セブン&アイの株価を予想!配当が魅力の優良銘柄



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「セブン&アイの株価」を予想しながら、配当などの魅力について紹介していきたいと思います。




セブン&アイの5つの魅力

✅業績が好調、増収増益が続く

✅配当の増配が続く、優良銘柄

✅株価下落でかなり割安な状況

✅新たなブランドを次々と確立

✅コロナの影響も少ない安定株



セブン&アイの株価は、これから上がるかな・・・?


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】セブン&アイの株価は、必ず上がります。


セブン&アイの株には、投資する魅力がたくさんあります。


業績も順調に成長していて、配当利回りも高く、見つけるのが難しいほどの優良銘柄です。


今回は「セブン&アイの株価」を予想しながら、配当などの魅力について紹介していきたいと思います。





セブン&アイの株価 配当が魅力の優良銘柄



それでは、セブン&アイの株価について解説していきましょう。


まずはセブン&アイの株へ投資する、魅力について紹介していきます。



業績が好調で、増収・増益が続く

セブン&アイの業績はとても好調で、順調に増収・増益の成長を続けています。


下図に、セブン&アイHD(3382)の業績推移を示します。



売上高と営業利益



当期純利益とROE



セブン&アイの業績は、売上、利益ともに上昇傾向にあり、右肩上がりでの成長を続けています。


このような形で増収・増益が続くことは、企業にとって理想的な成長です。


この勢いで業績の成長が続けば、将来的には株価も、必ず上昇していくでしょう。




配当の増配が続く優良銘柄

セブン&アイでは、業績の成長に連動して、配当の増配を続けています。


下図は、セブン&アイの配当金の推移です。


同社ではこのように、配当金についても右肩上がりでの増配を続けています。



配当金の推移



この増配の傾向も、投資先として、まさに理想的な成長の形です。


配当の増配が続けば、配当利回りはどんどん高まるため、株価は必ず上昇します。


セブン&アイの配当利回りは2020年7月時点で、3.0%もの高配当となっています。


このまま業績が成長して増配が続けば、株価は間違いなく上昇するでしょう。




株価下落で、かなり割安な状況

ここまで業績も好調のセブン&アイですが、株価は2016年から下落基調が続いています。


2015年には一時5,700円を超えた株価ですが、現在では3,300円まで下落、5年間で40%以上も下落してしまいました。


セブン&アイHD(3382)10年チャート



この下落により、セブン&アイの株価は、かなり割安な状況となっています。


下記はセブン&アイの株価指標を、日経平均と対比したものです。



              日経平均   セブン&アイ

PER (倍)    17.5    13.4

PBR (倍)      1.1      1.1

配当利回り(%)    2.1      3.0


株価の指標(2020年7月時点)



これによるとセブン&アイのPERは、日経平均の値と比べ、かなり低い水準にあります。


また配当利回りの3.0%も、日経平均と比べ、かなり高い利回りとなります。


これはここ数年の株価下落によって、セブン&アイの株価が、かなり割安になってきたことを示しています。


よってセブン&アイの株価は、そろそろ底を打ち、上昇に転じる可能性が高いといえます。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





セブン&アイの株価 今後の展望を予想



ここまで、セブン&アイの株へ投資する魅力について紹介してきました。


ではセブン&アイは、今後も業績を伸ばし、成長を持続することができるのでしょうか。


ここからは、今後の展望について解説していきましょう。



業績は今後も成長を続ける

セブン&アイの業績は、今後も成長が続く見込みです。


下図は四季報による、セブン&アイの業績推移と見通しです。


セブン&アイの業績推移と見通し



21年2月期の予想は、コロナの影響で横ばいの見込みですが、22年2月期には売上・利益ともに過去最高の水準へ到達させる見通しです。


これに伴い、配当も22年2月期には、さらなる増配となる見通しです。


セブン&アイはこのように、今後も業績の成長が続くことが予想される、有望株であるといえるでしょう。




新たなブランドを次々と確立

セブン&アイでは、「セブンカフェ」や「セブンプレミアム」など、新たなブランドを次々と確立しています。


お馴染みの「セブンカフェ」では、今や年間で11億杯も販売される、大ヒットブランドとなりました。




またセブン&アイの業績成長の主役を担っているのが、「セブンプレミアム」です。


セブンプレミアムは、アイテムの数をどんどん増やし、売上を大きく伸ばしている人気ブランドです。



「セブンプレミアム」の売上とアイテム数



セブンプレミアムの売上は、2012年には4,900億円であったのが、2019年には1兆4,500万円にまで増大しました。


これは7年間で3倍、売上を1兆円も増大させた、大きな成長ブランドとなりました。


セブン&アイではこのように、時代の変化に伴う新たな価値の提供を続け、成長を続ける優良企業です。




コロナの影響も少ない安定株

2020年はコロナの影響で、多くの企業で業績が落ち込む大打撃を受けました。


しかしセブン&アイでは、コロナの影響も最小限に留まりそうです。


なかでも主力のコンビニやスーパーなどの食品事業については、コロナの影響を受けていません。


スーパーなどの食品事業ではむしろ、外出自粛や買いだめ需要の影響で、売上が増えた事業もありました。



セブン&アイはこのように、生活必需型のビジネスが主力であることから、不況にも強い、安定した優良銘柄といえるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選





まとめ


以上により、今回は「セブン&アイの株価」を予想しながら、配当などの魅力について紹介させて頂きました。


ここまで紹介してきた5つの魅力について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



セブン&アイの5つの魅力

✅業績が好調、増収増益が続く

✅配当の増配が続く、優良銘柄

✅株価下落でかなり割安な状況

✅新たなブランドを次々と確立

✅コロナの影響も少ない安定株



セブン&アイの業績は好調で、増収・増益が続いており、今後も成長が続く見込みの優良企業です。


これに伴い、配当も右肩上がりの増配が続いており、高配当が魅力の有望株です。


この勢いで業績の成長が続き、増配も続けば、株価は間違いなく上昇するはずです。


今なら株価も割安な状況にあり、まさに「買い時」の株といえるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉今後の株価を予想【2020年】株価が上がる時期とは

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000