コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回はコロナショックのなかでも株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄を7つ紹介していきたいと思います。




コロナで株価が上昇した銘柄7選

✅ライオン(4912)

✅ユナイテッド・スーパーマーケット・HD(3222)

✅伊藤園(2593)

✅出前館(2484)

✅日本マクドナルドHD(2702)

✅SGホールディングス(9143)

✅楽天(4755)



「コロナショックの状況でも、株価が上昇する銘柄ってないのかな・・・?」


あります!



多くの企業はコロナで大打撃を受けていますが、この自粛モードをも逆手に取り、業績を伸ばしている企業があるのです。


今回はコロナショックのなかでも株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄を7つ紹介していきたいと思います。





コロナで株価上昇 生活必需型



今回のコロナショックで、圧倒的な強さを見せているのが、生活必需株です。


生活用品や食品小売業などはコロナの影響を受けないどころか、むしろ売上が増えているため、多くの銘柄で株価が上昇しています。



ライオン(4912)


ライオン(4912)



今回も上昇している銘柄で、安定株として有名な企業が、ライオン(4912)です。


同社の製品はハミガキなどのデンタル用品や、シャンプーやリンス、洗剤などの、生活に欠かせない商品が主力です。



特に今回の騒動では、ハンドソープなどの手洗い用品の需要が、爆発的に高まりました。


コロナショックのような暴落時には、多くの銘柄が売られる一方で、こういった安定株へと資金が流れます。


チャートが示すように、コロナの騒動をきっかけに、株価が大きく上昇しています。




ユナイテッド・スーパーマーケット・HD(3222)


U・スーパーマーケット・HD(3222)



同社は食品小売業の大手で、スーパーマーケットのマルエツや、マックスバリュなどの店舗を運営しています。


コロナによる外出自粛要請で、スーパーマーケットは売上を大きく伸ばしています。



特に生活用品については、「買い占め」が話題になりましたよね?


今回は国民総出でステイホームが始まったことで、食事は自炊になり、家庭用品も売上を大きく伸ばしています。




伊藤園(2593)


伊藤園(2593)



飲料用品を主力とする伊藤園(2593)の株価も、急上昇しています。


同社の製品は、お茶、麦茶、コーヒー、ミネラルウォーターなどが主力です。


また自動販売機のビジネスでも、業界トップシェアを誇ります。



同社のビジネスも、コロナの影響を受けない事業モデルです。


そのためコロナの騒動が大きくなってから、株価が急激に上昇しています。



🔹あわせて読みたい

👉安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】





コロナで株価上昇 宅配・テイクアウト



コロナの影響で、宅配・テイクアウト関連の株価も上昇しています。


外出自粛の推進や、店内飲食の閉鎖による影響で、宅配・テイクアウトの需要が高まっているためです。



出前館(2484)


出前館(2484)



出前館(2484)は、ネットで簡単にフードデリバリーを注文できるサイトを運営しています。


ピザ・寿司・カレー・中華・弁当など、全国2万店以上の中から、簡単に注文することができます。



今回のコロナでの外出自粛要請により、デリバリーサービスの需要が急増しました。


同社の株価も、コロナショックをきっかけに大きく上昇しています。




日本マクドナルドHD(2702)


日本マクドナルドHD(2702)



今回のコロナショックで、驚異的な強さを見せてくれたのが、マクドナルド(2702)です。


多くの外食産業の株価が暴落するなかで、マクドナルドはテイクアウト、ドライブスルー、デリバリーサービスを駆使し、見事に危機へ対応しています。



✅テイクアウト

✅ドライブスルー

✅デリバリー




今回、コロナ対策として特に当たったのが、ドライブスルーでしょう。


車から降りずに、人と接触することなく購入できるとあって、ドライブスルーには多くの車が行列を作りました。



全店舗で店内飲食を中止する措置を発表しても、株価はそれほど下がりませんでした。


苦難する外食産業のなかで、マクドナルドだけは、株価が騒動前よりも上昇しています。


見事に危機へ対応したマクドナルドは、今後の業界における手本となりそうです。



🔹あわせて読みたい

👉マクドナルドの株価を予想!今が買い時な3つの理由





コロナで株価上昇 物流・通販



コロナによる外出自粛の影響で、物流や通販の需要が急増しています。


このような業界でも、コロナの影響で、売上が上昇する事態となっています。



SGホールディングス(9143)


SGホールディングス(9143)



SGホールディングス(9143)は、佐川急便グループの持株会社です。


コロナの影響で、生活用品の買い占めなどで需要が急増し、物流の稼働が高まりました。



また外出自粛の影響で、ネット通販やネットスーパーの利用も急増。


物流の需要はむしろ高まっており、コロナショックをきっかけに、株価が大きく上昇しています。




楽天(4755)


楽天(4755)



上昇とまではいかないまでも、コロナ前と同じ株価まで急速に回復したのが、楽天(4755)です。


同社の主要ビジネスは、国内最大級のネット通販サイト「楽天市場」が有名です。



これもステイホームの影響で、ネット通販の需要が急激に高まったことで、売上の増加につながっています。


このようなネットビジネスの企業も、コロナの影響を受けないどころか、むしろ業績が向上する傾向にあり、株価が急激に上昇しています。



🔹あわせて読みたい

👉楽天の株価はどうなる?将来必ず上昇する5つの理由





まとめ


以上により、今回はコロナショックのなかでも株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄を7つ紹介させて頂きました。


ここまで紹介してきた7つの銘柄について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



コロナで株価が上昇した銘柄7選

✅ライオン(4912)

✅ユナイテッド・スーパーマーケット・HD(3222)

✅伊藤園(2593)

✅出前館(2484)

✅日本マクドナルドHD(2702)

✅SGホールディングス(9143)

✅楽天(4755)



今回のコロナショックで、特に強さを見せたのが、生活必需株です。


コロナショックのような暴落時には、多くの銘柄が売られる一方で、こういった安定株へと資金が流れます。


また外出自粛で需要が高まる、宅配・テイクアウトのビジネスや、物流・通販のビジネスも強く、株価が急激に上昇しました。


このような銘柄へ、いち早く投資することができれば、市場が暴落しているなかでも、成果を上げることができるのです。



【無料】WEBセミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぼうにも、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は一度、無料WEBセミナーを視聴してみませんか?


なかでもファイナンシャルアカデミーが配信している『お金の教養講座』なら、ネットで視聴できるWEBセミナーを無料開放しています。


今なら期間限定で、株などの資産運用について無料で学ぶことができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】WEBセミナー



🔹あわせて読みたい

👉日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する6つの理由

👉グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選

0コメント

  • 1000 / 1000