「お金に好かれる人」に共通する3つの特徴とは?



はじめまして、投資家の関原大輔(@sekihara_d)です。


今回は「お金に好かれる人」の共通点として、3つの特徴について紹介していきたいと思います。



お金に恵まれるためには、お金に「好かれる」ことが大切です。


お金に嫌われてしまっては、一生、お金に苦労することになってしまいます。


「お金」と「人生」は切っても切れない関係であり、一生付き合っていく、とても大切な「パートナー」です。



「お金に好かれる人」には、ある一定の共通点があります。


お金に好かれることは、決して偶然の幸運などではありません。


「お金に好かれる人」になるためには、お金に好かれるための「行動」を取る必要があるのです。


今回は「お金に好かれる人」の共通点について、3つの特徴について紹介していきたいと思います。





お金に好かれる人の特徴① お金を大切にする



それでは「お金に好かれる人」の特徴について紹介していきましょう。


まず「お金に好かれる」ための基本原則として、お金に敬意を払い、感謝し、大切に扱うことが重要です。



お金に対する姿勢

✅お金に敬意を払う

✅お金を大切にする

✅お金に感謝する



お金を粗末に扱う人は、お金に嫌われるため、お金に恵まれることはありません。


「お金に好かれる」ためには、お金を大切に扱うことが重要です。




お金持ちの財布は「長財布」

お金を大切に扱うための一つの例が、財布です。

「お金に好かれる人」は、お金を丁寧に扱うことを好むので、長財布の場合が大半です。


お金を折って持ち歩く人は、お金を大切に扱う意識が欠けています。


本当にお金に敬意を払い、大切に扱う意識を持っていれば、お札を「折る」なんという行為はできないはずです。



例え話ですが、仮に1万円札ではなく「100万円札」があったとします。


100万円札を持っていたら、あなたは折りますか?

おそらく、折らないと思います。


1万円札に対しても、100万円札と同じように丁寧に扱うよう心掛ければ、長財布に丁寧に入れて保管するはずです。



「お金に好かれる人」はお金を丁寧に扱うので、お札の向きや順序にまでこだわります。


お金を大切に扱うには、まずはそういう意識を持つことから始めてみましょう。





お金に好かれる人の特徴② お金を貯めこまない



多くの日本人は、お金を貯めたいからといって、現金を自分のところに貯めこもうとします。


しかし多くの人が勘違いをしていますが、お金持ちになる人には、お金を貯めこもうとするような人は、まずいません。


お金を貯めこむ人のところには、お金は絶対に廻ってこないからです。




「お金に好かれる人」は、お金を動かす

「お金に好かれる人」は例外なく必ず、お金を動かします。


お金は動かすことで、経済が廻り、はじめて機能を発揮します。


「このお金は自分のもの」と現金(預金)で自分のところに貯めこもうとする行為は、お金にとって最も無駄な行動です。


あなたがお金を貯め込んでいる限り、そのお金は常に「死んでいる」からです。





お金持ちは現金を持たない

分かりやすい例え話をしましょう。


長者番付にランクインするような資産家で、資産を現金(預金)で持つような人は、絶対にいません。


ソフトバンクの孫正義社長や、ファーストリテイリング(ユニクロ)の柳井正社長が、資産を現金(預金)で貯めこんでいるとでも思いますか?


お金持ちには、そんな人は一人もいません。


現金(預金)で貯めこんでいる限り、お金持ちには、絶対になれないからです。



彼らの資産の99%は、株や不動産です。


お金は動かすことで、はじめて機能を発揮します。

正しく動かすことができれば、何倍にもなって自分のところへ返ってくるのです。




🔹今回の記事に関連するおすすめ書籍


お金に好かれる人の特徴③ お金をどんどん使う



「お金に好かれる人」は、お金を貯めこまずに、どんどん使います。


お金は「動かす」ことで、はじめて機能を発揮し、結果的に自分のところへ、何倍にもなって返ってくるからです。



お金の使い方

✅お金を投資する

✅お金で経験を買う

✅人にお金を使う




お金を投資する

お金は現金(預金)で貯めまずに、「投資」することが重要です。

お金は「投資」することで、機能をフルに発揮し、あなたにお金を運んできてくれます。


投資をすることで、お金が、お金を生んでくれるのです。


投資する方法ですが、誰にでも始められて、最も手軽に投資できる方法が、株式投資や投資信託でしょう。


株へ投資することで、あなたのお金は経済活動に使われて、あなたにリターンをもたらしてくれます。



🔹あわせて読みたい

👉投資を始めるなら「投資信託がおすすめ」初心者向け




投資で得られるリターンは?

株へ投資をすると、年に2回ほどの頻度で「配当金」をもらうことができます。


株主になれば平均で年利2.0~2.5%ほどの配当金を、定期的に受け取ることができるのです。


これだけでも、現金(預金)でお金を寝かせておくよりも、はるかに「お金」を引き寄せることができます。


さらに株価は、長期的には上昇を続けます。


じっくりと腰を据えて長期で投資をすれば、結果的に何倍にもなって返ってくるのです。



🔹あわせて読みたい

👉株はどれくらい儲かるの?期待できる運用利回りとは




お金で経験を買う

「お金に好かれる人」は、お金を使うことを惜しみません。

特に自分に意義のあることであれば、積極的にお金を使います。


お金に好かれる人は、お金で「経験」を買います。

その分かりやすい例が、旅行です。


旅行に行くことで、新たな土地の文化に触れることは、かけがえのない大きな経験です。


旅行にお金を使うことで、「経験」を買っているのです。



お金を貯めこもうとする人は、旅行へ行く回数も少なくなります。


それは結果的に、さまざまな経験を「放棄」することになり、自らの成長を妨げてしまいます。


お金に好かれる人は「経験」を買うことで、自らを成長させ、結果的にお金を引き寄せているのです。




人にお金を使う

「お金に好かれる人」は、お金を貯めこまないので、人にお金を使うことを拒みません。


「お金に好かれる人」は、人にお金を使うことで、結果的に自分に返ってくることを、本質的に分かっているのです。



反対に「ケチ」な人は、お金を貯めこもうとするので、他人にお金を使うことを極端に嫌います。


しかし「ケチ」になってお金を貯めこめば貯めこむほど、人もお金もついて来なくなるので、不思議とお金は逃げていきます。



お金は「動かす」ことで喜び、お金がお金を引き寄せてくれます。


「お金持ちには、お金が集まるようにできている」などという言葉を聞いたことがあると思います。


これは決して偶然の幸運などではなく、必然の結果なのです。





まとめ


以上により、今回は「お金に好かれる人」の共通点について、3つの特徴について紹介させて頂きました。


ここまで紹介してきた「お金に好かれる人」の特徴について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



お金に好かれる人の特徴

✅お金を大切に扱う

✅お金を貯めこまない

✅お金をどんどん使う



お金に好かれる人の特徴は、実にシンプルです。

まずはお金を大切に扱うこと。


そしてお金を自分のところに貯めこまずに、どんどん積極的に「動かす」ことです。

お金を貯めこむ人のところには、お金は絶対に廻ってきません。


お金は「動かす」ことで、はじめて機能を発揮し、何倍にもなって返ってくるのです。


お金は正しく「動かす」ことで、お金がお金を引き寄せてくれます。


皆さんもぜひ、お金を正しく動かす方法を学び、実践して、人生を豊かにしていきましょう。


0コメント

  • 1000 / 1000