過去の株価の調べ方 長期チャートのおすすめサイトを紹介



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「過去の株価の調べ方」について、良質な長期チャートが見れるおすすめサイトを紹介していきたいと思います。



株価の過去の傾向を調べることは、投資活動を行う上で、とても大切なことです。


ところが私もこれまで、過去の株価の情報収集には、とても苦労してきました。


ほとんどの株式系サイトでは株価を検索しても、過去10年までのデータしか公開していないためです。



ところが10年前までのデータを見ても何の意味もなく、本当に必要なデータは、もっと昔のデータです。


今や過去10年の情報では、リーマンショック時の傾向を知ることができなくなってしまいました。


長期投資の投資家にとっては、リーマンショックの後だけのデータを見ても、何の意味もありません。



重要なのはリーマンショック前後の値動きや、もっと以前のITバブル前後の値動きです。


知るべき情報は、平穏な時の値動きではなく、市場が危機を迎えた時に、どのように推移したのかを知ることです。


今回はそのような悩みを解決してくれる、良質な長期チャートが見れるおすすめのサイトを紹介していきたいと思います。




🔹【10月17日】無料セミナーを開催します


過去の株価の調べ方 個別銘柄の長期チャート



個別銘柄の長期チャートを見たい場合には、SBI証券のサイトが断然おすすめです。


SBI証券のサイトなら、国内の個別銘柄であれば、過去30年までのチャートを無料で閲覧することができます。


トヨタ自動車(7203)30年チャート

(出典元:SBI証券



またSBI証券のサイトではその他にも様々な便利機能を搭載しています。


例えば下図のように、任意の銘柄の株価と、任意の株価指数を、同一のチャートに対比表示させることができます。


花王(4452)と 日経平均株価の対比チャート

(出典元:SBI証券



上図は個別銘柄の株価を、日経平均と対比させた事例です。


他にもドル/円など為替と比較表示させることもでき、便利な機能が充実しています。





過去の株価の調べ方 主要株価指数の長期チャート



続いて国内外を含む主要株価指数の長期チャートを無料で閲覧できる、おすすめのサイトを紹介していきましょう。



YAHOO!FINANCE(米国版)

まずは日経平均株価の長期チャートを見るなら、米国版のYAHOO!FINANCEがおすすめです。


同サイトなら1965年以降、およそ55年分のチャートをきれいに表示させることができ、とても見やすくておすすめです。


日経平均株価 35年チャート

(出典元:YAHOO!FINANCE/米国版



さらに下図は同じくYAHOO!FINANCEで表示した、米国株NYダウ平均株価の長期チャートです。


NYダウについても35年分のチャートをきれいに表示させることができ、大変見やすくておすすめです。


NYダウ平均株価 35年チャート

(出典元:YAHOO!FINANCE/米国版




Investing.com

続いて世界の主要株価指数の長期チャートを閲覧するのに大変便利な、Investing.com というサイトについて紹介します。


Investing.com では世界中の株価指数をすべて無料で閲覧できる、超優良のサイトです。


掲載されている情報量が非常に多く、あらゆる株価指数をこのサイトで閲覧することができます。





下図にサンプルとして、中国の上海総合指数と、ベトナムのVN指数の長期チャートを示します。


上海総合指数は30年、VN指数は20年までのチャートを閲覧でき、このように長期のチャートを閲覧できることも、Investing.com の大きな魅力です。


上海総合指数 30年チャート

(出典元:Investing.com



ベトナムVN指数 20年チャート

(出典元:Investing.com





過去の株価の調べ方 超長期チャートで歴史を見る



続いて過去100年以上の超長期チャートを閲覧できる、おすすめのサイトを紹介します。


多くの投資家は、日頃から直近の短期チャートばかりを眺めています。


「そんな大昔のチャートなんて見る必要がない」


そう思うかもしれませんが、それは大きな過ちです。



投資をする上で、このような市場の歴史を知っておくことは、とても重要です。


株価の短期的な急落によって、パニックになる人は多いものです。


そんな時には、このような超長期チャートを眺めるだけでも、冷静さを取り戻し、初心に帰ることができます。




日経平均株価の超長期チャート

日経平均株価の超長期チャートなら、The Capital Tribune Japan というサイトがおすすめです。


同サイトでは下図のように過去150年間の超長期チャートを無料で閲覧することができます。


日経平均株価 150年間の推移

(出典元:The Capital Tribune Japan



このような長い歴史を見ると、短期的には大きな暴落がたくさんあるものの、長期的には右肩上がりの上昇を続けていることが分かります。


そして結果的に、日経平均株価は50年で20倍、70年で200倍、90年間で1,000倍にまで上昇しているのです。


長期投資の投資家にとっては、このチャートを見るだけで「初心に帰る」ことのできる、貴重な資料です。




米国株NYダウ平均の超長期チャート

米国株NYダウ平均株価の超長期チャートなら、Pwalker というサイトがおすすめです。


同サイトでは下図のように過去120年間の超長期チャートを無料で閲覧することができます。



米国株NYダウ 120年チャート

(出典元:Pwalker



米国市場においても、短期的には数々の暴落がありました。


1930年の世界恐慌をはじめ、近年では2000年のITバブル崩壊や2007年のリーマンショックなど、大きな暴落が度々発生しています。


しかし、これらの暴落もあくまで一時的なものであり、長期的には右肩上がりの上昇を続けています。


結果的にNYダウも、30年で10倍、60年で50倍、80年で200倍にまで上昇しており、長期投資の重要性が分かります。



🔹あわせて読みたい

👉株価は上がる 長期投資に徹すれば、株価は必ず上昇する





まとめ


以上により、今回は「過去の株価の調べ方」について、長期チャートを見れるおすすめサイトを紹介させて頂きました。


株価の過去の傾向を調べることは、投資活動を行う上で避けてはならない、必須の貴重な情報です。


特に長期投資においては、短期的なチャートばかりを見ていても、意味がありません。


なるべく長期のチャートを見ることで、株価の急落時においても、冷静な判断を下せるようになります。



投資で成功するためには、投資判断を下す時に、長期のチャートを見れるかどうかが重要です。


短期的なチャートばかりを見てしまうと、相場の急変時に冷静な判断を下せずに、パニックになってしまうことが多いです。


そのような時には、今回ご紹介したような情報サイトを活用し、なるべく長期のチャート見るように心がけましょう。



【無料】WEBセミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぼうにも、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は一度、無料WEBセミナーを視聴してみませんか?


なかでもファイナンシャルアカデミーが配信している『お金の教養講座』なら、ネットで視聴できるWEBセミナーを無料開放しており、今なら株などの資産運用について無料で学ぶ事ができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】WEBセミナー


0コメント

  • 1000 / 1000