マクドナルドの株価を予想!今が買い時な3つの理由



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回はマクドナルドの株価を予想して、今が買い時な3つの理由について解説していきたいと思います。




マクドナルドの株が買い時な理由

✅増収・増益・増配が続いている

✅コロナをきっかけに成長できる

✅時代の変化に追従し、成長する



日本マクドナルドHD(2702)



コロナショックが起きたこともあり、株価の行方が気になる方も多いですよね?


【結論】マクドナルドの株価は、上昇を続けるでしょう。



マクドナルドは経営基盤がしっかりしていて業績も好調ですし、コロナが起きても、同社はしっかり対処できているためです。


今回はマクドナルドの株価を予想して、今が買い時な3つの理由について解説していきたいと思います。





マクドナルドの株価予想 増収・増益・増配が続く



それでは、マクドナルドの株が買い時な理由について解説していきましょう。


同社は業績も好調で、とても強い経営基盤を持っています。





現在のところ16年12月期から19年12月期にかけて、4期連続で増収・増益が続いています。


20年12月期からはコロナの影響がどう出るかが不明ですが、従来の業績予想では、21年12月期まで、6期連続で増収・増益が続くことが公表されています。



業績の推移と見通し



また配当についても、19年12月期には10%の増配も実施されました。


今後も増収・増益が予想され、増配も行われていることから、マクドナルドの株価は、今後も堅調に推移することが予想されます。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックはいつまで続く?株価の動向を予測





マクドナルドの株価予想 コロナをきっかけに成長する



マクドナルドの株価の見通しが明るい理由の一つが、「アフターコロナ」に強い点です。


今回のコロナショックでは、多くの飲食業が苦難するなかで、マクドナルドだけは株価が上昇しました。



その理由は、コロナショックのなかでも、ある程度の業績を維持できたためです。


マクドナルドではこれまでも、店内飲食以外のサービスを充実させてきました。



✅テイクアウト

✅ドライブスルー

✅デリバリー



コロナショックではこの3本柱が、マクドナルドの業績を支えました。


外出自粛などの影響で、これらの需要が急増したためです。




テイクアウト、デリバリーの需要が増える

今回のコロナの影響で、テイクアウトやデリバリーの需要が急増しました。


そしてこの流れは、今後の「アフターコロナ」においても、ある程度続くことが予想されます。


人との接触を減らして利用できるサービスは、今後も新たな需要を生み出すかもしれません。




ドライブスルーが大当たり

そして今回のコロナで大きくヒットしたのが、ドライブスルーでしょう。


昔からあるシンプルなサービスではありますが、いざコロナのような事態が起きた時に、意外と他社には少ないサービスでした。


人と接触することなく、車から降りずにテイクアウトができるとあって、緊急事態宣言が出た後には、多くの車が行列を作りました。



ドライブスルーだけは、敷地や設備の問題があるため、急に真似できるものではありません。


よって従来からドライブスルーを全国に展開させてきた同社が、今後もシェアを握ることが予想されます。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選





マクドナルドの株価予想 時代の変化に追従し成長する



マクドナルドでは、常に時代の変化に追従することで、株価も成長を続けています。


最近では下記のようなサービスを導入し、常に時代にマッチさせることで、集客を維持しています。



✅マックカフェ

✅FREE Wi-Fi+コンセント

✅100円ドリンク




マックカフェ

マックカフェは、少しだけ高価格で、高品質のドリンクとスイーツを提供するブランドです。


「少し高くても良いから、美味しいカフェとスイーツを楽しみたい」


そんな需要にマッチさせるサービスです。



業績を成長させるには、顧客単価の向上が欠かせません。


このマックカフェの導入により、顧客単価の向上と、新たな需要をも取り込んでいます。




FREE Wi-Fi+コンセント

マクドナルドでは、ここ数年で多くの店舗に「FREE Wi-Fi+コンセント」を導入しました。


これによりスマホでたっぷり動画を観たり、ノートパソコンで仕事ができるようになりました。



この影響で、ビジネスマンやフリーランスの人などが、パソコンを開いて仕事をしている光景も多くなりました。


このようにサービスを時代にマッチさせることで、新たな顧客層を着実に増やしているといえます。




100円ドリンク

マクドナルドではコーヒーをはじめ、コーラやファンタなどの多くのドリンクが、100円から提供されています。


これも、新しい時代にマッチするサービスといえます。


コンビニが、100円コーヒーをヒットさせたためです。


マクドナルドならコンビニと違い、100円でも店内でドリンクを楽しむことができます。



これらの付加価値により、多くの学生やサラリーマン、フリーランスの人などが、手軽に利用できるようになりました。


マクドナルドではこのように、時代の変化に合わせたサービスを続けていくことで、今後の株価も上昇を続けていくことが予想されます。



🔹あわせて読みたい

👉今後の株価を予想【2020年】株価が上がる時期とは





まとめ


以上により、今回はマクドナルドの株価を予想して、今が買い時な3つの理由について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた3つの理由について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



マクドナルドの株が買い時な理由

✅増収・増益・増配が続いている

✅コロナをきっかけに成長できる

✅時代の変化に追従し、成長する



マクドナルドでは現在、4期連続で増収・増益を続けており、さらに今回のコロナショックでも、強靭な強さを発揮しました。


今回の件で「アフターコロナ」の新時代にも強いことが証明されたように、常に時代の変化に追従し、成長を続けていることが強みといえます。


これらの理由から、同社の株は買い時であり、今後の株価も上昇を続けていくことが予想されます。



🔹あわせて読みたい

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

👉すかいらーくの株価を予想!高リスクな4つの理由

0コメント

  • 1000 / 1000