資生堂の株価の今後は?【当面は厳しい5つの理由】



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「資生堂の株価」の今後について、当面は厳しい5つの理由を解説していきたいと思います。




資生堂の株価の今後は?【当面は厳しい5つの理由】

✅ ①コロナで止まった急成長

✅ ②コロナで、株価は大暴落

✅ ③20年12月期は、赤字へ転落

✅ ④赤字の影響で、配当金も減配に

✅ ⑤業績悪化で、株価はかなり割高



資生堂の株価は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】コロナが完全終息するまでの2~3年は、株価の回復は難しいでしょう。


資生堂はこれまで急成長を遂げてきた好況から一転、20年12月期は▲220億円の赤字に転落する見通しです。


躍進を支えてきたインバウンドの需要が激減しており、コロナが終息するまでは、業績の回復は難しいでしょう。


今回は「資生堂の株価」の今後について、当面は厳しい5つの理由を解説していきたいと思います。





資生堂の株価の今後は?【当面は厳しい5つの理由】



それでは「資生堂の株価」について、今後の見通しを占っていきましょう。


同社ではコロナの影響で業績の低迷が避けられず、しばらくは厳しい状況が続くでしょう。



①コロナで止まった急成長

資生堂ではこれまで、インバウンド需要の急増に伴い、業績も株価も大きな成長を遂げてきました。


下図は、資生堂の直近20年間における株価チャートです。


資生堂(4911)20年チャート



これを見れば、この4年ほどで、資生堂の株価は大きく上昇したことが分かります。


特に2017年からは大きく高騰し、たったの1年で、株価は3倍にまで上昇しました。


これを裏付けるように、資生堂の業績は、売上も利益も大きな成長を続けてきました。



売上高

(単位:億円)



当期純利益



ここまで順調な成長を続けてきた資生堂でしたが、20年の新型ウイルスの影響で、状況は一変します。


店舗が休業した影響と、インバウンドが激減したことで、業績の成長が完全に止まってしまったのです。




②コロナで株価は大暴落

中国で新型ウイルスが流行し、インバウンドが減り始めてから、資生堂の株価は急落を始めました。


下図は資生堂における、直近1年間の株価チャートです。


資生堂(4911)1年チャート



19年11月には9,000円まで高騰していましたが、その後は急速に下落し、3月には5,500円を割り込むまで急落しました。


たったの3ヶ月半で、株価は▲40%も下落してしまったのです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が下落!大きく下落した業種・銘柄8選




③20年12月期は、赤字へ転落

20年8月の中間決算報告にて、通期の業績予想が修正されました。


19年の純利益は+736億円の黒字でしたが、20年12月期では、▲220億円の赤字の見通しとなりました。



20年12月期の業績見通し

(単位:億円)



これまで大きな躍進を遂げてきた資生堂ですが、コロナの影響で状況は一転、赤字の見通しとなりました。


下図は国内店舗における販売状況の影響を、前年比で示したものです。



日本での販売実績(前年比)



これによると、店頭売上は徐々に回復傾向にあるものの、インバウンドの需要は落ち込んだままで、回復が見込めません。


よって業績が回復するには、コロナが完全な終息を迎え、インバウンドの需要が戻るまでは難しいでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価への影響が特に大きい業種・銘柄5選




④赤字の影響で、配当金も減配に

業績が赤字となった影響で、配当金は早くも減配となりました。


下図にこれまでの資生堂における、配当金の推移を示します。



配当金の推移



これまで右肩上がりで増えてきた配当金も、コロナの影響で一転、あっさりと減配となりました。


このように、配当を早々に減配させたことも、株価が暴落した要因の一つです。


よって株価を回復させるには、業績を回復させ、配当も再び60円まで引き戻す必要があるでしょう。




⑤業績悪化で、株価はかなり割高

ここまで解説してきた通り、資生堂は業績が悪化してしまった影響で、株価がかなり割高になりました。


下記は資生堂の株価指数を、日経平均と対比したものです。



        日経平均   資生堂

PER (倍)     21.0     -

  PBR (倍)       1.1     4.6

 配当利回り(%)      2.0     0.7


株価の指標(2020年8月時点)



今期は利益が赤字の見通しとなったことから、PERは算定不可となってしまいました。


PBRは日経平均の4倍以上も高く、配当利回りも減配した影響で0.7%と、日経平均の1/3ほどの低水準です。


このような状況も、資生堂の株価を下落させた要因の一つです。


よって株価を回復させるには、一刻も早く業績を回復させて、配当も増配していくしかないでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





まとめ


以上により、今回は「資生堂の株価」の今後について、当面は厳しい5つの理由を解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



資生堂の株価の今後は?【当面は厳しい5つの理由】

✅ ①コロナで止まった急成長

✅ ②コロナで、株価は大暴落

✅ ③20年12月期は、赤字へ転落

✅ ④赤字の影響で、配当金も減配に

✅ ⑤業績悪化で、株価はかなり割高



【結論】コロナが完全終息するまでの2~3年は、株価の回復は難しいでしょう。


資生堂の20年12月期の業績予想では、純利益が▲220億円の赤字となる見通しです。


業績悪化に伴い、配当も早々に減配されており、株価は一気に下落してしまいました。



資生堂の株価が回復するには、コロナが終息して、業績を改善し、配当を増配させることが必須です。


それには早くても2~3年はかかるので、それまでの間は、株価の回復は難しいでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉今後の株価を予想【2020年】株価が上がる時期とは

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000