コロナ禍でも株価が下がらない4つの理由とは



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「コロナ禍でも株価が下がらない」4つの理由について解説していきたいと思います。




コロナ禍でも株価が下がらない理由

✅ ①株価は数年後の未来を織り込む

✅ ②コロナは既にピークアウトした

✅ ③政府が金融政策を実行している

✅ ④富裕層や機関投資家が株を買う



コロナ禍なのに、なぜ株価が下がらないのだろう・・・?


そんな疑問を抱く人も多いと思います。



経済は一向に回復できず、コロナ前の状態に戻るには、まだ数年を要すると言われています。


しかしそんな状況でも、株価はどんどん上がっています。



理由は、簡単です。


株価は現在の経済を反映せずに、数年後の未来を反映するからです。


今回は「コロナ禍でも株価が下がらない」4つの理由について解説していきたいと思います。





コロナ禍でも株価が下がらない4つの理由



それでは、株価が下がらない理由について解説していきましょう。


理由は、簡単です。


経済の「本質」を理解できれば、現在の株価が上昇する理由にも、納得ができるはずです。




①株価は数年後の未来を織り込む

まず市場の大原則として、株価は現在の経済を反映するのではなく、未来の経済を織り込みます。


現在の株価上昇は、まさにこの状況です。


たとえ現在の景気が悪くても、数年後の経済に明るい兆しが見えてくれば、基本的に株価は上がります。



株は文字通り「投資」なので、数年後の値上がりを期待するものです。


経済が戻ってから株を買っても、遅いのは明らかです。


経済が戻る前に買うから、「投資」なのです。





②コロナは既にピークアウトした

世界中で大流行したコロナウイルスですが、感染者数のピークは明らかに過ぎました。


感染が徐々に減少傾向になったことで、株を買い戻す動きが活発化しています。



これ以上、状況が悪化することはない


この心理が、株が買われている理由の一つです。


さらにコロナ対策も標準化され、ワクチンの開発も進んでいることから、すでに状況が改善する目途が立っています。


よって経済が元に戻るにはほど遠くても、ピークを脱したことで、株が買われている状況なのです。





③政府が金融政策を実行している

世界中の政府と中央銀行が、大規模な金融政策を実行していることも、株価を押し上げている要因の一つです。


日本でもさまざまな形で給付金が配布され、経済対策として、総額100兆円を超えるマネーが投入されています。



さらに世界中の中央銀行が利下げを実施し、かつ国債買い入れなどの大規模な金融政策を実施することで、マネーが世界中にばら撒かれています。


このような金融政策により、世界中でお金が「増えて」います。



これらのマネーが株式市場へ流れることで、株価が上昇する要因となります。


今回のような経済危機に直面すると、世界中の政府は必ず金融政策を実施し、経済を下支えします。


よって株価が上昇することは、もはや「必然」の結果なのです。





④富裕層や機関投資家が株を買う

コロナショックのような暴落が起きると、個人の投資家は、なかなか株を買おうとしません。


しかし富裕層や機関投資家などの「大口投資家」は、暴落が起きても、株を積極的に買い続けます。


大口投資家は「暴落時」こそが、投資する絶好のチャンスであることを、熟知しているからです。



コロナ禍の今、個人の投資家にとっては、

なぜ株価が下がらないのだろう・・・?」と思うかもしれません。


しかし凡人には株を「売る」局面に見えても、プロにとっては株を「買う」局面なのです。



暴落時の心理

✅凡人:株を売ろうとする

✅プロ:株を買おうとする



暴落を恐れた凡人が投げ売りする株を、プロは安値でごっそりと買い付けます。


マーケットを動かしているのは、個人の投資家ではなく、富裕層や機関投資家などの「大口投資家」です。


個人の投資家がいくら株を売ろうが、プロの投資家たちは、その数十倍もの量を買っています。



これが、コロナ禍でも株価が下がらない理由の一つです。


凡人には「売り」の局面に思えても、プロの投資家にとっては、絶好の「買い時」なのです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由





まとめ


以上により、今回は「コロナ禍でも株価が下がらない」4つの理由について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた4つの項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



コロナ禍でも株価が下がらない理由

✅ ①株価は数年後の未来を織り込む

✅ ②コロナは既にピークアウトした

✅ ③政府が金融政策を実行している

✅ ④富裕層や機関投資家が株を買う



市場の大原則として、株価は現在の経済を反映するのではなく、未来の経済を反映します。


たとえ現在の景気が悪くても、数年後の経済に明るい兆しが見えてくれば、基本的に株価は上がります。


このような経済の「本質」を理解することができれば、株価が下がらない理由にも、納得ができるはずです。



富裕層や機関投資家などは、暴落が「買い時」であることを熟知しているため、いち早く株へ投資しています。


よって皆さんも、恐れる必要はありません。


ぜひとも積極的に投資をして、このビッグウェーブへ上手に乗り、人生を豊かにしていきましょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選

👉コロナショックで「二番底」を恐れる必要がない理由とは

0コメント

  • 1000 / 1000