ヤマダ電機の株価はなぜ安い?今後の株価を予想



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「ヤマダ電機の株価」が安い理由について解説し、今後の株価を予想していきたいと思います。




🔳ヤマダ電機の株価はなぜ安い?停滞する4つの理由

✅①業績の成長が止まっている

✅②店舗数の増加もピークアウト

✅③18、19年と2期連続の減益

✅④直近の配当は23%も減配に


🔳ヤマダ電機の株価を予想!今後上昇する3つの理由

✅①ヤマダ電機は、コロナ禍に強い

✅②今後は増収・増益が続く見通し

✅③株価指標は、かなり割安な水準



ヤマダ電機の株価は、なぜ安いのかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】ヤマダ電機の株価が安い理由は、業績の成長が止まり、減益、減配が続いたためです。


ヤマダ電機の純利益は18年、19年と2期連続の減益が続き、20年には配当も減配されました。


しかし今後は増収・増益が続く見通しであることから、株価も徐々に上昇していくことでしょう。


今回は「ヤマダ電機の株価」が安い理由について解説し、今後の株価を予想していきたいと思います。




🔹【無料】WEBセミナー「お金の教養講座」


ヤマダ電機の株価はなぜ安い?停滞する4つの理由



それでは、「ヤマダ電機の株価」が安い理由について解説していきましょう。


ヤマダ電機の株価は、長らく停滞が続いています。



株価は停滞が続いている

ヤマダ電機(9831)株価チャート_30年



上図は過去30年間における、ヤマダ電機の長期株価チャートです。


ヤマダ電機の株価は、リーマンショック以後は10年以上もの間、株価の低迷が続いています。


ではヤマダ電機の株価は、なぜ低迷を続けているのでしょうか?


以下に、理由を解説していきます。




①業績の成長が止まっている

ヤマダ電機の株価が安い最大の理由は、業績の成長が止まったためです。


下図に直近20年間における、ヤマダ電機の業績推移を示します。



ヤマダ電機(9831)業績の長期推移



上図の通り2011年までは、右肩上がりの業績成長を続けてきました。


しかし2012年以降は急な減速となり、減収傾向が続いています。




②店舗数の増加もピークアウト

ヤマダ電機の成長が止まった事実は、店舗数の推移を見ても明らかです。


下図にヤマダ電機における、店舗数の推移を示します。



ヤマダ電機の店舗数の推移

(単位:店)



店舗数についても2014年までは、右肩上がりの増加を続けてきました。


しかし2015年以降は、店舗数の増加も止まっています。


ヤマダ電機ではこのように、ビジネスの成長が止まったことが、株安を招く要因となっています。




③18、19年と2期連続の減益

ヤマダ電機の業績は、利益の減少が続いています。


下図に直近5期分における、当期利益の推移を示します。



ヤマダ電機(9831)当期利益の推移

(単位:百万円)



ヤマダ電機の純利益は2018年3月期、2019年3月期と、2期連続の減益が続きました。


このような利益の連続減益が、株価が安くなる要因となりました。




④配当が23%も減配になった

ヤマダ電機では利益の減少に伴い、配当も減配となりました。


下図にヤマダ電機における、業績と配当の推移を示します。



ヤマダ電機(9831)業績推移と見通し

(四季報 20年12月16日更新)



このように20年3月期の配当は、23%も減配となりました。


基本的に配当を減配してしまえば、投資家の失望を招き、株価は安くなります。


ヤマダ電機の株価が安い理由は、このような減益や減配が続き、投資家の失望を招いたことが起因しています。



🔹あわせて読みたい

👉高配当株への投資はリスクが高い4つの理由とは





ヤマダ電機の株価を予想!今後上昇する3つの理由



ここまで、「ヤマダ電機の株価」が安い理由について解説してきました。


しかしヤマダ電機の株価は、これから上昇へ転じるでしょう。


以下にこれから株価が上昇する、3つの理由について解説していきます。



①ヤマダ電機は、コロナ禍に強い

ヤマダ電機のビジネスは、コロナ禍に強い点が魅力です。


2020年はテレワークや巣ごもり需要の影響で、AV、PC関連の需要が急増しました。


これにより同社の業績は、大幅な増益となっています。



特に緊急事態宣言の出ていた20年4-6月期の営業利益は、前期比+372%の大幅増益となりました。


今後も社会のDX(デジタル化)が推進されるため、デジタル製品の需要は高まるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選




②今後は増収・増益が続く見通し

ヤマダ電機の業績は、これから増収・増益が続く見通しです。


下図に、ヤマダ電機の業績推移と見通しを示します。



ヤマダ電機(9831)業績推移と見通し

(単位:百万円)



ここには、22年3月期までの業績予想が示されています。


売上は連続増収が続いており、22年3月期まで、5期連続の増収が続く見通しです。


当期利益も増益が続く見込みで、22年3月期まで、3期連続の増益となる見通しです。


特に21年3月期の営業利益は、前期比で2倍に迫る、大幅な増益予想となっています。



🔹あわせて読みたい

👉グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選




③株価指標は、かなり割安な水準

ヤマダ電機の株価は長らく低迷したため、株価はかなり割安な水準です。


下記にヤマダ電機の株価指標について、日経平均との対比を示します。



              日経平均  ヤマダ電機

PER (会社予想)   24.9     13.7

PBR (倍)          1.2       0.7

配当利回り(%)        1.7       1.9


株価の指標(2020年12月時点)



これによるとPER、PBRはともに、日経平均の60%ほどの低水準です。


配当も減配になったとはいえ、日経平均と比べれば、まだ高い利回りを維持しています。


このようにヤマダ電機の株価は、かなり割安な水準にあります。


よって業績が予定通りに増収・増益が続くならば、ヤマダ電機の株価は、必ず上昇するでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





まとめ


以上により、今回は「ヤマダ電機の株価」が安い理由について解説し、今後の株価を予想してきました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳ヤマダ電機の株価はなぜ安い?停滞する4つの理由

✅①業績の成長が止まっている

✅②店舗数の増加もピークアウト

✅③18、19年と2期連続の減益

✅④直近の配当は23%も減配に


🔳ヤマダ電機の株価を予想!今後上昇する3つの理由

✅①ヤマダ電機は、コロナ禍に強い

✅②今後は増収・増益が続く見通し

✅③株価指標は、かなり割安な水準



【結論】ヤマダ電機の株価が安い理由は、業績の成長が止まり、減益、減配が続いたためです。


18年、19年は2期連続の減益となり、20年3月期には配当も減配となりました。


しかしヤマダ電機の株価は、これから上昇へ転じるでしょう。


今後は増収・増益が続く見通しであることから、業績の回復とともに、株価も上昇していくことでしょう。



【無料】WEBセミナーで株を学ぶ

株式投資について学ぼうにも、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は一度、無料WEBセミナーを視聴してみると良いでしょう。


なかでもファイナンシャルアカデミーが配信している『お金の教養講座』なら、ネットで視聴できるWEBセミナーを無料開放しています。


今なら期間限定で、株などの資産運用について無料で学ぶことができるので、人気が高まっています。


»【無料】お金の教養講座 WEBセミナー


0コメント

  • 1000 / 1000