NYダウ・ナスダック・S&P500の違いを比較【徹底解説】

アイキャッチ画像_1

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「NYダウ・ナスダック・S&P500」の違いについて、比較を交えて徹底解説したいと思います。

 

株の先生

 

🔳ダウ・ナスダック・S&P500の違い【概要を比較】

✅NYダウとは

✅ナスダックとは

✅S&P500とは

 

🔳ダウ・ナスダック・S&P500の違い【値動きを比較】

✅平均利回りの実績を比較

✅暴落時の、下落幅を比較

 

🔳NYダウ・ナスダック・S&P500の違い【総括】

✅成長率の高さはナスダック

✅安定度は大型株主体のダウ

✅初心者にはダウがおすすめ

 

NYダウ・ナスダック・S&P500の違いを教えて・・・」

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

米国株を勉強したい

 

NYダウ ナスダック S&P500
成長率 〇+
安定度 ×
初心者向き
特徴 大型株主体 IT・新興株 幅広く網羅

 

米国の株価指数は「NYダウ・ナスダック・S&P500」の3つがありますが、それぞれで特性が異なります。

NYダウはIT銘柄が少なめで、他の指数と比べ安定的な値動きを持つことが特徴です。

その逆に位置するのがナスダックで、IT銘柄を含む新興株が多く、値動きの激しい面が特徴です。

今回は「NYダウ・ナスダック・S&P500」の違いについて、比較を交えて徹底解説したいと思います。

 

ダウ・ナスダック・S&P500の違い【概要を比較】

アイキャッチ画像_2

 

それでは「NYダウ・ナスダック・S&P500」の違いについて、解説していきましょう。

まずは基本的な知識として、3つの指数の概要から整理していきましょう。

 

NYダウとは

NYダウは1896年から算出が始まった、世界で最も長い歴史を持つ株価指数です。

米国を代表する大型株から厳選された、30銘柄で構成される株価指数です。

正式名称は「ダウ・ジョーンズ工業株価平均」または「ダウ工業株30種平均」とされます。

NYダウに選定される基準は、主に下記の基準を満たす、上位30社とされています。

 

NYダウの主な選定基準

  • 時価総額が大きい
  • 企業として極めて高い名声
  • 数多くの投資家からの関心
  • 持続的な成長

 

当初は工業株を中心に構成されていましたが、現在では幅広い業種で構成されています。

NYダウは米国を代表する「超大型株」で構成され、IT銘柄が少ない点が特徴です。

下記に、NYダウの組入上位銘柄を示します。

 

NYダウの組入上位銘柄

  • ユナイテッド ヘルス グループ
  • ゴールドマン サックス グループ
  • ホーム デポ
  • マイクロソフト
  • ビザ
  • セールスフォース ドットコム
  • マクドナルド

 

実際にNYダウにはアマゾン、アルファベット、フェイスブックは組入されていません。

また大型株に厳選されるため、成長性の高い新興株も組入されていません。

よってNYダウは他の指数と比べ、値動きが安定している傾向があります。

 

ナスダックとは

ナスダックは米国の新興企業向けの株式市場であり、日本でいうマザーズやJASDAQのような市場です。

ナスダックにはIT銘柄やハイテク株が多く、新興企業の成長株が多いことが特徴です。

日本の企業も日産自動車や任天堂、三井物産などが、ナスダックの市場に上場しています。

主な銘柄は下記の通りで、IT・ハイテク関連株を中心に構成されています。

 

ナスダックの構成上位銘柄

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • アルファベット
  • フェイスブック
  • テスラ
  • エヌビディア
  • ペイパル

 

ナスダックはこのようにIT関連の成長株が多いため、成長率が格段に高い特徴があります。

NYダウは大型株で安定性に優れますが、ナスダックは新興株で値動きが大きくなることが特徴です。

よってナスダックはNYダウと比べ、ハイリスク・ハイリターンの市場になります。

実際の成長率の高さや、暴落時の値動きについては、次章で詳しく解説していきます。

 

S&P500とは

S&P500はニューヨーク証券取引所、ナスダックの企業から500銘柄を選定し指数化した株価指数です。

S&P500はダウやナスダックと違い、大型株から新興株まで幅広く網羅されています。

S&P500へ投資することで、全米の主要500銘柄へ、幅広く分散投資する効果が得られます。

組入上位銘柄は下記の通りで、ナスダックと同様に、上位はGAFAMで独占されています。

 

S&P500の組入上位銘柄

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • フェイスブック
  • アルファベット
  • バークシャー・ハサウェイ
  • JPモルガン
  • テスラ
  • ジョンソン&ジョンソン

 

S&P500の特性は、NYダウとナスダックの中間のような位置付けになります。

S&P500はナスダックと同様にIT銘柄が上位を占めるため、ダウよりも成長率が高い傾向にあります。

さらにS&P500は大型株も組み入れ、構成も500銘柄と幅広いため、安定度も高い点が魅力です。

よって暴落時の下落幅は、ナスダックよりも小さくなります。

では次章から過去の実際の値動きについて、3指数を比較し、詳しく解説していきましょう。

 

ダウ・ナスダック・S&P500の違い【値動きを比較】

アイキャッチ画像_3

 

ここまで「NYダウ・ナスダック・S&P500」の概要について解説してきました。

ここからは過去の実績を検証し、値動きの特性について比較していきましょう。

下図に過去30年間における、「NYダウ・ナスダック・S&P500」の株価チャートを示します。

 

NYダウ株価チャート_30年

NYダウ株価チャート_30年

 

ナスダック株価チャート_30年

ナスダック株価チャート_30年

 

S&P500チャート_30年

S&P500チャート_30年

 

平均利回りの実績を比較

まずはリターンの大きさについて、比較していきましょう。

下記に「NYダウ・ナスダック・S&P500」の平均利回りをまとめた、比較表を示します。

利回りは期間によって異なるため、10年、20年、30年の期間別に分類しています。

 

3指数の期間別平均利回り

10年 20年 30年
NYダウ 11.8% 6.6% 8.4%
ナスダック 19.5% 11.3% 11.9%
S&P500 14.0% 7.2% 8.5%

 

NYダウ ≦ S&P500 ≦ ナスダック

 

利回りは、ナスダックが断トツ

平均利回りが圧倒的に高いのが、ナスダックです。

どの期間においても、利回りの高さはナスダックが断トツです。

特に直近10年におけるIT株の成長は凄まじく、ナスダックの利回りは驚異の19.5%に及びます。

S&P500もハイリターン

次いで利回りの高い市場が、S&P500です。

S&P500も上位はIT株が占めており、直近10年の利回りは14.0%と高リターンです。

しかし全米の500銘柄へ幅広く分散されているため、ナスダックよりはリターンが劣ります。

NYダウは成長株が少ない

そして3指数の中で最も利回りが低いのが、NYダウです。

NYダウは新興株の組入れがなく、IT銘柄も少ないため、成長率では最も劣ります。

しかしそれでも過去30年間の平均利回りは8.4%もあり、成長力の高さは十分でしょう。

 

暴落時の、下落幅を比較

続いて市場の暴落時における、株価の下落率について比較していきましょう。

下記に暴落時における、3指数の下落率をまとめた比較表を示します。

ITバブル、リーマンショック、コロナショック時の下落幅を、それぞれ比較しています。

 

暴落時における株価の下落率

ITバブル リーマンショック コロナショック
NYダウ ▲34% ▲49% ▲26%
ナスダック ▲75% ▲53% ▲19%
S&P500 ▲46% ▲53% ▲23%

 

ITバブルではナスダックが暴落

まず2000年のITバブルで最も下落した指数は、ナスダックです。

この時のナスダックの下落率は▲75%と、とても大きな下落に見舞われました。

ナスダックはIT銘柄が主体のため、ITバブルでは最も被害が大きくなっています。

S&P500もIT銘柄が主体のため、下落率▲46%と大きく下落しています。

一方のNYダウは大型株主体でIT株が少ないため、ITバブルでは最も下落率が低くなりました。

リーマンショックでは均一に暴落

2008年のリーマンショックでは、すべての指数が、ほぼ均一に暴落しています。

下落率は3指数ともに49~53%の範囲となり、すべての指数が半値になりました。

強いて言えばNYダウの下落率が最も低く、大型株主体のため影響が小さくなりました。

コロナショックではダウが下落

一方、2020年のコロナショックでは、NYダウの下落が最も大きくなりました。

そしてナスダックの下落率が最も低くなっており、ITバブルとは真逆の傾向を示しています。

これはコロナショックでは、IT関連株への影響が少なかったためです。

よってIT株の少ないダウが最も下落し、IT株主体のナスダックの下落が最も小さくなりました。

 

NYダウ・ナスダック・S&P500の違い【総括】

アイキャッチ画像_4

 

ここまで「NYダウ・ナスダック・S&P500」の概要と、値動きの特性について比較してきました。

最後に3指数の特性と傾向について、総括したいと思います。

下記に「NYダウ・ナスダック・S&P500」の特性をまとめた、比較表を示します。

 

NYダウ ナスダック S&P500
成長率 〇+
安定度 ×
初心者向き
特徴 大型株主体 IT・新興株 幅広く網羅

 

成長率の高さはナスダック

成長率の高さでは、圧倒的にナスダックが強いです。

これは明らかに、IT・ハイテク株の多さに比例しています。

次いでS&P500もIT銘柄が主体となっているため、利回りが高くなっています。

NYダウも3指数の中では劣りますが、それでも十分に高い成長力を有しています。

 

安定度は大型株主体のダウ

逆に安定度の面では、NYダウが最も高いでしょう。

リスクとリターンは比例するので、リターンの大きいナスダックは、リスクも高くなります。

IT株主体で構成されるS&P500も、安定度は決して高くはありません。

 

初心者にはダウがおすすめ

以上の特性を踏まえると、初心者におすすめの指数は、NYダウとなるでしょう。

3指数のなかでは安定度が高いため、初心者にも継続しやすい傾向があります。

成長率では他に劣るものの、過去30年間の平均利回りは8.4%もあり、十分すぎるほどの成長力です。

これよりもリターンを追えば、同時にリスクも高まってしまうため、初心者には適さないでしょう。

 

まとめ

以上により、今回は「NYダウ・ナスダック・S&P500」の違いについて、比較で解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳ダウ・ナスダック・S&P500の違い【概要を比較】

✅NYダウとは

✅ナスダックとは

✅S&P500とは

 

🔳ダウ・ナスダック・S&P500の違い【値動きを比較】

✅平均利回りの実績を比較

✅暴落時の、下落幅を比較

 

🔳NYダウ・ナスダック・S&P500の違い【総括】

✅成長率の高さはナスダック

✅安定度は大型株主体のダウ

✅初心者にはダウがおすすめ

 

NYダウ・ナスダック・S&P500」の3指数は、それぞれにおいて特性が異なります。

上昇しやすい指数、下落しやすい指数があるので、自分のスタイルに合った指数を選定しましょう。

基本的に、リスクとリターンは比例します。

リターンを重視すれば、比例してリスクも高くなるため、十分注意するように心掛けましょう。