グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選

アイキャッチ画像_1

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「グロース株」のおすすめ銘柄について、厳選して7つの成長株を紹介していきたいと思います。

 

株の先生

 

🔳グロース株とは?成長株がおすすめの理由

✅グロース株がおすすめの理由

✅グロース株の特徴と傾向とは

 

🔳グロース株のおすすめ銘柄7選【成長株を厳選】

✅花王(4452)

✅ファーストリテイリング(9983)

✅ニトリ(9843)

✅KDDI(9433)

✅くら寿司(2695)

✅日清食品ホールディングス(2897)

✅マネーフォワード(3994)

 

グロース株の、おすすめ銘柄が知りたい・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

グロース株のおすすめ銘柄が知りたい

 

株式銘柄へ投資するなら、グロース株への投資がおすすめです。

株価が上がるには、業績の「成長」が必須だからです。

業績の成長が続けば、株価も配当も、右肩上がりでの上昇が続きます。

今回は「グロース株」のおすすめ銘柄について、厳選して7つの成長株を紹介していきたいと思います。

 

絶対に勝てる方法、教えます

 

グロース株とは?成長株がおすすめの理由

アイキャッチ画像_2

 

グロース株とは、俗に言う「成長株」のことです。

売上や利益などの「業績の拡大」を続け、持続的な成長を続ける銘柄を指します。

分かりやすく例えれば、「増収・増益」を続ける銘柄が、理想的なグロース株といえます。

 

グロース株がおすすめの理由

個別銘柄へ投資をするなら、グロース株への投資がおすすめです。

株価が上昇するには、企業の「成長」が必須だからです。

 

企業の成長

 

業績が成長を続ければ、株価は必ず上昇します。

よって株価が上昇するには、企業の成長、すなわちグロース株となることが必須なのです。

 

グロース株の特徴と傾向とは

グロース株は、成長が期待されて株価がどんどん上がるため、PERが高くなります。

しかしグロース株の場合は、PERが高いからといって「割高」とはなりません。

グロース株は将来に渡り、業績の持続的な成長を続けるためです。

 

株の先生

 

業績の成長が続けば、利益や配当もどんどん増大するため、結果的に割高とはなりません。

割高と思われていた株価に、企業の成長が「追いつく」ためです。

理想的なグロース株は、株価も業績も配当も、右肩上がりで上昇します。

グロース株なら、割高と思われていても、株価はどんどん上昇するのです。

グロース株のおすすめ銘柄7選【成長株を厳選】

アイキャッチ画像_3

 

それでは早速、グロース株のおすすめ銘柄について紹介していきましょう。

以下に厳選した7つの銘柄について、一つずつ紹介してきます。

 

花王(4452)

まずはグロース株の代表格である、花王です。

花王は、長期に渡る業績成長を続けており、株価は右肩上がりで上昇しています。

 

花王の株価チャート_30年

花王(4452)株価チャート_30年

 

花王における成長力の証は何といっても、配当の連続増配です。

花王の配当は、長期に渡る連続増配を続けており、2020年で31期連続での増配となります。

 

花王(4452)配当金の推移

(単位:円)

花王_配当金の推移

 

花王の株は、この圧倒的な成長力が魅力です。

花王の株はまさに、グロース株の代表例といえるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 花王の株価は配当が魅力!31年連続増配の優良株

 

ファーストリテイリング(9983)

続いてグロース株の王道である、ファーストリテイリングです。

2002年の時は2,000円台であった株価は、2021年、ついに10万円を突破しました。

この19年間で、株価は50倍にまで成長したのです。

 

ファーストリテイリングの株価チャート

ファーストリテイリング(9983)株価チャート

 

ファーストリテイリングは業績も、凄まじい勢いでの成長を続けています。

下図の通り、ファーストリテイリングは長期に渡り、連続増収を続けてきました。

20年8月期だけは、コロナの影響で減益となりましたが、それまでは圧倒的な右肩上がりの成長を続けています。

 

ファーストリテイリング 売上高の推移

ファーストリテイリング_売上高の推移

 

このような業績の成長が続くことで、株価も右肩上がり上昇しています。

店舗数は年々増加し、下図の通り、事業規模も右肩上がりの拡大を続けています。

ファーストリテイリングの成長は、まさにグロース株の典型といえるでしょう。

 

ファーストリテイリング 店舗数の推移

(単位:店)

ファーストリテイリング_店舗数の推移

 

🔹あわせて読みたい

» ユニクロの株へ投資する魅力とは【圧倒的な成長力】

 

ニトリ(9843)

家具大手でお馴染みのニトリも、グロース株の代表的な銘柄です。

2003年では1,000円であった株価は、2020年に2万円を突破しました。

この17年間で、株価は20倍以上まで成長しています。

 

ニトリの株価チャート_20年

ニトリ(9843)株価チャート_20年

 

ニトリについても、業績の圧倒的な成長力が魅力です。

ニトリは現在、34期連続での増収・増益を続けています。

 

ニトリ(9843)業績推移

ニトリの業績推移

 

また業績の成長に連動し、配当金についても、17期連続での増配を続けています。

このようにニトリの成長は、まさにグロース株の典型的な事例といえます。

この成長は、今後もまだまだ続いていくでしょう。

 

ニトリ(9843)配当金の推移

ニトリ_配当金の推移

 

🔹あわせて読みたい

» ニトリの株へ投資するメリットとは 圧倒的な成長力

 

KDDI(9433)

通信大手のKDDIも、グロース株の代表的な銘柄の一つです。

株価は20年で7倍、10年で5倍と、長期的に右肩上がりの成長を続けています。

 

KDDIの株価チャート_20年

KDDI(9433)株価チャート_20年

 

KDDIについても、配当の連続増配が魅力です。

同社の配当は21年3月期で、19期連続の増配となることが確実です。

 

KDDI(9433)配当金の推移

KDDI_配当金の推移

 

このような圧倒的な成長力が、株価を長期的に押し上げています。

このような成長を続ける銘柄こそが、理想的なグロース株といえるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» KDDIの株価は配当が魅力!18期連続増配の優良株

 

くら寿司(2695)

続いてのおすすめグロース株が、くら寿司です。

くら寿司の株価も、圧倒的な成長を続けています。

特に2013年からの5年間で、株価は一気に8倍にまで急騰しました。

 

くら寿司の株価チャート_20年

くら寿司(2695)株価チャート_20年

 

その背景にあるのが、業績の成長です。

くら寿司の売上高は、コロナ前までの19年10月期まで、24期連続での増収を続けています。

 

くら寿司(2695)売上高の推移

くら寿司_売上高の推移

 

くら寿司の成長は、まだまだ続いています。

国内の店舗数も増加の一途をたどっており、事業規模の拡大が続いています。

くら寿司は、引き続きこの勢いを保ち、さらなる成長を続けていくでしょう。

 

くら寿司 国内店舗数の推移

(単位:店)

くら寿司_国内店舗数の推移

 

🔹あわせて読みたい

» くら寿司の株価が急騰!まだまだ上昇する4つの理由

 

日清食品ホールディングス(2897)

続いての「おすすめ」グロース株は、日清食品HDです。

日清食品の株価も、長期的に右肩上がりの成長を続けています。

特に2012年からの8年間で、株価は3倍にまで上昇しました。

 

日清食品の株価チャート_20年

日清食品HD(2897)株価チャート_20年

 

日清食品の成長の証が、配当金の安定的な増配です。

日清食品は配当金の増配を、長期に渡り続けています。

下図に、配当金の長期推移を示します。

 

日清食品HD 配当金の推移

日清食品_配当金の推移

 

このような長期的な成長により、株価も堅調な上昇を続けています。

派手さはありませんが、日清食品は、まさに堅実型のグロース株といえるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 日清食品の株価を予想【安定が魅力の優良株】

 

マネーフォワード(3994)

最後に紹介したいグロース株が、マネーフォワードです。

マネーフォワードは2017年にマザーズへ上場したばかりの、新興企業型のグロース株です。

新興株らしい成長で、株価はたったの2年で、なんと3倍にまで急騰しました。

 

マネーフォワードの株価チャート

マネーフォワード(3994)株価チャート

 

新興企業につき、売上高も大幅増収の連続です。

人気の家計簿アプリ「マネーフォワードME」は急成長を遂げ、会員数は1,100万人を突破しました。

 

マネーフォワード 売上高の推移と見通し

マネーフォワード_売上高の推移と見通し

 

マネーフォワードMEの利用者数

マネーフォワードMEの利用者数

 

マネーフォワードの業績成長は、まだまだ続く見通しです。

これから真のグロース株となれれば、同社の株価は、さらなる上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» マネーフォワードの株価が急騰!今が買い時な理由

まとめ

以上により、今回は「グロース株」のおすすめ銘柄について、厳選して7つの成長株を紹介させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳グロース株とは?成長株がおすすめの理由

✅グロース株がおすすめの理由

✅グロース株の特徴と傾向とは

 

🔳グロース株のおすすめ銘柄7選【成長株を厳選】

✅花王(4452)

✅ファーストリテイリング(9983)

✅ニトリ(9843)

✅KDDI(9433)

✅くら寿司(2695)

✅日清食品ホールディングス(2897)

✅マネーフォワード(3994)

 

個別銘柄へ投資するなら、グロース株が断然おすすめです。

株価が上昇するには、業績の成長が必須だからです。

優良なグロース株へ投資できれば、業績が成長を続け、株価も配当も上がり続けます。

株式投資で成果を上げるには、グロース株への投資が必須なのです。

 

🔹あわせて読みたい

【完全講義】勝率100%!株式投資で絶対負けない投資法

» 資産運用セミナー【無料】で学べるおすすめ講座3選