不動産株なら東急不動産HDへの投資が断然おすすめ



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。

今回は、不動産関連株への投資なら東急不動産HDが断然おすすめ、という内容について解説していきたいと思います。


不動産業の中でも最大手といえば、三菱地所、三井不動産、住友不動産が挙げられます。


現在、これらの大手不動産企業は揃って増収・増益を続けており、好景気の波に支えられ業績を拡大しており、まさに成長している業種であることが鮮明となっています。


背景として、東京を中心に各主要都市における大規模な再開発事業が活発化しており、それに連動する格好で、各不動産企業の業績も右肩上がりでの上昇が続いています。


そしてこれらの再開発事業は東京五輪の後も引き続き続くことが予想されており、不動産関連の企業のさらなる成長が期待されています。


そんな不動産業の中でも特におすすめしたい銘柄が、東急不動産HD(3289)です。



東急不動産HD(3289)株価推移



東急不動産HDは2013年10月に設立・上場してまだ6年程度なので、まだ株価が安定していませんが、業績は堅調で利益も配当も増加傾向にある為、これから株価も上昇してくるものと予想しています。


不動産業の銘柄の中で比較しても、東急不動産HDの株価は圧倒的に割安で、配当利回りも高く、魅力的な株主優待まで付いてくるので、不動産業の中では断然おすすめの銘柄といえます。


よって今回は不動産関連株について比較しながら、東急不動産HDのお得な株主優待の紹介も含め、東急不動産HDの魅力について紹介していきたいと思います。




東急不動産の株が断然お得 不動産業で比較



先述したように、東急不動産HDの株価は不動産株の中でもかなり割安で、配当利回りも高く、かつ魅力的な株主優待まで付いてくるので、不動産業の中では断然おすすめの銘柄といえます。



東急不動産のおすすめポイント

✅株価が割安

✅配当利回りが高い

✅少額から投資ができる

✅株主優待が魅力的



それではまず、不動産業における大手3社と、東急不動産HDについて比較してみましょう。

下図は2019年4月25日時点における、不動産株の主要指数を比較した資料になります。


不動産株の指標比較(2019年4月25日時点)




東急不動産は株価が割安

大手三社と比べ、東急不動産HDの株価は格段に割安な状況にあります。


上図の指数からも明らかなように、PER、PBRはともに他社と比べて圧倒的に低いことから、株価は割安な状況にあり、現在の水準ならかなりお買い得な状況にあるといえます。


ちなみに日経平均のPERは2019年4月時点で12.6倍、PBRは1.1倍となっており、東急不動産HDの指数はこれらと比べてもかなり低いことから、東急不動産の株価は通常の水準よりも15〜25%ほども割安な状況と捉えることもできます。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは 🔰初心者必見




東急不動産の株は配当利回りが高い

東急不動産HDの株は、株価が割安のため配当利回りも高くなっており、大手三社の配当利回りが0.6〜1.6%ほどであるのに対し、東急不動産は実に2.3%もの配当利回りを誇っており、他社と比べ配当利回りも格段に高くなっています。


なお日経平均の配当利回りは現在2.1%ほどですので、やはり通常の水準と比べても、配当利回りも高い水準にあるといえます。



🔹おすすめ書籍


東急不動産の株なら少額から投資できる

東急不動産HDなら大手三社と比べて株価自体も低いことから、少額からでも投資ができる点も大きな魅力です。


大手三社へ投資するには、三菱地所で18万円以上、住友不動産に至っては40万円以上の資金が必要となりますが、東急不動産HDであれば6万円台から投資することができるのです。


少額で投資ができる点は個人投資家にとっては大きな魅力であり、初心者の方でも安心して投資することができるため、おすすめです。



🔹あわせて読みたい

👉資産運用 少額でも始められる🔰初心者おすすめ投資




東急不動産は株主優待が魅力

東急不動産HDは配当利回りの高さだけでなく、株主優待でも株主へ利益を還元してくれています。


ここで取り上げた4社の内、株主優待を出しているのは東急不動産HDだけで、大手三社はいずれも株主優待を出していません。


しかも東急不動産HDの株主優待は内容も充実していて、魅力の大きい優待制度を設けています。


よってここからは、東急不動産HDの株主優待の魅力について詳しく紹介していきたいと思います。





東急不動産HDは株主優待が魅力



東急不動産HDの株主になれば、株主優待を利用し、東急グループのホテルにお得に宿泊することができます。


グループホテルはリゾートホテルとして各地に展開する『ホテルハーヴェスト』や、都市型ホテルブランドの『東急ステイ』などが主力です。



私はいずれのホテルにもリピーターとして何度も宿泊しているのですが、非常にクオリティと満足度が高く、どちらのホテルも大変気に入っています。


『ホテルハーヴェスト』の方は本州の各リゾート地に15箇所ほども施設があり、温泉や屋内プール等の施設も充実しており、家族旅行にて利用しています。


ホテルハーヴェスト客室イメージ



ホテルハーヴェストの株主向けの優待料金を下図に示します。


そこそこグレードの高いホテルにも関わらず、株主優待を活用すれば、破格といって良いほどお得に安く泊まることができます。



ホテルハーヴェスト株主優待料金



東急ステイの方は全国で23箇所ほども施設があり、こちらは都市部の利便性の高いエリアに立地しているので、ビジネス出張の際に利用しています。


東急ステイの優待料金は、正規料金から一律40%割引での宿泊ができるようになるため、こちらも通常よりかなりお得に宿泊することができます。



東急ステイ 客室イメージ



いずれのホテルにおいても、私が利用して満足度が高く気に入ったという事は、他の利用者でも同様の評判が上がりリピーターが増え、事業として成長の見込みが高まるのではないかと見込んでいます。


このように自らが消費者の立場として得た直感は、投資判断の材料として大事にしたいと考えています。


東急ステイの方はさらに規模を拡大してきており、2018年中には東京、札幌、博多、京都の計6箇所でホテルを新設しており、まさに急成長中で将来性が大いに期待されます。


さらにその他の株主優待でも、国内19ヶ所に広がるゴルフ場や、8ヶ所のスキー場、35ヶ所のフィットネスクラブにおいて、それぞれお得な料金で利用できる優待券を貰うことができます。



さらに500株以上を保有すれば、東急ハンズのお買物優待カードも貰うことができます。


これは東急ハンズでのお買い物から一律5%を割引きしてくれる、株主限定の優待カードになります。



このように東急不動産HDの株主優待は内容がとても充実しており、個人投資家にとっては大変おすすめの銘柄といえます。



🔹あわせて読みたい

👉厳選おすすめ銘柄の株主優待を紹介 🔰初心者必見




まとめ


以上により、不動産関連株への投資なら東急不動産HDが断然おすすめ、という内容について解説させて頂きました。


ここで解説させて頂いた東急不動産HDへ投資するメリットと魅力について、もう一度おさらいしておきましょう。



東急不動産のおすすめポイント

✅株価が割安

✅配当利回りが高い

✅少額から投資ができる

✅株主優待が魅力的



東急不動産HDであれば、他の不動産株と比べて株価が割安で、配当利回りも格段に高いため、お買い得でおすすめの銘柄といえます。


また東急不動産HDなら少額からでも投資できる点も大きな魅力で、現在の水準であれば6万円台から投資することができるため、個人投資家をはじめ、初心者でも投資しやすい銘柄といえます。


そして株主優待もかなり充実しているため、個人投資家にとっても魅力の大きい銘柄です。


よって私のおすすめする手法としては、まずはお試し感覚で100株の6万円を投資して、株主優待と配当の恩恵を受けてみることをおすすめします。



株式投資ではこの東急不動産HDの事例のように、株主優待も併せて賢く活用することで、生活を豊かにする効果も得ることができます。


皆さんも是非、このような優良銘柄を沢山みつけて複数の企業へ投資し、株主としての恩恵をフルに活用し、人生を豊かにしていきましょう。



株式投資について学ぶには書籍にて独学で勉強をするのも良いのですが、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は、一度無料セミナーに出てみるのも良いかもしれません。


なかでもファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』では、東京、横浜、名古屋、大阪の各校にて無料セミナーを実施しており、株式投資などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座 ファイナンシャルアカデミー【無料】



🔹あわせて読みたい

👉株式投資 🔰初心者おすすめ銘柄 厳選5銘柄を紹介

👉株式投資 自動車株なら日産自動車への高配当投資がおすすめ

👉株式投資 家電量販株ならヤマダ電機への高配当投資がおすすめ



🔹お金の教養講座【無料】セミナー実施中

0コメント

  • 1000 / 1000