東宝の株価は「鬼滅の刃」で上昇?今後の株価を予想



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「東宝の株価」は「鬼滅の刃」で上昇するのか、今後の株価について予想していきたいと思います。




🔳東宝の株価は「鬼滅の刃」で上昇なるか?

✅制限解除や支援策で、株価が上昇

✅「鬼滅の刃」が記録的な大ヒット

✅株価は今のところ上がっていない


🔳東宝の株価が「鬼滅」ヒットでも上昇しない理由

✅コロナ前の業績には遠く及ばない

✅配当も、大幅な減配となる見通し

✅株価の指標は、かなり割高な水準



鬼滅の刃で、東宝の株価は上がるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】鬼滅の刃が大ヒットした東宝ですが、株価はそれほど上昇しません。


たしかに「鬼滅の刃」は大ヒットとなりましたが、それでもコロナ前の業績には遠く及びません。


21年2月期は大幅な減収、減益が確実であり、配当も大きく減配されるためです。


今回は「東宝の株価」は「鬼滅の刃」で上昇するのか、今後の株価について予想していきたいと思います。





東宝の株価は「鬼滅の刃」で上昇なるか?



それでは「東宝の株価」について予想していきましょう。


まずは2020年の「コロナ禍」や「鬼滅の刃」の影響について、現状を整理しておきましょう。



制限解除や支援策で、株価が上昇

東宝の株価は20年1~3月にかけて、コロナショックで大きく下落しました。


しかし20年8月より上昇に転じ、すでにコロナ前の株価を上回るまでに回復しています。


下図に、東宝の直近1年間における株価チャートを示します。


東宝(9602)株価チャート(1年)



8月からの、株価の急激な上昇には、下記の要因がありました。


✅9月19日より入場制限の完全解除

✅「Go To イベント」の開始が決定


9月19日より映画館の入場制限が完全に解除され、定員100%の観客を入れられることになりました。


さらに「Go To イベント」の開始が決まったことで、業界への回復期待が高まっています。


これにより東宝の株価は、たったの3ヶ月で1.5倍になる、急激な上昇となっています。


🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選




「鬼滅の刃」が記録的な大ヒット

そして10月16日より上映を開始した、劇場版「鬼滅の刃」が、記録的な大ヒットとなりました。


公開から10日間での興行収入は107億円に達し、歴代最速で100億円を突破しています。



この記録的な大ヒットによる「鬼滅の刃」の経済効果は、社会現象にまで発展しています。


これにより東宝の株価は、さらなる上昇を続けるのでしょうか?




株価は今のところ上がっていない

ところが「鬼滅の刃」の上映開始後、東宝の株価は、それほど上がっていません。


下図に、東宝の直近2ヶ月の株価チャートを示します。


東宝(9602)株価チャート(2ヶ月)



「鬼滅の刃」の上映開始直後こそ大きく上昇しましたが、その後はすぐに反落しました。


現在の株価は、上映前の水準と変わりません。


では「鬼滅の刃」が大ヒットしたにも関わらず、東宝の株価はなぜ上昇しないのでしょうか?


以下に、詳しく解説していきます。





東宝の株価が「鬼滅」ヒットでも上昇しない理由



ここまで、「東宝の株価」の現状について整理してきました。


鬼滅の刃」が大ヒットした東宝ですが、株価は決して上がっていません。


そしてこれからも、それほど上昇することはないでしょう。


以下に、「東宝の株価が上昇しない」3つの理由について解説していきます。



コロナ前の業績には遠く及ばない

鬼滅の刃」が大ヒットした東宝ですが、それでもコロナによる業績悪化は避けられません。


下図に、東宝の業績推移と見通しを示します。



東宝(9602)業績推移と見通し



ここには「鬼滅の刃」上映後の10月23日に更新された、業績のコンセンサス予想も記載されています。


鬼滅の刃」は大ヒットしたものの、通期での業績悪化は避けられず、大幅な減収・減益となる見通しです。


さらに22年2月期の予想値においても、コロナ前の水準までは回復できない見通しです。


よって株価がさらに上昇するためには、業績の本格的な回復が必須といえるでしょう。




配当も、大幅な減配となる見通し

業績の悪化に連れて、配当金についても、大幅な減配となる見通しです。


下記に、東宝の配当金の推移を示します。



東宝の配当金

✅18年2月期:45円

✅19年2月期:45円

✅20年2月期:55円

✅21年2月期:35円(予想)



21年2月期の配当予想は35円と、大幅に減配される見通しです。


これでは、いくら「鬼滅の刃」がヒットしたところで、株価の上昇には期待できません。


株価をさらに上昇させるには、業績や配当の回復が必須といえるでしょう。




株価の指標は、かなり割高な水準

東宝の株価は20年8~10月にかけて50%も上昇したため、かなり割高になってきています。


さらに業績の悪化を受けて、株価指標の予想値も悪化しています。


下記に東宝の株価指標について、日経平均との対比を示します。



           日経平均  東宝

PER (会社予想)     22.3     81.8

PBR (倍)         1.1    2.0

配当利回り(会社予想)     2.0    0.8


株価の指標(2020年11月時点)



21年2月期は大幅な減益が確実のため、予想PERは81倍と、かなり割高になっています。


配当も大幅な減配予想となったことで、予想配当利回りも0.8%と、かなりの低水準です。


このように東宝の株価は、既にかなり割高な水準に達しているため、これ以上の株価上昇は難しいでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





まとめ


以上により、今回は「東宝の株価」は「鬼滅の刃」で上昇するのか、今後の株価について予想させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳東宝の株価は「鬼滅の刃」で上昇なるか?

✅制限解除や支援策で、株価が上昇

✅「鬼滅の刃」が記録的な大ヒット

✅株価は今のところ上がっていない


🔳東宝の株価が「鬼滅」ヒットでも上昇しない理由

✅コロナ前の業績には遠く及ばない

✅配当も、大幅な減配となる見通し

✅株価の指標は、かなり割高な水準



【結論】鬼滅の刃が大ヒットした東宝ですが、株価はそれほど上昇しません。


たしかに「鬼滅の刃」は大ヒットしましたが、それでも通期では、大幅な業績悪化が避けられません。


21年2月期は大幅な減収、減益、減配となる見通しで、株価指標もかなり悪化しています。


よってこれ以上の株価上昇は、しばらく期待することは難しいでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する6つの理由

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000