ANAの株価を予想!株価が5年で回復する理由とは

アイキャッチ画像_1

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「ANAの株価」を予想して、株価が5年で回復する理由について解説していきたいと思います。

 

株の先生

 

🔳ANAの株価を予想【2020年はコロナで暴落】

✅コロナで株価は半値に下落

✅21年3月期は4,000億の赤字

 

🔳ANAの株価を予想【株価は5年で回復する】

✅22年3月期の黒字化を目指す

✅通期5,400億円のコスト削減

✅業績回復はすべてコロナ次第

✅過去の暴落では、5年で戻る

 

ANAの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

ANAの株価が気になる

 

【結論】ANAの株価は、5年間で必ず回復します。

ANAの株価は、ITバブルやリーマンショックでも大暴落しましたが、いずれも5年で回復しています。

今回の業績回復の鍵はすべてコロナしだいなので、ワクチンが普及して騒動が終息すれば、株価は必ず戻ります。

今回は「ANAの株価」を予想して、株価が5年で回復する理由について解説していきたいと思います。

 

 

ANAの株価を予想【2020年はコロナで暴落】

アイキャッチ画像_2

 

それでは、ANAの株価を予想していきましょう。

2020年はコロナの影響で、ANAの株価は大暴落となりました。

まずはANAの現状について、簡単に整理しておきましょう。

 

コロナで株価は半値に下落

2020年はコロナの影響で、ANAの株価は大きく下落してしまいました。

下図に、ANAの直近10年における株価チャートを示します。

 

ANAの株価チャート_10年

ANAホールディングス 株価チャート(10年)

 

コロナをきっかけに大暴落となり、2018年の高値と比べ、半値にまで下落してしまいました。

コロナの影響で、業績が大きく悪化したためです。

 

 

21年3月期は4,000億の赤字

ANAの21年3月期における当期利益は、▲4,000億円の赤字となりました。

下図に四季報による、ANAの業績推移と見通しを示します。

 

ANAホールディングス 業績推移と見通し

ANAの業績推移と見通し

(四季報 21年9月17日更新)

 

ANAの業績はコロナの影響で、未曽有の大赤字となってしまいました。

果たしてここから、ANAは業績を再建することができるのでしょうか?

以下に、詳しく解説していきましょう。

 

ANAの株価を予想【株価は5年で回復する】

アイキャッチ画像_3

 

ここまで、ANAの厳しい現状について解説してきました。

しかしここから、ANAの株価は、5年で回復するでしょう。

以下に、ANAの株価が回復できる理由について解説していきます。

 

22年3月期の黒字化を目指す

ANAは業績改善へ向けて、22年3月期の黒字化を目指すことになります。

下図にANAの業績について、会社予想ならびにコンセンサス予想を示します。

 

ANAホールディングス 業績推移と見通し

(単位:百万円)

ANAの業績推移と見通し

 

上図の会社予想では、22年3月期の純利益は35億円と、ギリギリ黒字を目指す見通しです。

ANAにおける今後の業績は、すべてコロナの情勢しだいです。

2021年のコロナ情勢しだいでは、早ければ22年3月期にも、黒字化を目指すことになるでしょう。

 

通期5,400億円のコスト削減

ANAではアフターコロナへ向けて、大幅な構造改革が行われています。

その最大の取り組みが、コストの削減です。

20年度は当初計画と比べ、通期で約5,400億円ものコストが削減されました。

 

ANAの事業構造改革

ANAの事業構造改革

 

設備投資についても、20年度は950億円を圧縮、21年度からの2年間では、計2,000億円の投資が抑制されます。

このような固定費削減や、事業全体の最適化を進めることにより、アフターコロナへ向けての改革が進められています。

 

 

業績回復はすべてコロナ次第

ANAの業績回復の鍵は、すべてコロナの情勢しだいです。

コロナが終息すれば、出張や観光需要が戻り、業績も回復するはずです。

ANAが発表している今後の見通しでは、旅客数の回復を下図のように見込んでいます。

今後は22年3月までに、国内線で100%、国際線で50%までの回復を見込んでいます。

 

ANA(9202)今後の旅客数の見通し

(指標) コロナ前の水準=100

ANA_今後の旅客数の見通し

 

ANAの旅客数はこのように、徐々に回復すると予想されています。

旅客数が回復すれば、業績も回復へ向かいます。

さらに現在、ワクチンの開発も急ピッチで進められています。

2021年にはワクチンが普及することで、社会が正常化へ進むことが期待されています。

 

過去の暴落では、5年で戻る

ANAの株価は、過去にも大きな暴落がありましたが、いずれも5年で回復しています。

下図に、ANAの直近20年間における株価チャートを示します。

 

ANAの株価チャート_20年

ANAホールディングス 株価チャート(20年)

 

2001年のITバブル崩壊や、2008年のリーマンショックでは、今回よりも大きな暴落に見舞われました。

しかしいずれの危機においても、株価は5年も経つ頃には、すっかり回復しています。

 

株価の回復

 

歴史は、必ず繰り返します。

今回のコロナ危機においても、5年も経つ頃には、コロナなど忘れられているでしょう。

どんなに遅くても2025年には、世界は正常化しているはずです。

その頃には、ANAの株価も大きく回復していることでしょう。

 

まとめ

以上により、今回は「ANAの株価」を予想して、株価が5年で回復する理由について解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳ANAの株価を予想【2020年はコロナで暴落】

✅コロナで、株価は半値に下落

✅20年度は5100億の赤字予想

 

🔳ANAの株価を予想【株価は5年で回復する】

✅22年3月期の黒字化を目指す

✅通期5,400億円のコスト削減

✅業績回復はすべてコロナ次第

✅過去の暴落では、5年で戻る

 

【結論】ANAの株価は、5年間で必ず回復します。

ANAの株価は、過去にも大暴落を繰り返していますが、いずれも5年で回復しています。

今回のコロナ危機においても、2年も経てば、騒動はすっかり終息するはずです。

よって2025年になる頃には、ANAの株価は、すっかり回復していることでしょう。