ソフトバンクグループの株価を予想【暴落リスクあり】



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「ソフトバンクグループの株価」を予想して、買ってはいけない7つの理由について解説していきたいと思います。




🔳ソフトバンクグループの株価はなぜ上昇?

✅株価は上昇も、業績は悪化

✅株価が上昇している理由とは

✅株価の上昇は、実力ではない



🔳ソフトバンクグループの株価予想【今後の見通し】

✅増配しても、まだまだ割高

✅3期連続での赤字が決定的

✅減配されれば株価は下がる

✅実体のない株価上昇は危険



ソフトバンクグループの株価って、まだ上がるのかな・・・?


そろそろ、割高なのでは・・・?


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】ソフトバンクグループの株価は、暴落するリスクが高まっています。


コロナの影響で3期連続の赤字見通しにも関わらず、株価が上がりすぎているためです。


今回は「ソフトバンクグループの株価」を予想して、買ってはいけない7つの理由について解説していきたいと思います。





ソフトバンクグループの株価はなぜ上昇?



それでは、ソフトバンクグループの株価について予想していきましょう。


2020年8月現在、コロナ禍で業績が悪化しているにも関わらず、同社の株価は急速に上昇しています。


ソフトバンクグループ(9984)20年チャート



しかしソフトバンクグループの株価は、実体とかけ離れ、やや上昇しすぎている点が懸念されます。


まずは、この急速な株価の上昇について検証していきましょう。



株価は上昇も、業績は悪化

ソフトバンクグループの株価は著しく上昇していますが、業績は急速に悪化しています。


20年3月期はコロナの影響を受け、営業利益は▲1兆3,646億円、純利益は▲9,616億円の大赤字となりました。


下図にソフトバンクグループの売上、および1株当たり純利益の推移を示します。



売上高の推移



1株当たり純利益



1株当たり純利益は3期連続の減益で、右肩下がりで減少しています。


このようにソフトバンクグループでは、上昇している株価とは対照的に、業績はかなり悪化しています。




株価が上昇している理由とは

それではなぜ、ソフトバンクグループの株価は上昇しているのでしょうか。


同社の株価が上昇している理由は、主に下記の3つです。


✅最大4兆5,000億円の資産売却

✅2兆5,000億円の自社株買い計画

✅投資先のアリババGの株価上昇



特に最大4兆5,000億円の資産売却によって、財務基盤が改善される見通しとなったことが、株価を押し上げました。


また総額2兆5,000億円もの自社株買い計画も、インパクトの強い計画です。


ソフトバンクグループではこのように、屈強な資金力を武器に、矢継ぎ早に戦略を打ち出すことで、株価が押し上げられています。




株価の上昇は実力ではない

同社ではこのように、資金力を武器に株価が押し上げられていますが、これらは急場を凌ぐ策であり、業績が改善されたわけではありません。


20年3月期の営業利益は▲1兆3,646億円の赤字であり、21年3月期の見通しにおいても、▲3,600億円の赤字となる見通しです。


このような状況での株価上昇は、決して実力によるものではありません。


急場を凌ぐことはできても、株価の持続的な安定を図るには、本業の業績を改善することが急務といえます。





ソフトバンクグループの株価予想 今後の見通しは?



ここまで、ソフトバンクグループの株価が上昇している理由について解説してきました。


ここからは、今後の株価の予想と見通しについて解説していきましょう。



増配しても、まだまだ割高

ソフトバンクグループの株価は上昇しすぎているため、やや割高な水準にあります。


下記は同社の株価指標を、日経平均と対比したものです。


これによると、前期が赤字決算のためPERは算定不能、PBRは通常の2倍を超える水準です。



         日経平均    ソフトバンクG

PER (倍)       18.6      - 

PBR (倍)         1.1     2.3

配当利回り(%)        2.2     0.7 


株価の指標(2020年8月時点)



また2019年には株式分割が行われ、同社の配当は実質2倍に増配されました。


しかしそれでも通常の水準と比べれば、配当利回りは1/3程度でしかありません。


配当は増配されましたが、それでもソフトバンクグループの株価は、かなり割高な水準にあります。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




3期連続での赤字が決定的

先述したように、ソフトバンクグループはコロナの影響を受け、業績が急速に悪化しています。


20年3月期の純利益は▲9,616億円という、巨額の大赤字を計上しました。


下図は四季報による、同社の業績推移と見通しです。



ソフトバンクグループ(9984)業績推移



この業績予想によると、ソフトバンクグループの純利益は、今後も赤字決算が続く見通しです。


21年3月期は▲5,600億円、22年3月期は▲600億円の赤字見通しです。


つまり同社の業績は、3期連続の赤字となることが決定的となっているのです。




減配されれば株価は下がる

ここまで赤字決算が続くようでは、配当が減配となる可能性も高いでしょう。


四季報による予想値では、0~44円と幅の広い予想となっていますが、減配となるリスクは大いにあります。


もしも減配が発表されれば、株価は大きく下落に転じるはずです。


このようにソフトバンクグループの株価は、いつ下落に転じてもおかしくなく、まさに綱渡りの状況にあるでしょう。




実体のない株価上昇は危険

このようにソフトバンクグループの業績は悪化し、3期連続の赤字が決定的となっているにも関わらず、株価は上がり続けています。


しかし先述したように、この株価の上昇は、決して実力によるものではありません。


実力を伴わない、実体とかけ離れた株価の上昇は、バブルの危険性があります。



現在は屈強な資金力を武器に、急場を凌いでいる状況ですが、株価はいつ暴落してもおかしくありません。


このようにソフトバンクグループの株価は、いつ暴落してもおかしくないため、決して過信せずに、十分に警戒しておく必要があるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が下落!大きく下落した業種・銘柄8選





まとめ


以上により、今回は「ソフトバンクグループの株価」を予想して、買ってはいけない7つの理由について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳ソフトバンクグループの株価はなぜ上昇?

✅株価は上昇も、業績は悪化

✅株価が上昇している理由とは

✅株価の上昇は、実力ではない



🔳ソフトバンクグループの株価予想【今後の見通し】

✅増配しても、まだまだ割高

✅3期連続での赤字が決定的

✅減配されれば株価は下がる

✅実体のない株価上昇は危険



【結論】ソフトバンクグループの株価は、暴落するリスクが高まっています。


これから3期連続の赤字となる見通しにも関わらず、株価はどんどん上昇しています。


実体の伴わない株価上昇は危険であり、バブルの危険性があります。


きちんと業績が回復して、本業で利益が出るようになるまでは、十分に警戒しておく必要があるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉今後の株価を予想【2020年】株価が上がる時期とは

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000