S&P500の10年後と20年後を予測!数倍になる理由を解説

S&P500の10年後と20年後を予測!数倍になる理由を解説

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「S&P500」の10年後と20年後を予測して、どこまで上昇するのか解説していきたいと思います。

 

株の先生

 

🔳S&P500の10年後と20年後は【数倍になる理由】

✅S&P500は右肩上がりに上昇

✅過去の長期平均利回りは?

✅今後の上昇を年利8%で予測

✅レバレッジ型なら20年で10倍

✅レバレッジ型へ投資するには?

✅10年後、20年後を見据える

 

S&P500は10~20年後、どこまで上がるのかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

S&P500の10年後と20年後が気になる

 

【結論】S&P500は、10年で2倍、20年で4倍以上に上昇します。

 

S&P500の株価予測(平均利回り8%)

  • 現在  :$   4,700(2021年11月)
  • 10年後:$10,100(2.1倍)
  • 20年後:$21,900(4.6倍)

 

S&P500の長期平均利回りは、少なくても8%は期待することができます。

今後も平均利回り8%で推移する場合、S&P500は10年で2倍、20年で4倍以上に上昇します。

今回は「S&P500」の10年後と20年後を予測して、どこまで上昇するのか解説していきたいと思います。

 

 

S&P500の10年後と20年後は?【数倍になる理由】

S&P500の10年後と20年後は?【数倍になる理由】

 

それでは「S&P500」の10年後と20年後について、予想していきましょう。

まずは過去の実績を振り返ってから、将来どこまで上昇するのか予測してみましょう。

 

S&P500は右肩上がりに上昇

S&P500は、長期的に右肩上がりの上昇を続けています。

下図に過去30年間における、S&P500の長期チャートを示します。

 

S&P500指数チャート_30年

S&P500指数チャート_30年

 

過去には2001年のITバブル崩壊や2008年のリーマンショックなど、大きな暴落も発生しました。

しかしそれでも長期的に見れば、S&P500は右肩上がりの上昇を続けています。

つまり10年、20年という長期スパンで投資をすれば、着実に資産を増やすことができます。

ではS&P500のリターンは、どれくらいの成果を期待できるのでしょうか?

 

過去の長期平均利回りは?

ここで、S&P500の長期平均利回りを確認してみましょう。

下記に、期間ごとにまとめたS&P500の平均利回りを示します。

 

S&P500の長期平均利回り

  • 1981年~:    9.5%(40年)
  • 1991年~:    8.6%(30年)
  • 2001年~:    7.7%(20年)
  • 2011年~: 14.2%(10年)

 

平均利回りは、計測する期間によって大きく異なります。

特に直近10年間では株高が続いたため、平均14.2%と突出した成績となりました。

しかし長期平均と比べると、これは異常値であることが分かります。

長期平均利回りとしては、少し控えめにみて、8%としておけば問題ないでしょう。

 

 

今後の上昇を年利8%で予測

ではS&P500が今後、平均利回り8%で上昇した場合をシミュレーションしてみましょう。

下記にS&P500の、10年後と20年後の株価予測を示します。

 

S&P500の株価予測(平均利回り8%)

  • 現在  :$   4,700(2021年11月)
  • 10年後:$10,100(2.1倍)
  • 20年後:$21,900(4.6倍)

 

今後も平均利回り8%で推移した場合、10年後には$10,100、20年後には$21,900まで上昇します。

これはS&P500が10年で2.1倍、20年で4.6倍になることを示しています。

こうして考えると、夢のある話ですよね。

2,000万円ほどを投資できれば、20年で1億円に迫ります。

 

 

レバレッジ型なら20年で10倍

S&P500へ投資するETF・ファンドの中には、値動きをさらに大きくする「レバレッジ型」の商品もあります。

単純にS&P500の2倍、もしくは3倍の値動きとなるETF・ファンドへ、手軽に投資できるものです。

レバレッジ型の商品を活用することで、リターンはさらに増大します。

下記に「S&P500×レバレッジ型」における、10年後と20年後の概算予測を示します。

 

S&P500「レバレッジ型」の概算予測

通常 レバレッジ2倍 レバレッジ3倍
10年後 2.1倍 4倍 6倍
20年後 4.6倍 9倍 13倍

 

右肩上がりのS&P500にレバレッジを加えることで、巨大なリターンを期待できます。

レバレッジ型へ10年の長期投資をすれば、運用額が4~6倍に達する可能性が高いのです。

さらに20年の長期投資をすれば、運用額は概ね10倍に達することが分かります。

このように「S&P500×レバレッジ」へ長期投資をすることで、巨額のリターンを期待できます。

 

レバレッジ型へ投資するには?

レバレッジ型のファンドへ投資できる商品については、下記の別記事にて紹介しています。

S&P500のレバレッジファンドも紹介しているので、参考にしてみて下さい。

»【レバレッジ型】投資信託のおすすめファンド6選

レバレッジ型のEFT・ファンドは、SBI証券楽天証券にて、手軽に投資することができます。

少額からでも無料で始められるので、一度試してみると良いでしょう。

 

10年後、20年後を見据える

総括するとS&P500へ投資するなら、10年後、20年後を見据え、長期投資に徹しましょう。

S&P500で10~20年の長期投資をすれば、低リスクで着実に、資産を数倍にすることができます。

運用期間は長期になるほど、リスクが低くなり、安定した成果を生み出します。

S&P500で確実に成果を出すには、10年、20年スパンの長期投資を貫きましょう。

 

まとめ

以上により、今回はS&P500の10年後と20年後を予測し、どこまで上昇するのか解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳S&P500の10年後と20年後は【数倍になる理由】

✅S&P500は右肩上がりに上昇

✅過去の長期平均利回りは?

✅今後の上昇を年利8%で予測

✅レバレッジ型なら20年で10倍

✅レバレッジ型へ投資するには?

✅10年後、20年後を見据える

 

【結論】S&P500は、10年で2倍、20年で4倍以上に上昇します。

 

S&P500の株価予測(平均利回り8%)

  • 現在  :$   4,700(2021年11月)
  • 10年後:$10,100(2.1倍)
  • 20年後:$21,900(4.6倍)

 

S&P500は長期的に、安定した右肩上がりの上昇を続けています。

S&P500の長期平均利回りは、控えめに見ても8%は期待することができます。

今後も平均利回り8%で推移した場合、S&P500は10年で2倍、20年で4倍以上に増大します。

S&P500で10年、20年の長期投資に徹すれば、低リスクで、着実に成果を上げることができるでしょう。