コロナショックはいつまで続く?株価の動向を予測



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回はコロナショックがいつまで続くのか、株価の動向について解説していきたいと思います。



コロナショックは、いつまで続くのか・・・。


株価の下落がストレスで、気になっている方も多いですよね?



いきなり結論をお伝えしますと、コロナショックから株価が回復するまでには、概ね下記の期間を要します。



結論(株価が完全回復する時期)

✅米国株:2021年9月まで

✅日本株:2022年3月まで



株価の下落は、すでにピークを過ぎています。


あとはコロナショックがいつまで続き、株価がいつ回復するかですが、その答えも概ね「歴史」が教えてくれます。


今回はコロナショックがいつまで続くのか、株価の動向について解説していきたいと思います。





コロナショックはいつまで続く?株価は既に底打ちか



コロナショックにより株価は大きく下落してしまいましたが、すでにピークは過ぎています。


下図に、世界経済の象徴である米国株NYダウの株価推移を示します。


米国株NYダウの株価推移

(引用元:SBI証券



NYダウは一時、下落幅が40%に迫る激しい下落となりましたが、すでに株価は回復を始めています。


株価の底は3月23日がピークとなり、以後は上昇を続け、すでに下落幅の半分ほどは回復しています。




市場の混乱はピークを過ぎた

果たして株価の下落は、本当にピークを過ぎたのでしょうか?


ここで市場の混乱度合いを示す、恐怖指数VIXという指標をみてみましょう。


恐怖指数VIX チャート

(引用元:TradingView



VIXは恐怖指数と呼ばれ、数値が高いほど、市場が混乱していることを示します。


VIXは上図の通り、3月16日に突出して高くなっていることが分かります。


これは3月16日が、市場混乱のピークであったことを示しています。


そこからは市場も落ち着きを取り戻し、急上昇したVIXも現在では半分以下まで下がっているため、すでにピークは脱しているものと思われます。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックの底値を見極める3つの法則とは





コロナショックはいつまで続く?株価の回復には数年かかる



それでは本題ですが、コロナショックは果たして、いつまで続くのでしょうか。


その答えは、歴史が教えてくれます。


今回のような激しい下落が直近で発生したのは、2008~2009年のリーマンショックです。


よってリーマンショックの傾向を見れば、株価が回復するまでの期間も、概ね予測することができます。



米国株はリーマンショックで3年かかった

米国株はリーマンショックから回復するまでに、概ね3年を要しました。


下図に、米国株NYダウの株価推移を示します。


リーマンショックからの株価回復(NYダウ)



リーマンショックでは2009年2月を底に、株価が半分になってしまいました。


そこから回復するまでには概ね3年を要し、元の水準に回復したのは、2012年のことでした。




日本株はリーマンショックで6年かかった

一方で、回復するのに2倍の時間を要したのが、日本株です。


下図に、日経平均株価の推移を示します。


リーマンショックからの株価回復(日経平均)



日経平均もリーマンショックで株価が半分以下となり、およそ60%も暴落してしまいました。


そして上図の通り、元の水準に回復するまでには、概ね6年を要しています。


元の水準を取り戻したのは、アベノミクスがようやく効果を発揮した、2015年のことでした。



🔹あわせて読みたい

👉【比較】コロナショックはリーマンショックに迫るのか?




コロナショックでは1年半~2年かかる

リーマンショックの時には、回復するまでに3~6年を要しました。


しかし今回のコロナショックでは、下落幅がリーマショックの時ほど大きくないため、もっと短い期間で回復できます。


ここで結論をまとめると、下記のようになります。



リーマンショックから回復した期間

✅米国株:3年間(下落幅50%)

✅日本株:6年間(下落幅60%)


コロナショックから回復する期間

✅米国株:1.5年間(下落幅25%)

✅日本株:2.0年間(下落幅20%)



今回のコロナショックでは下落率がかなり小さいため、リーマンショックの時ほどの時間はかかりません。


よって概ね1年半~2年程度で、株価は元の水準を取り戻すでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由





まとめ


以上により、今回はコロナショックがいつまで続くのか、株価の動向について解説させて頂きました。


最後に結論をまとめると、下記のようになります。



結論(株価が完全回復する時期)

✅米国株:2021年9月まで

✅日本株:2022年3月まで



株価はすでに底を打っているため、回復までそう長くはかかりません。


リーマンショックでは回復までに3~6年を要しましたが、今回は下落幅が小さいため、もっと短い期間で回復できます。


よって今回は米国株で1年半、日本株で2年もあれば、元の水準を取り戻すでしょう。



【無料】WEBセミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぼうにも、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は一度、無料WEBセミナーを視聴してみませんか?


なかでもファイナンシャルアカデミーが配信している『お金の教養講座』なら、ネットで視聴できるWEBセミナーを無料開放しており、今なら株などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】WEBセミナー


0コメント

  • 1000 / 1000