コロナで株価への影響が特に大きい業種・銘柄5選



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回はコロナで株価への影響が大きい業種について、5つの銘柄を例に解説していきたいと思います。




株価の下落が大きい業種

✅観光・航空・ホテル業

✅小売・サービス・飲食業


株価が逆に上昇した業種

✅生活必需株

✅宅配・テイクアウト

✅物流・通販



株を持っている人なら誰でも、コロナの影響が気になりますよね?


「自分の資産がどんどん減ってしまうのでは・・・」


そんな不安が募り、心配になる人も多いと思います。



実はコロナの株価への影響は、業種によってかなりの差があります。


下落幅の大きい銘柄もあれば、逆にコロナをきっかけに、上昇した銘柄もあるのです。


今回はコロナで株価への影響が大きい業種について、5つの銘柄を例に解説していきたいと思います。





コロナの株価への影響 市場の値動きは?



まずは、市場の値動きから見ていきましょう。


下図に、直近6ヶ月の日経平均株価のチャートを示します。


日経平均株価の推移




コロナをきっかけに、株価が急落

チャート図からも明らかなように、コロナショックをきっかけに、株価が大きく下落しています。


コロナ前は24,000円まで迫っていた株価は、たったの1ヶ月で、一時は16,500円まで暴落してしまいました。



これは下落率にして、30%を超えています。


コロナをきっかけに、たったの1ヶ月で日経平均株価が30%以上も下落するという、未曽有の大惨事となってしまいました。




3月下旬からは徐々に回復

しかし株価の暴落はすでに止まっており、3月19日を底に、株価は反発を始めています。


3月下旬から4月にかけては、株価が大きく反発し、5月には20,000円前後にまで回復しました。


これは30%以上も下落したピーク時から、すでに半分ほどが回復した状況にあります。



🔹あわせて読みたい

👉コロナショックで株が絶好の買い時である6つの理由





コロナの株価への影響 下落の大きい業種・銘柄とは



それではコロナの影響が大きく、株価の下落が激しい銘柄は、どのような業種なのでしょうか。


今回の暴落で、特に下落の目立つ銘柄が、下記の業種です。



株価の下落が大きい業種

✅観光・航空・ホテル業

✅小売・サービス・飲食業




観光・航空・ホテル業

特に下落の激しい銘柄が、観光・航空・ホテル業です。


これらの業種はコロナの影響でキャンセルが相次ぎ、利用客の減少が止まりません。


特に下落の大きい銘柄の一つが、海外旅行・ツアーを手掛ける大手旅行代理店の、エイチ・アイ・エス(9603)です。


エイチ・アイ・エス(9603)



同社の株価が下落するのは、無理もありません。


コロナの影響で、もはや海外旅行どころではなくなってしまったからです。


同社の株価は半値以下にまで急落し、約60%も下落してしまいました。




小売・サービス・飲食業

続いて、営業自粛の影響で大打撃を受けているのが、小売・サービス・飲食業です。


大手のサービス業では、多くの施設・店舗で臨時休業の措置が取られており、業績の悪化は必至です。


一つの事例として、大手居酒屋チェーンの串カツ田中ホールディングス(3547)の株価を見てみましょう。


串カツ田中ホールディングス(3547)



飲食業のなかでも、特に居酒屋の状況は深刻です。


夜の営業が自粛となれば、夜しか営業していない居酒屋にとっては、致命的だからです。


同社の株価は大きく下落し、半値以下となる60%もの下落に見舞われてしまいました。


このように影響の大きい業種においては、株価が半値以下にまで急落してしまっているのです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が下落!大きく下落した業種・銘柄8選





コロナの影響 株価が上昇した業種・銘柄とは



一方でコロナをきっかけに、株価が上昇している銘柄もあります。


外出自粛の影響で、需要が伸びているビジネスです。



コロナで株価が上昇した業種

✅生活必需株

✅宅配・テイクアウト

✅物流・通販




生活必需株

コロナの影響で需要が伸びている業種の一つが、生活必需品です。


一時、日用品の「買い占め」が話題になりましたよね?



スーパーマーケットやドラッグストア、ホームセンターなどで、日用品の需要が急増しています。


ここで生活必需株として有名な、ライオン(4912)の株価を見てみましょう。


ライオン(4912)



ライオン(4912)の主力商品は、ハミガキなどのデンタル用品や、シャンプー、リンス、洗剤など、生活に欠かせないものばかりです。


今回は特にハンドソープなどの手洗い製品の需要も後押しし、売上の増加につながりました。



コロナをきっかけに株価は大きく上昇し、コロナ前よりも高い水準にまで高騰しました。


今回のような経済危機に直面すると、このような生活必需型の銘柄へ資金が流れ、株価が上昇する傾向にあります。




宅配・テイクアウト

コロナによる外出自粛の影響で、宅配・テイクアウトの需要が高まっています。


多くの飲食業が苦難するなか、宅配・テイクアウトの需要増を取り込み、株価が上昇している銘柄があります。


その代表的なモデルとなったのが、マクドナルド(2702)でしょう。


日本マクドナルドHD(2702)



マクドナルドでは全店で店内飲食の中止に踏み切ったものの、宅配、テイクアウト、ドライブスルーでの営業を続け、多くの需要を取り込みました。


特にドライブスルーは車から降りずに、人と接触することなくテイクアウトができるとあり、多くの車が行列を作りました。


飲食業の株価が暴落するなかで、マクドナルドの株価はコロナ前よりも上昇する、異例の成功となりました。



🔹あわせて読みたい

👉マクドナルドの株価を予想!今が買い時な3つの理由




物流・通販

コロナの影響で、物流・通販の需要も高まっています。


スーパーやドラッグストアなどでは「買い占め」が起きたように、むしろ需要が高まっており、物流の稼働も増加しています。


下図は佐川急便グループの持株会社である、SGホールディングス(9143)の株価推移です。


SGホールディングス(9143)



チャート図から明らかなように、コロナの影響で、株価が急速に上昇しています。


また外出自粛の影響でネット通販の需要も高まっていることも、物流の稼働を増やしており、「楽天(4755)」の株価なども急速に上昇しています。


このように外出自粛の影響で、需要が増える業種もあるので、投資先によっては十分チャンスもあります。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選





まとめ


以上により、今回はコロナで株価への影響が大きい業種について、5つの銘柄を例に解説させて頂きました。


ここまで紹介してきた5つの業種について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



株価の下落が大きい業種

✅観光・航空・ホテル業

✅小売・サービス・飲食業


株価が逆に上昇した業種

✅生活必需株

✅宅配・テイクアウト

✅物流・通販



このようにコロナの株価への影響は、業種によってかなりの差があります。


暴落している業種が目立つ一方で、逆にコロナをきっかけに、上昇した銘柄もあるのです。



外出自粛の影響で、むしろ需要が増える業種もあるので、投資先によっては十分チャンスもあります。


このような影響を早めに見極めて、なんとかコロナショックを乗り越えていきましょう。



【無料】WEBセミナーで株を学ぼう

株式投資について学ぼうにも、最初は何から始めれば良いのか分からない方も多いと思います。


そんな方は一度、無料WEBセミナーを視聴してみませんか?


なかでもファイナンシャルアカデミーが配信している『お金の教養講座』なら、ネットで視聴できるWEBセミナーを無料開放しており、今なら株などの資産運用について無料で学ぶ事ができるので、おすすめです。


👉お金の教養講座【無料】WEBセミナー


0コメント

  • 1000 / 1000