バリュー株のおすすめ銘柄5選!割安・成長株を厳選

アイキャッチ画像_1

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「バリュー株」のおすすめ銘柄について、割安な成長株を5つ紹介していきたいと思います。

 

株の先生

 

🔳バリュー株とは?概要と見つけ方

✅バリュー株を見つけるには?

✅バリュー株を探すのは難しい

 

🔳バリュー株のおすすめ銘柄5選【割安な成長株】

✅オリックス(8591)

✅武田薬品工業(4502)

✅NTT(9432)

✅三菱商事(8058)

✅第一生命HD(8750)

 

バリュー株の、おすすめ銘柄が知りたい・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

バリュー株のおすすめ銘柄が知りたい

 

バリュー株への投資は、世界一の投資家「ウォーレン・バフェット」氏が好むことが有名です。

優良なバリュー株を見つけ、長期で投資することができれば、大きな成果を上げることができるでしょう。

今回は「バリュー株」のおすすめ銘柄について、割安な成長株を5つ紹介していきたいと思います。

 

絶対に勝てる方法、教えます

 

バリュー株とは?概要と見つけ方

アイキャッチ画像_2

 

バリュー株とは、本来の実力よりも低く評価され、割安な水準で放置されている「割安株」です。

知名度の低い銘柄に多く見られ、実力があっても買われずに、株価が上がっていない銘柄を指します。

 

バリュー株を見つけるには?

ではバリュー株を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか?

一般にバリュー株かどうかを判断するには、下記3つの指標が使用されます。

 

  • PER(株価収益率)
  • PBR(株価純資産倍率)
  • 配当利回り

 

PERの説明
PBRの説明
配当利回りの説明

 

PER、PBRは数値が低ければ低いほど、株価が割安であると判断されます。

逆に、配当利回りは高ければ高いほど、株価が割安ということになります。

どの指標も株価が割安であれば、ダイレクトに数値に表れてきます。

 

バリュー株を探すのは難しい

上記3つの指標を使えば、バリュー株を「見つける」だけなら簡単です。

PERやPBRが低い割安株は、たくさん存在するからです。

しかしその中でも、将来的に「株価が上昇する」割安株を見つけることは、容易ではありません。

将来の業績成長が見込めるのに、株価が割安になっている銘柄は、決して多くありません。

以下に将来有望な割安株について、5つの銘柄を紹介していきたいと思います。

 

🔹あわせて読みたい

» 株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは

バリュー株のおすすめ銘柄5選【割安な成長株】

アイキャッチ画像_3

 

それでは「バリュー株」のおすすめ銘柄について、割安な成長株を紹介していきましょう。

以下に5つに厳選したバリュー株について、1つずつ紹介していきます。

 

オリックス(8591)

はじめに紹介するバリュー株が、オリックス(8591)です。

オリックスの株価は、この7年ほど停滞が続き、かなり割安な水準で放置されています。

下記に、オリックスの株価チャートと株価指標を示します。

 

オリックスの株価チャート

オリックス(8591)株価チャート_10年

 

株価の指標(2021年6月時点)

    日経平均 オリックス
PER(会社予想) 14.2 9.6
PBR 1.2 0.8
配当利回り 1.8 4.0

 

同社の株価は、PER、PBR、配当利回りのすべてにおいて、かなり割安な水準にあります。

その理由は、21年3月期まで3期連続で減収・減益が続いたためでしょう。

しかし今後の業績については、増収・増益が続くことが確実となっています。

配当の増配も予想されており、今後の業績が上向けば、株価は必ず上昇するでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» オリックスの株価はなぜ安い?必ず上がる6つの理由

 

武田薬品工業(4502)

続いて紹介するバリュー株が、武田薬品工業(4502)です。

同社の株価も長らく停滞が続いていて、割安な水準に放置されています。

下図に、武田薬品の株価チャートと株価指標を示します。

 

武田薬品の株価チャート

武田薬品工業(4502)株価チャート_30年

 

株価の指標(2021年6月時点)

    日経平均 武田薬品
PER 14.2 15.3
PBR 1.2 1.1
配当利回り 1.8 4.9

 

同社における21年3月期の純利益は、前期比+750%の大幅増益となりました。

コロナ禍で業績が大きく向上しており、今後も堅調な業績が続く見込みです。

なかでも配当利回りは驚異の4.9%と、株価はかなり割安な水準にあります。

今後も安定した業績が予想されており、同社の株価は、これから上昇へと向かうでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 武田薬品の株価を予想!必ず上昇する6つの理由とは

 

NTT(9432)

続いて紹介するバリュー株が、NTT(9432)です。

同社の株価も割安な水準が続いており、上昇余地をかなり残している銘柄です。

下図に、NTTの株価チャートと株価指標を示します。

同社のPERは9.7倍と、日経平均と比べ2/3の低水準です。

 

NTTの株価チャート

NTT(9432)株価チャート_20年

 

株価の指標(2021年6月時点)

    日経平均 NTT
PER(会社予想) 14.2 9.7
PBR 1.2 1.4
配当利回り 1.8 3.6

 

配当利回りも3.6%と、日経平均の2倍となる高水準です。

同社の配当金は毎年の増配を続けており、21年3月期で、10期連続の増配を続けています。

今後の業績も連続増益が予想されており、配当のさらなる増配も期待されます。

このような成長が続く限り、同社の株価は、今後も安定した上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» NTTの株価を予想!今後も必ず上昇する9つの理由

 

三菱商事(8058)

続いて紹介するバリュー株が、三菱商事(8058)です。

同社の株価も割安な水準が続いており、まだかなりの上昇余地を残している銘柄です。

下図に、三菱商事の株価チャートと株価指標を示します。

 

三菱商事の株価チャート

三菱商事(8058)株価チャート_10年

 

株価の指標(2021年6月時点)

    日経平均 三菱商事
PER(会社予想) 14.2 12.0
PBR 1.2 0.8
配当利回り 1.8 4.4

 

同社の株価指標は、PER、PBR、配当利回りのすべての面で、平均値よりも割安な水準です。

今後の業績見通しも堅調で、増収・増益が続いていく見込みです。

また同社の配当金は、毎年の増配を続けており、今後もさらなる増配が見込まれています。

今後も安定した業績が続く限り、同社の株価は、引き続き上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 三菱商事の株価を予想!今後も上昇する5つの理由

 

第一生命HD(8750)

最後に紹介するバリュー株が、第一生命HD(8750)です。

同社の株価も、本来の企業価値と比べ、かなり割安な水準に放置されています。

下図に、第一生命HDの株価チャートと株価指標を示します。

 

第一生命の株価チャート

第一生命HD(8750)株価チャート_10年

 

株価の指標(2021年6月時点)

    日経平均 第一生命
PER 14.2 7.1
PBR 1.2 0.5
配当利回り 1.8 2.7

 

PERとPBRはともに、日経平均の半分以下であり、かなり割安な水準にあることが分かります。

配当利回りも2.7%とかなり高く、株価が割安であることを示しています。

同社も配当金の連続増配を続けており、今後も引き続きの増配が予想されています。

今後も安定した業績を続け、配当の増配も続けば、株価は間違いなく上昇するでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 第一生命の株価を予想!今後必ず上昇する7つの理由

まとめ

以上により、今回は「バリュー株」のおすすめ銘柄について、割安な成長株を5つ紹介させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳バリュー株とは?概要と見つけ方

✅バリュー株を見つけるには?

✅バリュー株を探すのは難しい

 

🔳バリュー株のおすすめ銘柄5選【割安な成長株】

✅オリックス(8591)

✅武田薬品工業(4502)

✅NTT(9432)

✅三菱商事(8058)

✅第一生命HD(8750)

 

これから業績が成長するバリュー株を見つけるのは、なかなか難しいことです。

バリュー株なら何でも良いわけではなく、「業績が成長する」割安株を見つけることが重要です。

将来有望なバリュー株を見つけ、長期で投資できれば、大きな成果を上げることができるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

【完全講義】勝率100%!株式投資で絶対負けない投資法

» 資産運用セミナー【無料】で学べるおすすめ講座3選