コロナで株価が下落!大きく下落した業種・銘柄8選

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回はコロナで株価が下落した銘柄について、特に下落幅の大きかった業種・銘柄を8つ紹介していきたいと思います。

 

 

コロナで株価が下落した銘柄8選

✅エイチ・アイ・エス(9603)

✅日本航空(9201)

✅藤田観光 (9722)

✅共立メンテナンス(9616)

✅三越伊勢丹ホールディングス(3099)

✅サンリオ(8136)

✅串カツ田中ホールディングス(3547)

✅鳥貴族(3193)

 

コロナショックで株価が大きく下落しており、不安になっている人も多いですよね?

「この先、株価がもっと下がるのでは・・・」

株を持っている人なら誰もが、不安が膨らむ時期でしょう。

 

 

そこで今回のコロナショックでは、一体どのような銘柄の下落が大きいのでしょうか?

今回はコロナの影響が大きく、特に下落幅の大きい業種について、8つの銘柄を紹介していきたいと思います。

 

コロナで株価下落 観光・航空・ホテル業

 

まずは最も大きな打撃を受けているのが、観光・航空・ホテルの業種です。

相次ぐキャンセルによる利用客の減少で、業績の悪化は避けられず、株価が大きく下落しています。

 

エイチ・アイ・エス(9603)

エイチ・アイ・エス(9603)

 

なかでも甚大な影響を受けているのが、海外旅行・ツアーを手掛ける大手旅行代理店の、エイチ・アイ・エス(9603)です。

今回のコロナの影響で、海外旅行へ行くことは、完全に不可能となりました。

 

 

予定されていた旅行・ツアーのほとんどがキャンセルとなり、売上の激減は必至です。

コロナの影響をきっかけに株価は半値以下となり、約60%も下落してしまいました。

 

🔹あわせて読みたい

» HISの株価は今後どうなる?回復に時間がかかる理由

 

日本航空(9201)

日本航空(9201)

 

コロナの影響で、航空業もキャンセルが相次ぎ、売上の激減が必至です。

特に航空業は維持費が高いため、一時的には大きな赤字となることが発表されています。

日本航空(9201)の株価も騒動をきっかけに大きく下落し、およそ半値近くにまで下落しています。

 

🔹あわせて読みたい

» JALの株価を予想!回復に10年以上を要する理由

 

藤田観光(9722)

藤田観光(9722)

 

藤田観光(9722)はワシントンホテルをはじめ、全国でホテル、レストラン、レジャー施設などを運営する、老舗の上場企業です。

同社のサービスは、宿泊、レストラン、レジャー、婚礼と、すべてコロナの影響を受けてしまい、売上の激減は必至です。

同社もコロナをきっかけに、株価が半値にまで下落してしまいました。

 

共立メンテナンス(9616)

共立メンテナンス(9616)

 

同社はホテルチェーンの「ドーミーイン」をはじめ、全国に多くのリゾートホテルを手掛ける上場企業です。

ホテル業の衰退はビジネスホテルも例外ではなく、ビジネスマンの出張が激減しているため、同じく業績の悪化は避けられません。

同社の株価も半値以下にまで落ち込み、一時はおよそ60%も下落してしまいました。

 

🔹あわせて読みたい

【完全講義】勝率100%!株式投資で絶対負けない投資法

コロナで株価下落 小売・サービス・飲食業

 

続いて、同じく大きな打撃を受けているのが、小売業や飲食業、アミューズメントなどのサービス業です。

これらの業界では、政府から営業自粛の要請が出されているため、売上の激減は避けられず、株価も大きく下落しています。

 

三越伊勢丹ホールディングス(3099)

三越伊勢丹ホールディングス(3099)

 

言わずと知れた大手百貨店の、三越伊勢丹ホールディングス(3099)です。

三越や伊勢丹なども緊急事態宣言を受けて、ほとんどの店舗で臨時休業の措置が取られています。

これにより業績の悪化は避けられず、株価も半値近くにまで下落してしまいました。

 

サンリオ(8136)

サンリオ(8136)

 

コロナショックは、アミューズメント業界への影響も深刻です。

同社のビジネスはテーマパーク事業の、サンリオピューロランドが有名です。

ピューロランドは屋内型のテーマパークとあって、早々に臨時休業の措置が取られました。

 

 

現時点で2月下旬から6月上旬までの休業が発表されており、少なくとも4ヶ月弱もの休業が決まっています。

これにより、業績の大幅な落ち込みは確実です。

株価は大きく下落し、一時は半値近くにまで暴落してしまいました。

 

串カツ田中ホールディングス(3547)

串カツ田中ホールディングス(3547)

 

串カツ田中は大阪発祥の居酒屋で、全国に店舗を展開している大手チェーンです。

特に飲食店のなかでも、居酒屋の業績悪化は深刻です。

夜の営業を自粛となれば、夜しか営業していない居酒屋にとっては致命的です。

株価も大きく下落して一時は半値を割り込み、一時は60%ほども暴落してしまいました。

 

鳥貴族(3193)

鳥貴族(3193)

 

鳥貴族(3193)も大阪発祥の居酒屋で、関東・東海・関西に展開する大手焼き鳥チェーンです。

鳥貴族(3193)では、直営店となる393店の全店で臨時休業の措置を講じており、すでに現時点で2ヶ月に迫る休業が決まっています。

2ヶ月もの休業となれば、この間の赤字は必至で、業績の低迷は確実です。

株価は半値になるまで、大きく下落する事態となりました。

 

🔹あわせて読みたい

» 資産運用Webセミナー【無料】で学べるおすすめ講座3選

まとめ

以上により、今回はコロナで株価が下落した銘柄について、特に下落幅の大きかった業種・銘柄を8つ紹介させて頂きました。

ここまで紹介してきた8つの銘柄について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

コロナで株価が下落した銘柄8選

✅エイチ・アイ・エス(9603)

✅日本航空(9201)

✅藤田観光 (9722)

✅共立メンテナンス(9616)

✅三越伊勢丹ホールディングス(3099)

✅サンリオ(8136)

✅串カツ田中ホールディングス(3547)

✅鳥貴族(3193)

 

上記の企業では、すべての銘柄で株価が半値以下にまで下落する、大惨事となってしまいました。

観光・航空・ホテル業ではキャンセルが相次ぎ、業績低迷は避けられません。

また小売・サービス・飲食業においては、多くの施設・店舗で臨時休業の措置を取らざるを得ず、業績悪化がやむを得ない事態となりました。

これらの業種へは、政府による迅速な経済支援策が、期待されるばかりです。

 

🔹あわせて読みたい

» コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選

» 安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】