小林製薬の株価を予想!配当が21期連続増配の優良株



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「小林製薬の株価」を予想して、今後も上昇が続く理由について解説してきたいと思います。




🔳小林製薬の株価を予想【21期連続増配の優良株】

✅株価は右肩上がりで上昇中

✅純利益は22期連続で増益中

✅配当金は21期連続の増配中


🔳小林製薬の株価を予想【今後も上昇が続く理由】

✅2020年は、株価が急上昇

✅コロナ禍で、需要が急増

✅新商品発売で、業績拡大

✅株価は割高も、成長期待

✅業績成長は、今後も続く



小林製薬の株価は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】小林製薬の株価は、今後も右肩上がりの上昇を続けます。


同社の業績は現在、22期連続での増益成長を続けています。


配当も21期連続での増配を続けており、今後も成長が続くことで、株価の上昇も続いていくでしょう。


今回は「小林製薬の株価」を予想して、今後も上昇が続く理由について解説してきたいと思います。





小林製薬の株価を予想【21期連続増配の優良株】



それでは「小林製薬の株価」を予想していきましょう。


まずは小林製薬の、圧倒的な成長力について解説していきます。



株価は右肩上がりで上昇中

小林製薬の株価は、長期的に右肩上がりの上昇を続けています。


下図に直近20年間における、小林製薬の株価チャートを示します。


小林製薬(4967)株価チャート_20年



小林製薬の株価は、特に2013年から急激に上昇しており、直近8年間で、株価は6倍にまで上昇しました。


この株価の上昇を支えているのが、配当や業績の圧倒的な成長です。




配当金は21期連続の増配中

小林製薬の株価上昇を支えているのが、配当金の連続増配です。


下図に、小林製薬の配当金の推移を示します。



小林製薬(4967)配当金の推移

(21期連続増配)



小林製薬の配当は、毎年の増配を続けており、19年12月期で、21期連続増配を達成しました。


この配当金の連続増配は、投資家にとって、とても大きな魅力です。


この配当の増配に支えられ、小林製薬の株価は、右肩上がりの上昇を続けています。



🔹あわせて読みたい

👉連続増配株のおすすめ銘柄5選!安定×成長株を厳選




純利益は22期連続で増益中

そして小林製薬の株価と配当を支えているのが、業績の成長です。


小林製薬の業績は、長期的に右肩上がりの成長を続けています。


下図に直近5年間における、同社の業績推移を示します。



小林製薬(4967)当期純利益の推移

(単位:億円)



小林製薬(4967)業績推移と見通し

(四季報 20年9月18日更新)



特に純利益については、右肩上がりの連続増益を続けています。


そして19年12月期の増益で、なんと22期連続の増益を達成しました。


小林製薬の株は、この業績の圧倒的な成長力が魅力です。


この業績の長期的な成長により、株価や配当の安定が、しっかりと支えています。



🔹あわせて読みたい

👉グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選





小林製薬の株価を予想【今後も上昇が続く理由】



ここまで小林製薬の、圧倒的な成長力について解説してきました。


そして小林製薬の株価は、今後も上昇を続けるでしょう。


以下に、同社の成長が続く理由について解説していきます。



2020年は、株価が急上昇

2020年、小林製薬の株価は一段と上昇しました。


下図に直近2年間における、小林製薬の株価チャートを示します。


小林製薬(4967)株価チャート_2年



コロナが流行した20年3月から、小林製薬の株価は急騰しました。


たったの8ヶ月で、株価は1.5倍にまで上昇したのです。


その理由が、コロナ禍による衛生商品への需要増です。




コロナ禍で、需要が急増

コロナの流行で、除菌・衛生関連の商品への需要が急増しました。


下図は小林製薬のなかで、需要が急増した商品の一例です。



コロナ禍で除菌・衛生関連品が需要増



除菌・衛生関連への関心が高まり、これらの商品への需要が急増しました。


20年1-9月だけで、増収効果は33億円にまで達しています。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選




新商品発売で、業績拡大

そして小林製薬では、さらなる需要拡大へ向けて、新商品も次々と発売しています。


下図はウィズコロナへ向けて発売された、新商品の一例です。



ウィズコロナへ向けた新商品を9品目発売



コロナ関連だけで、すでに9品目もの新商品を送り出しています。


ウイルス対策や消毒、在宅ワーク向けの商品など、新しい需要は多岐にわたります。


小林製薬では、このような取り組みにより、さらなる業績成長へ向けたビジネスが推進されています。




株価は割高も、成長期待

株価の上昇が続く同社ですが、果たして株価は割高なのでしょうか?


下記に小林製薬の株価指標について、日経平均との対比を示します。



        日経平均  小林製薬

PER (倍)     24.6   50.1

PBR (倍)       1.2     5.5

配当利回り(%)     1.7     0.6


株価の指標(2020年11月時点)



これによると、すべての指標において、日経平均より2倍以上も割高な水準にあります。


よって小林製薬の株価は、やや過熱ぎみ、とも捉えられます。



しかし裏を返せば、「業績成長への期待が高まっていて、多くの投資家に買われている」ということです。


よって小林製薬の株は、多くの投資家に支持されていることから、今後も安定した業績成長が続く可能性が高いでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




業績成長は、今後も続く

小林製薬の業績予想では、今後も成長が続く見通しとなっています。


下図に小林製薬の、業績推移と予想値を示します。



小林製薬(4967)業績推移と見通し



上図の業績予想には、会社予想に加え、アナリストによるコンセンサス値も示されています。


これによれば20年12月期も増益が予想されており、コロナ禍でも、23期連続増益が達成される見通しです。


そして、その後の21年12月期においても、さらなる増益予想となっています。


よって小林製薬の業績は、今後も安定した成長が見込まれており、株価も安定した上昇が期待できるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する6つの理由





まとめ


以上により、今回は「小林製薬の株価」を予想して、今後も上昇が続く理由について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳小林製薬の株価を予想【21期連続増配の優良株】

✅株価は右肩上がりで上昇中

✅純利益は22期連続で増益中

✅配当金は21期連続の増配中


🔳小林製薬の株価を予想【今後も上昇が続く理由】

✅2020年は、株価が急上昇

✅コロナ禍で、需要が急増

✅新商品発売で、業績拡大

✅株価は割高も、成長期待

✅業績成長は、今後も続く



【結論】小林製薬の株価は、今後も右肩上がりの上昇を続けます。


同社の業績は安定した成長が続いており、配当の連続増配も続いていく見通しです。


さらにコロナ禍における強さも際立っており、増益成長を維持し、株価の上昇も続いています。


よって小林製薬の株価は、今後も安定した上昇が続いていくでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000