を解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳ソニーの株価を予想【直近は株価も業績も大躍進】

✅株価は、直近8年間で10倍に急騰

✅18年3月期より営業利益が大幅増

✅ゲーム&ネットワーク分野が躍進


🔳ソニーの株価を予想【中期的には、横ばいが続く】

✅業績成長は、ここから伸び悩む

✅株価は中期的に、横ばいが続く


🔳ソニーの株価を予想【長期では少しずつ上昇する】

✅長期的には、少しずつ上昇する

✅配当金は連続増配が続いている

✅株価は割高でなく、妥当な水準



【結論】ソニーの株価は、中期的には横ばい、長期的には少しずつ上昇していくでしょう。


ソニーの株価はすでに高騰し、直近8年間で10倍にまで急騰しました。


しかし今後の業績は、中期的には成長が止まるため、株価も一時的には停滞するはずです。


それでも長期的には少しずつ成長を続け、株価も持続的な上昇を続けるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する6つの理由

» 株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000