三菱UFJの株価・配当を予想!上昇する5つの理由



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「三菱UFJの株価・配当」を予想して、上昇する5つの理由を解説していきたいと思います。




🔳三菱UFJの株価・配当を予想!【現状を分析】

✅株価は、著しく低迷が続く

✅配当金は、高利回りを維持

✅株安の原因は、利益の減益


🔳三菱UFJの株価・配当を予想!上昇する5つの理由

✅①売上は増収が続いている

✅②今後は増益が続く見通し

✅③配当金も増配が続く予定

✅④株価はかなり割安な水準

✅⑤店舗・人員の削減で再建



三菱UFJの株価と配当は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】三菱UFJの株価・配当は、これから必ず上昇トレンドへ入ります。


これまでは業績不振が続いてきましたが、今後は少しずつ増益へと向かう見込みです。


配当金も増配が続いており、これから業績が上向き、さらに増配が続けば、株価は必ず上昇します。


今回は「三菱UFJの株価・配当」を予想して、上昇する5つの理由を解説していきたいと思います。





三菱UFJの株価・配当を予想!【現状を分析】



それでは「三菱UFJの株価・配当」について予想していきましょう。


まずは同社における、株価と配当の現状について整理しておきましょう。



株価は、著しく低迷が続く

三菱UFJの株価は、長らく、著しい低迷が続いています。


下図に直近20年間における、三菱UFJの株価チャートを示します。


三菱UFJフィナンシャルG(8306)株価チャート



三菱UFJの株価は、未だリーマンショック後の水準から回復できずに、10年以上も停滞が続いています。


特に直近では2018年からの2年間で、株価は再び半値にまで急落してしまいました。




配当金は、高利回りを維持

一方の配当金については、高利回りが維持されています。


21年1月時点での三菱UFJの配当利回りは5.1%と、驚異的な高配当となっています。


下図に三菱UFJにおける、配当金の推移を示します。


このように同社の配当金は、長期的に右肩上がりの増配が続いています。



三菱UFJフィナンシャルG(8306)配当金の推移



🔹あわせて読みたい

» 配当金は必ず再投資しよう おすすめの方法を紹介




株安の原因は、利益の減益

三菱UFJにおける株価下落の原因は、業績の不振です。


下図に三菱UFJの直近7年間における、純利益の推移を示します。



三菱UFJフィナンシャルG(8306)純利益の推移

(単位:億円)



このように三菱UFJの純利益は、右肩下がりの減益が続いています。


特に17年からの2年間で、同社の純利益は半分となってしまいました。


たったの2年間で利益が半分になってしまっては、株価が半値になるのも当然です。


この利益の減益こそが、三菱UFJにおける株価下落の原因で間違いありません。



🔹あわせて読みたい

» 高配当株への投資はリスクが高い4つの理由とは





三菱UFJの株価・配当を予想!上昇する5つの理由



ここまで「三菱UFJの株価・配当」の現状について整理してきました。


そして三菱UFJの株価・配当は、これから必ず上昇トレンドへ入ります。


以下に上昇する5つの理由について、1つずつ解説していきましょう。



①売上は増収が続いている

三菱UFJの売上高(経常収益)は、長期的に右肩上がりの成長を続けています。


下図に直近9年間における、三菱UFJの業績推移を示します。



三菱UFJフィナンシャルG(8306)業績推移



この9年間で、三菱UFJの売上高(経常収益)は、1.5倍に成長しました。


このような成長の傾向がある限り、三菱UFJの業績は、持続的な成長を続けるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選




②今後は増益が続く見通し

三菱UFJの業績は、減益が続いていましたが、今後は徐々に増益へと向かう見込みです。


下図に、三菱UFJの業績推移と見通しを示します。



三菱UFJフィナンシャルG(8306)業績推移と見通し

(単位:百万円)



20年3月期までは減益の傾向が続いてきましたが、今後は21年、22年と、連続増益が続く見通しです。


利益の安定した増益が続いていけば、三菱UFJの株価・配当は、少しずつ上昇へ転じるでしょう。




③配当金も増配が続く予定

三菱UFJの配当金は、今後も増配が続く見込みです。


下図に三菱UFJにおける、配当金の推移と見通しを示します。



三菱UFJフィナンシャルG(8306)配当金の見通し


三菱UFJフィナンシャルG(8306)業績推移と見通し

(四季報 20年12月16日更新)



グラフが示す通り、三菱UFJでは2023年度までに、配当性向を40%まで引き上げる計画です。


利益が増益へと転じ、配当性向も高まれば、配当金は確実に増配となります。


このような形で配当金の増配が続けば、株価も持続的に上昇していくでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 連続増配株のおすすめ銘柄5選!安定×成長株を厳選




④株価はかなり割安な水準

三菱UFJの株価は低迷が続いているため、株価はかなり割安な水準にあります。


下記に三菱UFJの株価指標について、日経平均との対比を示します。



         日経平均   三菱UFJ

PER (倍)           26.0      11.9

PBR (倍)       1.2     0.4

配当利回り(%)      1.6     5.1


株価の指標(2021年1月時点)



三菱UFJの株価指標は、日経平均と比べPERは半分以下、PBRは1/3の低水準です。


さらに配当利回りについては、日経平均の3倍以上の高水準です。


これらはすべて、三菱UFJの株価が「割安」であることを示しています。


よって今後の業績が向上へ転じれば、株価はたちまち上昇することでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




⑤店舗・人員の削減で再建

三菱UFJでは中期経営計画に基づき、23年度までに店舗・人員数の削減が進められています。


下図に、店舗・人員数の削減計画の状況と見通しを示します。


いずれも17年度比として、店舗数は▲40%、人員数は▲6,000名が削減される計画です。



三菱UFJフィナンシャルG(8306)店舗数の見通し



三菱UFJフィナンシャルG(8306)人員数の見通し

(単位:千人)



このように23年度までに店舗・人員等の削減が進められ、経営体質の強化が進められています。


銀行の姿はこのように、社会のデジタル化の流れにより、着実に変化しています。


コストが徐々に削減され、経営の健全化が進めば、三菱UFJの業績は将来、利益を生みやすくなります。


安定して利益を出せるようになれば、三菱UFJの株価は、少しずつ上昇へ転じるでしょう。



🔹あわせて読みたい

»【公開】私が資産運用を学ぶのに実践した5つの方法





まとめ


以上により、今回は「三菱UFJの株価・配当」を予想して、上昇する5つの理由を解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳三菱UFJの株価・配当を予想!【現状を分析】

✅株価は、著しく低迷が続く

✅配当金は、高利回りを維持

✅株安の原因は、利益の減益


🔳三菱UFJの株価・配当を予想!上昇する5つの理由

✅①売上は増収が続いている

✅②今後は増益が続く見通し

✅③配当金も増配が続く予定

✅④株価はかなり割安な水準

✅⑤店舗・人員の削減で再建



【結論】三菱UFJの株価・配当は、これから必ず上昇トレンドへ入ります。


これまでは業績が低迷し、利益の減益が続いてきましたが、今後は増益の傾向が続く見込みです。


利益が順調に増益となれば、配当金についても増配が続いていく見通しです。


予定通り増益・増配が続いていけば、三菱UFJの株価は、着実に上昇していくことでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する理由6選

» 株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000