イオンの株価を予想【2020年】メリットと課題を解説



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「イオンの株価」を予想して、投資するメリットと課題について解説していきたいと思います。




投資するメリットと魅力

✅株価は長期的に上昇傾向

✅業績も配当も上昇が続いている

✅株主優待が魅力



投資するリスクと課題

✅株価はかなり割高

✅株価上昇はしばらく期待できない

✅コロナ禍を乗り越えることが鍵



イオンの株を買いたいけど、株価は上がるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしたいと思います。



イオンの株は、株主優待が魅力で、個人投資家から人気の高い銘柄です。


ただし、株主優待が欲しくて投資するのは良いのですが、損をしないように、注意しておきたいですよね?


今回は「イオンの株価」を予想して、投資するメリットと課題について解説していきたいと思います。





イオンの株価を予想 投資するメリットとは?



それでは早速、イオンの株価を予想していきましょう。


まずはイオンの株へ投資する、メリットや魅力について解説していきます。




株価は長期的に上昇傾向

イオンの株価は長期的にみれば、着実な上昇傾向にあります。


下図はイオン(8267)の株価の、30年間の長期チャートです。


イオン(8267) 30年チャート



2007年のリーマンショックの時をはじめ、短期的には激しく変動していますが、長期的にみれば、右肩上がりの上昇傾向にあります。


これは株式銘柄にとって、とても大切なことです。



長期保有を続けることで、少しずつ上昇していくことが、株式の理想的な成長です。


この長期的な傾向をみれば、今後も少しずつ、株価が上昇していくことが予想されます。




業績も配当も上昇が続いている

イオン(8267)は業績も配当も、着実な成長を続けています。


下図に、イオンの業績推移を示します。




当期純利益の推移



これまで売上も利益も着実な成長を続けており、配当についても、右肩上がりの増配が続いています。


イオンではこのように、業績が着実な成長を続けることで、株価も上昇しており、まさに理想的な成長を続けています。




株主優待が魅力

イオンの株へ投資する最大の魅力が、「株主優待」です。


イオンの株主になると「株主ご優待カード」が発行され、すべての株主へ配布されます。


この優待カードを使えば、イオングループでの買い物なら、毎日いつでも3~7%もお得になる、とても嬉しい優待が受けられます。



対象店舗は全国のイオンをはじめ、ダイエーやマックスバリュなど、多くのグループ店舗で利用できます。


3~7%の還元率は、株式の保有株数に応じて区分されます。


株をたくさん持てば持つほど、多くのキャッシュバックを受けられる仕組みです。



イオンの株は、この株主優待が魅力となり、多くの個人投資家から支持されている、人気の高い銘柄です。


この優れた優待制度がある限り、イオンの株価は、そう簡単には下がりません。


多くの投資家から支持される銘柄のため、株価が上がりやすいことが強みといえます。



🔹あわせて読みたい

👉株主優待のおすすめ銘柄4選【プライベートが充実】





イオンの株価を予想 リスクと課題とは?



ここまで、イオンの株へ投資するメリットと魅力について解説してきました。


しかし、イオンの株には魅力が多い一方で、リスクや課題があることも事実です。


ここからはイオンの株価を予想するにあたり、株価が下落するリスクについても、しっかりと確認しておきましょう。




株価はかなり割高

正直、イオンの株価は、かなり割高な状況にあります。


下記はイオンの株価指標を、日経平均の値と対比したものです。



        日経平均   イオン

PER (倍)    17.9    78.2

PBR (倍)      1.1      2.0

配当利回り(%)    2.1      1.4


株価の指標(2020年7月時点)



イオンの株価は、PERが高すぎます。


PER=78.2は、日経平均の4倍以上の水準です。


これはつまり通常の水準と比べ、株価が4倍以上も割高であることを示しています。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




株価上昇はしばらく期待できない

さらに今後はコロナの影響が出て、利益は大幅な減益となる見通しです。


よってPERの数値はもっと高くなり、このままの株価が続くと、2021年にはPERが400倍を超えてしまう見通しです。


この事実があることから、イオンの株価はしばらくの間は、上昇することは難しいでしょう。


それどころか2021年にかけては、株価が下落する可能性が極めて高いです。



しかし株価の下落は、一時的な業績の悪化によるものなので、短期的なものになるでしょう。


それでも、このようなリスクがあることを知っておくことが大切です。




コロナ禍を乗り越えることが鍵

イオンの業績に、コロナの影響が出るのはこれからです。


繰り返しますが、2021年2月期の業績は、大幅な減益となる見通しです。




業績の落ち込みは、一時的なものになるとは思いますが、それでも22年2月期までは、コロナ前の水準を回復できない予想となっています。


よって、これから2022年までの2年ほどを、いかに乗り切るかが、重要な局面となりそうです。


少しの間辛抱して、このコロナ危機さえ乗り越えることができれば、その後は業績も回復し、株価も再び上昇に転じるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選





まとめ


以上により、今回は「イオンの株価」を予想して、投資するメリットと課題について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



投資するメリットと魅力

✅株価は長期的に上昇傾向

✅業績も配当も上昇が続いている

✅株主優待が魅力



投資するリスクと課題

✅株価はかなり割高

✅株価上昇はしばらく期待できない

✅コロナ禍を乗り越えることが鍵



イオンの株には、メリットと課題が混在しています。


良い面もあるし、悪い面もある、ということです。



結論をまとめると、今後の業績悪化と、株価が割高すぎる影響で、しばらくの間は、株価上昇は期待できないでしょう。


ただし、元々が優れた企業であるため、低迷は一時的なものにすぎません。


コロナ危機を乗り越えて、業績が回復してくれば、数年後の株価は、再び上昇に転じるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉今後の株価を予想【2020年】株価が上がる時期とは

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000