JALの株価を予想!回復に10年以上を要する理由



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「JALの株価」を予想して、回復に時間がかかる理由を解説していきたいと思います。




🔳JALの株価を予想【コロナのダメージは甚大】

✅コロナで、株価は半値に暴落

✅売上高は、前期同期比▲68%

✅21年3月期は巨額の赤字予想

✅二度目の緊急事態宣言が痛手


🔳JALの株価を予想【回復に時間がかかる理由】

✅22年3月期も、赤字の見通し

✅JALの業績はコロナしだい

✅航空の需要は元には戻らない

✅固定費を圧縮し、長期で改革



JALの株価は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】JALの株価が回復するには、まだ10年以上を要します。


JALの業績は、二度目の緊急事態宣言が痛手となり、まだ復調の目途が立っていません。


さらに、たとえコロナが終息しても、航空の需要が元に戻ることはないでしょう。


今回は「JALの株価」を予想して、回復に時間がかかる理由を解説していきたいと思います。





JALの株価を予想【コロナのダメージは甚大】



それでは「JALの株価」について予想していきましょう。


まずは言うまでもなく、JALにとって、コロナの影響は甚大です。


以下にJALの株価と業績の、現状から整理していきましょう。



コロナで、株価は半値に暴落

JALの株価はコロナの影響で、一気に半値にまで暴落してしまいました。


下図に直近10年間における、JALの株価チャートを示します。


日本航空(9201)株価チャート_10年



元々から下落基調のところにコロナが加わり、2年間で株価が40%となる、大暴落となってしまいました。


コロナの騒動以降、JALの株価は未だに復調の目途が立たずに、停滞が続いています。




売上高は、前期同期比▲68%

コロナの影響で、JALの業績は大きく落ち込んでいます。


下図にJALの20年4-12月期における、売上高の推移を示します。



20年4-12月期の売上高

(単位:億円)



4-12月期の売上高は、前年同期に比べ▲68%も減ってしまいました。


コロナの影響でそれだけ、航空の需要が激減したということです。




21年3月期は巨額の赤字予想

この影響でJALの21年3月期の業績は、巨額の最終赤字が決定的となっています。


下図に、JALの業績推移と見通しを示します。



日本航空(9201)業績推移と見通し

(四季報 20年12月16日更新)



21年3月期の業績予想では、最終利益が▲2,550億円もの赤字見通しとなっています。


これに伴い、配当についても無配となることが決定的となっています。


JALにとってコロナの影響は、あまりにも甚大といえるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» コロナで株価が下落!大きく下落した業種・銘柄8選




二度目の緊急事態宣言が痛手

JALにとっては21年1月に発令された、二度目の緊急事態宣言が大きな痛手です。


下図に緊急事態宣言による、航空需要の減少予測を示します。



国内線の需要予測(前年比)



国際線の需要予測(前年比)



航空需要は当初の予定では、21年にかけて緩やかな回復へ向かうと予想されていました。


しかし二度目の緊急事態宣言で、需要は再び大きく落ち込んでしまいました。


これから回復へ向かう矢先であったために、これは大きな痛手です。


この影響でJALの業績復調には、さらに時間を要することになるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» これから上がる株の銘柄5選!必ず上がる銘柄を厳選





JALの株価を予想【回復に時間がかかる理由】



ここまで、JALの株価と業績の現状について整理してきました。


そしてJALの株価が回復するには、まだまだ時間がかかります。


以下に、JALの業績回復に時間がかかる理由について解説していきます。



22年3月期も、赤字の見通し

JALの業績見通しは、しばらくの間は厳しい状況が続きます。


下図にJALの業績について、アナリストによるコンセンサス予想を示します。



日本航空(9201)業績推移と見通し

(単位:百万円)



ここには、22年3月期までの業績予想が示されています。


これによるとJALの業績は、22年3月期においても、最終赤字(▲166億円)が続く見通しです。


このようにJALの業績は、まだ赤字を脱する見通しすら立っていません。


よってJALの株価と業績が回復するには、まだまだ時間がかかるでしょう。




JALの業績はコロナしだい

JALの業績は、上がるも下がるも、すべてはコロナしだいです。


現在ではワクチンの普及が急がれていますが、まだまだ終息の目途は立っていません。


JALの業績が回復するには、国内だけでなく、世界中で感染が終息する必要があります。


そこまでの道のりはほど遠く、まだかなりの時間を要するでしょう。




航空の需要は元には戻らない

そして、たとえコロナが終息したとしても、航空の需要は元には戻りません。


世界中でリモート環境が普及した今では、打合せ、商談なども、オンラインでできるようになりました。


これによりビジネスマンの出張減少は必至で、特に会議のための出張は、間違いなく激減します。


国際線の需要減少も含めれば、航空業界の需要は、元に戻ることは難しいでしょう。




固定費を圧縮し、長期で改革

航空需要が戻らないなかで、JALにできる重要な対策となるのが、固定費の削減です。


JALではコストの削減と、設備投資の抑制に取り組み、体質強化を進めています。



固定費削減の進捗イメージ

(単位:億円)



固定費の削減は、すぐにできる範囲には限界があるので、これから時間をかけて取り組むことになります。


JALの業績が安定成長へと戻るには、時間をかけて、企業体質の強化を図るしかありません。


そこへ至るには、厳しく見れば、まだ10年以上の期間を要するでしょう。



🔹あわせて読みたい

»【公開】私が資産運用を学ぶのに実践した5つの方法





まとめ


以上により、今回は「JALの株価」を予想して、回復に時間がかかる理由を解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳JALの株価を予想【コロナのダメージは甚大】

✅コロナで、株価は半値に暴落

✅売上高は、前期同期比▲68%

✅21年3月期は巨額の赤字予想

✅二度目の緊急事態宣言が痛手


🔳JALの株価を予想【回復に時間がかかる理由】

✅22年3月期も、赤字の見通し

✅JALの業績はコロナしだい

✅航空の需要は元には戻らない

✅固定費を圧縮し、長期で改革



【結論】JALの株価が回復するには、まだ10年以上を要します。


コロナで落ち込んだJALの業績は、まだまだ復調の目途が立っていません。


さらに、たとえコロナが終息しても、航空の需要はもう元には戻りません。


よって時間をかけて固定費を圧縮しつつ、世界情勢が回復するには、まだかなりの時間を要するでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する理由6選

» 株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000