伊藤忠商事の株価は配当が魅力!今後の株価を予想



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は伊藤忠商事の「株価」と「配当」について解説し、今後の株価を予想していきたいと思います。




🔳伊藤忠商事の株価は配当が魅力【株主還元が高い】

✅株価は右肩上がりで上昇中

✅配当は持続的な増配が続く

✅安定した、高い配当利回り

✅配当性向の段階的な引上げ

✅今後の配当も、増配が続く


🔳伊藤忠商事の株価を予想【今後も安定が続く理由】

✅業績は、右肩上がりで成長中

✅積極的な、自社株買いの励行

✅株価指標はかなり割安な水準

✅今後の株価は、横ばいが続く



伊藤忠商事の、株価や配当について教えて・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



伊藤忠商事の株価は、長期的に右肩上がりの成長を続けています。


そして同社へ投資する最大の魅力が、株主還元の高さです。


伊藤忠商事の株は配当利回りが高く、配当金も右肩上がりの増配を続けています。


今回は伊藤忠商事の「株価」と「配当」について解説し、今後の株価を予想していきたいと思います。





伊藤忠商事の株価は配当が魅力【株主還元が高い】



それでは、伊藤忠商事の「株価」と「配当」について解説していきましょう。


まずは伊藤忠商事へ投資する最大の魅力である、株主還元の高さについて解説していきます。



株価は右肩上がりで上昇中

伊藤忠商事の株価は、長期的に右肩上がりの上昇を続けています。


下図に直近20年間における、伊藤忠商事の株価チャートを示します。


伊藤忠商事(8001)株価チャート_20年



株価はこの10年で4倍、20年で10倍にまで上昇しました。


このように伊藤忠商事の株価は、持続的に力強い成長を続けています。


また下図は、伊藤忠商事の株価と、時価総額の推移です。



伊藤忠商事(8001)株価・時価総額



株価の上昇に連れて、時価総額も右肩上がりで上昇しています。


この圧倒的な成長力により、伊藤忠商事の時価総額は、国内商社でNo.1の地位を確立しています。




配当は持続的な増配が続く

伊藤忠商事の株へ投資する最大の魅力が、配当金の持続的な増配です。


下図に伊藤忠商事における、配当金の推移を示します。



伊藤忠商事(8001)配当金の推移



このように伊藤忠商事の配当は、長期的に右肩上がりの増配を続けています。


20年度の配当も増配予定であり、これで6期連続の増配となることが確実です。



🔹あわせて読みたい

👉連続増配株のおすすめ銘柄5選!安定×成長株を厳選




安定した、高い配当利回り

伊藤忠商事の株は、配当利回りの高さも魅力です。


20年12月時点での配当利回りは2.9%、増配を加味した予想配当利回りは、実に3.0%に及びます。



日経平均の配当利回りの平均値は1.7%なので、伊藤忠商事の配当は、かなり高い水準といえます。


伊藤忠商事の株は、配当重視の投資家にとっては、魅力の大きい銘柄といえるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】




配当性向の段階的な引上げ

伊藤忠商事の株は、株主還元の高さが魅力です。


下図に伊藤忠商事における配当金と、配当性向の推移を示します。



配当金と配当性向の推移



このように伊藤忠商事では、配当性向の段階的な引き上げが実施されています。


そして今後の配当性向は、将来的に30%まで引き上げられる計画です。


配当性向を高めることは、多くの投資家にとって、魅力の大きい戦略といえるでしょう。




今後の配当も、増配が続く

伊藤忠商事の配当は、今後も増配が継続される見通しです。


下図に四季報における、伊藤忠商事の業績推移と見通しを示します。



伊藤忠商事(8001)業績推移と見通し

(四季報 20年9月18日更新)



ここには、22年3月期までの業績予想が記載されています。


上図の通り、伊藤忠商事の配当は、今後も持続的な増配が続く見通しです。


伊藤忠商事は、このような持続的な成長と、高い株主還元により、今後の株価も安定して推移するでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選





伊藤忠商事の株価を予想【今後も安定が続く理由】



ここまで伊藤忠商事の株価と、配当の魅力について解説してきました。


そして伊藤忠商事の株価は、今後も安定して推移するでしょう。


ここからは伊藤忠商事の株価を予想して、今後も安定が続く理由について解説していきます。



業績は、右肩上がりで成長中

伊藤忠商事の業績は、長期的に右肩上がりの成長を続けています。


下図に伊藤忠商事における、連結純利益と株価の推移を示します。



連結純利益と株価の推移



伊藤忠商事の業績はこのように、持続的な成長を続けています。


この業績成長に連動する形で、株価の上昇も続いてきました。


この業績成長を維持することができれば、伊藤忠商事の株価は、今後も上昇を続けるでしょう。




積極的な、自社株買いの励行

伊藤忠商事は株主還元の一環として、積極的な自社株買いも継続しています。


下記に伊藤忠商事における、自社株買いの実績推移を示します。



🔹自社株買いの実績

✅16年度:160億円

✅17年度:280億円

✅18年度:680億円

✅19年度:620億円



伊藤忠商事では上記のように毎年、自己株式の取得を続けています。


これにより伊藤忠商事の株価は、高い安定が保たれています。


このような株主還元が継続される限り、同社の株価は、今後も安定して推移するでしょう。




株価指標はかなり割安な水準

伊藤忠商事の株価は上昇が続いていますが、それでも株価はまだ割安な水準です。


下記に伊藤忠商事の「株価指標」について、日経平均との対比を示します。



              日経平均   伊藤忠商事

PER (会社予想)     24.9      10.9

PBR (倍)         1.2     1.5

配当利回り(会社予想)     1.7     3.0


株価の指標(2020年12月時点)



最も代表的な株価指標であるPERは、日経平均の40%ほどでしかありません。


配当利回りも、日経平均の2倍近いほどの高水準です。


このように伊藤忠商事の株価は、まだまだ割安な状況にあります。


よって業績をさらに成長させることができれば、伊藤忠商事の株価は、さらに一段と上昇するでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




今後の株価は、横ばいが続く

このまま一気に上昇しそうな伊藤忠商事の株価ですが、今後は一時的に「横ばい」になると予想します。


その理由は、業績成長の一時的な停滞です。


下図に伊藤忠商事における、業績推移と見通しを示します。



伊藤忠商事(8001)業績推移と見通し

(単位:百万円)



伊藤忠商事の業績は好調で、2期連続で当期利益5,000億円を達成していました。


しかし今後の予想値では21年、22年といずれも、5,000億円には到達しない見通しです。


売上高についても同様に、直近2期を下回る予想となっており、業績成長は一時的にストップする見込みです。


よって業績が再び成長へ転じるまでは、伊藤忠商事の株価は、大きく上昇することはないと予想します。



🔹あわせて読みたい

👉日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する6つの理由





まとめ


以上により、今回は伊藤忠商事の「株価」と「配当」について解説し、今後の株価を予想してきました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳伊藤忠商事の株価は配当が魅力【株主還元が高い】

✅株価は右肩上がりで上昇中

✅配当は持続的な増配が続く

✅安定した、高い配当利回り

✅配当性向の段階的な引上げ

✅今後の配当も、増配が続く


🔳伊藤忠商事の株価を予想【今後も安定が続く理由】

✅業績は、右肩上がりで成長中

✅積極的な、自社株買いの励行

✅株価指標はかなり割安な水準

✅今後の株価は、横ばいが続く



伊藤忠商事の株価は、長期的に右肩上がりの上昇を続けています。


同社の株価上昇を支えているのが、配当をはじめとする、株主還元の高さです。


伊藤忠商事の配当は持続的な増配が続いており、配当利回りも3%前後の高配当です。


今後の配当も増配が続く見通しであることから、伊藤忠商事の株価は、引き続き安定して推移するでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉高配当株への投資はリスクが高い4つの理由とは

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000