ユニクロの株へ投資する魅力とは【圧倒的な成長力】



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「ユニクロの株へ投資する魅力」として、圧倒的な成長力について解説していきたいと思います。



「ユニクロの株って、まだまだ上がるのかな・・・?」


【結論】まだまだ、上がります。



ユニクロの株は、圧倒的なペースでの上昇を続けています。


2002年には2,000円台であった株価は、2019年にはすでに70,000円に迫る勢いで、この17年間で、株価はおよそ30倍にまで上昇しています。


ファーストリテイリング 20年チャート



特に2017年の末からは急激な上昇となっており、たったの2年間で、株価が2倍になるほどの上昇をみせています。


果たしてユニクロの株価は、まだ上昇するのでしょうか?


今回は「ユニクロの株へ投資する魅力」として、圧倒的な成長力について解説していきたいと思います。





ユニクロの株は圧倒的な成長力が魅力



それではユニクロの株の魅力である、圧倒的な成長力について解説していきましょう。


ユニクロの株へ投資するには、ファーストリテイリング(9983)という銘柄へ投資する必要があります。


ファーストリテイリング(9983)の業績推移を下記に示します。


売上、利益ともに順調に上昇を続けており、業績としては、まさに理想的な形での成長を続けています。




20年8月期はコロナの影響を受け、久々の減収・減益となる見込みですが、21年8月期には再び復調する見込みです。


このことからも、ユニクロの株は引き続き成長を続けることが期待されており、株価も右肩上がりでの上昇が続いています。




実際にユニクロの店舗数は、上図のとおり右肩上がりでの増加を続けています。


店舗数の増加を続けることで、売上も利益も増加を続けており、まさに理想的な形での成長が続いています。




ユニクロの株は、景気に左右されにくい

ユニクロの株は、「景気の影響を受けにくい」というメリットがあります。


ユニクロの基本コンセプトは、衣類をリーズナブルな価格で提供していることです。


その低価格が魅力となり、性別や世代を問わず、幅広い層に利用されています。



このようにユニクロは、国民の生活に密着した地位を確立しているため、多少景気が悪くなっても、売上が落ちにくい特性を持っています。


景気が悪いからといって、衣類を買うのをやめる人はいません。


むしろ景気が悪い時にこそ、ユニクロの低価格な商品の需要が高まります。



実際にリーマンショックの時には、多くの銘柄が暴落に見舞われるなか、ユニクロの株価だけは底堅く推移しました。


ユニクロの株はこのように、「景気動向の影響を受けにくい」という強みも兼ね備えています。



🔹あわせて読みたい

👉ニトリの株へ投資するメリットとは 圧倒的な成長力が魅力




ユニクロは日経平均に採用されている

ユニクロの株は「日経平均銘柄」に採用されていることも、株価を支えている要因の一つです。


ファーストリテイリングは日本の経済を代表する企業として、日経平均株価を構成する銘柄に採用されています。



日経平均に採用されていることで、株が買われやすくなります。


インデックスファンドやETFなどの大口需要家が、日経平均銘柄を定期的に買い続けるからです。


よってユニクロは業績の成長が続く限り、株価は今後も上昇する可能性が高いといえます。



🔹あわせて読みたい

👉マクドナルドの株価を予想!今が買い時な3つの理由





ユニクロの株は、すでに割高なのか



冒頭でもお話した通り、ユニクロの株価は凄まじい勢いでの上昇を続けています。


特に2017年からはたったの2年間で、株価が2倍以上にまで上昇しました。


ファーストリテイリング 3年チャート



ここまで急激に上昇したユニクロの株価は、すでに割高なのでしょうか。


まずは、株価の指標について見ていきましょう。


ここでユニクロの株価の指標を、日経平均の水準と比較したデータを下記に示します。



         日経平均  ユニクロ

PER (倍)     17.9    38.6

PBR (倍)       1.1      6.7

配当利回り(%)     2.1      0.8


株価の指標(2020年7月時点)



この指標によると、ユニクロの株価は通常の水準と比べ、かなり高くなっていることが分かります。


ユニクロの株価は日経平均の水準と比べ、PERで2倍、PBRでは6倍以上という、極めて高い水準になっているのです。


これは業績の成長が続いていることから、将来の見通しにおいても投資家からの期待が高く、株価が押し上げられているものと思われます。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




ユニクロの株 将来の成長への期待

このユニクロの株価の水準は、はたして妥当なものなのでしょうか。


たしかに現状では通常の水準と比べ、2~6倍も割高となっているのは事実です。


しかしユニクロは、業績の持続的な成長が続いています。


これに連れて配当金も少しずつ増配を続けており、将来への期待の高さが、株価をさらに押し上げる要因となっています。




よって現在の株価は割高でも、このペースで業績や配当の成長が続いた場合には、株価は今後も上昇するので、決して割高とはならないでしょう。


しかし、油断は禁物です。


現在の株価が割高であることは確かなので、少しでも業績の成長に陰りが見えれば、株価はすぐにでも暴落する可能性が高いといえます。


よってユニクロは、引き続き業績の成長を続けていくことが、株価上昇の必須要件となるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉オリエンタルランドの株を買ってはいけない理由





ユニクロの株 購入金額の高さがデメリット



ユニクロの株で唯一のデメリットとなるのが、購入金額の高さです。


2020年7月時点でのユニクロの株価は、およそ62,000円前後で推移しています。


よってユニクロの株主となるためには、最低100株で620万円もの投資が必要となる、超高額な銘柄となっています。



ここまで高額では、個人の投資家で、一つの銘柄へ620万円もの投資をすることは困難です。


そこでおすすめしたい方法が、SBI証券が販売している「単元未満株」の活用です。


SBI証券の「単元未満株」を活用すれば、1株からでも株を購入できるようになります。



1株であれば、いかに高額なユニクロの株においても、62,000円前後で株を買うことができます。


よって少額で投資したい方にとっては、SBI証券の「単元未満株」の活用がおすすめです。


👉SBI証券の公式サイトを見てみる





まとめ


以上により、今回は「ユニクロの株」へ投資する魅力について解説させて頂きました。


ユニクロの株は、その圧倒的な成長力の強さが魅力です。


このペースで業績や配当の成長が続いた場合には、10年先を見据えれば、株価はさらに上昇することでしょう。



しかし、油断は禁物です。


現在の株価はやや割高になっているので、少しでも業績の成長に陰りが見えれば、株価はすぐにでも暴落する可能性が高いといえます。


よってユニクロの株は、引き続き業績の成長を続けていくことが、株価上昇の必須要件となるでしょう。



🔹よく読まれている記事

👉コロナ禍でも株価が下がらない4つの理由とは

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選

0コメント

  • 1000 / 1000