NTTの株価を予想!今後も必ず上昇する9つの理由

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「NTTの株価」を予想して、今後も必ず上昇する9つの理由を解説していきたいと思います。

 

 

🔳NTTの株価を予想【必ず上昇する9つの理由】

✅①株価は右肩上がりで上昇中

✅②業績がとても安定している

✅③配当金は10期連続で増配中

✅④配当利回りが、かなり高い

✅⑤積極的な自社株買いの継続

✅⑥株価は、かなり割安な水準

✅⑦NTTドコモを完全子会社化

✅⑧企業としての持続的な成長

✅⑨22年3月期は大幅増益予想

 

NTTの株価は、今後どうなるのかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

 

【結論】NTTの株価は、今後も必ず上昇を続けます。

NTTの株は、配当利回りが高く、現在10期連続で増配を続ける優良株です。

2020年にはドコモの完全子会社化に成功、今後も増収・増益が見込まれています。

今回は「NTTの株価」を予想して、今後も必ず上昇する9つの理由を解説していきたいと思います。

 

絶対に勝てる方法、教えます

 

NTTの株価を予想【必ず上昇する9つの理由】

 

それでは「NTTの株価」について予想していきましょう。

以下にNTTの株価が今後も上昇する、9つの理由を解説してきます。

 

①株価は右肩上がりで上昇中

NTTの株価は、長期的に右肩上がりの上昇を続けています。

下図に直近20年間における、NTTの株価チャートを示します。

 

日本電信電話(9432)株価チャート_20年

 

このように多少の波はあるものの、長期投資に徹すれば、右肩上がりで上昇していることが分かります。

特に直近10年間で、NTTの株価は3倍に上昇しました。

同社の株価は今後も長期的に、右肩上がりで上昇する可能性が高いでしょう。

 

②業績がとても安定している

NTTの株は、業績の安定度の高さが魅力です。

下図に、NTTの業績推移を示します。

 

日本電信電話(9432)売上高の推移

(単位:億円)

 

日本電信電話(9432)営業利益の推移

(単位:億円)

 

日本電信電話(9432)業績推移と見通し

(四季報 21年3月19日更新)

 

NTTの業績は、特に大きな変動もなく、常に安定した推移を維持しています。

特にコロナ禍となった2020年度においても、業績にはまったく影響がありませんでした。

このように同社のビジネスは、生活必需型の傾向が強いことが特徴です。

この安定度を武器に、NTTの株は、今後も安定した上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】

 

③配当金は10期連続で増配中

NTTの株は、株主還元の高さが魅力です。

下図にNTTにおける、配当金の推移を示します。

 

日本電信電話(9432)配当金の推移

 

NTTは毎年の増配を続けており、21年3月期で、10期連続の増配を続けています。

上図の通り17年間で、同社の配当は8.4倍にまで増加しています。

このような配当の連続増配は、株主にとっては大きな魅力です。

この連続増配が続く限り、NTTの株価は、引き続き上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 連続増配株のおすすめ銘柄5選!安定×成長株を厳選

 

④配当利回りが、かなり高い

NTTの株は、配当利回りの高さも魅力です。

NTTの配当利回りは21年4月時点で、実に3.7%に及びます。

日経平均の配当利回りは1.6%なので、同社の配当は、平均値より2.3倍も高いことになります。

このような高配当が続く限り、NTTの株価は、今後も上昇を続けるでしょう。

 

⑤積極的な自社株買いの継続

NTTでは自社株買いについても、積極的な推進を継続しています。

下図にNTTにおける、自己株式取得の累計推移を示します。

 

日本電信電話(9432)自己株式取得(累計)

(単位:億円)

 

NTTではこのように、毎年の自己株式取得を進め、株主還元を継続しています。

このような自社株買いの継続も、株主にとっては大きな魅力です。

長期で保有すれば、株式の価値がどんどん高まるためです。

このような株主還元が継続される限り、NTTの株価は、今後も上昇を続けるでしょう。

 

⑥株価は、かなり割安な水準

NTTの株価は現在、かなり割安な水準にあります。

下記にNTTの株価指標について、日経平均との対比を示します。

 

        日経平均    NTT

PER (倍)          22.8   12.3

PBR (倍)      1.3     1.1

配当利回り(%)     1.6     3.7

株価の指標(2021年4月時点)

 

NTTのPERは12.3倍と、日経平均の半分に近い割安な水準です。

先述した通り配当利回りも圧倒的に高く、PBRも平均値より15%ほども割安です。

総合してNTTの株価は、かなり割安な水準にあります。

よって今後の業績も安定が続く限り、同社の株価は、引き続き上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは

 

⑦NTTドコモを完全子会社化

2020年、NTTはドコモの「完全子会社化」を実現させました。

これにより、NTTはグループ全体としての成長を、より加速させることになるでしょう。

 

 

NTTドコモは現在、次世代通信5Gの普及促進を、急ピッチで進めています。

5Gの通信環境が整えば、NTTはグループ全体として、さらなる成長フェーズへ向かうことでしょう。

 

⑧企業としての持続的な成長

NTTは企業として、理想的な成長を続けています。

下図にNTTにおける従業員数と、人件費の推移を示します。

 

日本電信電話(9432)従業員数の推移

(単位:人)

 

人件費の推移(NTT東日本+NTT西日本)

(単位:億円)

 

NTTの従業員数はグループ全体として、右肩上がりの拡大を続けています。

一方でNTT東とNTT西では図下のように、人件費を削減する動きも進められています。

同社ではこのような形で、グループの成長と、コストの削減が同時に進められています。

まさに理想的な成長の形であり、NTTグループは今後も、持続的な成長を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選

 

⑨22年3月期は大幅増益予想

NTTの業績は、今後も増収・増益が続く見込みです。

下図に、NTTの業績推移と見通しを示します。

今後の業績も安定して推移しつつ、堅調な成長が続く見通しです。

 

日本電信電話(9432)業績推移と見通し

(単位:百万円)

 

22年3月期は増収・増益の見込みで、特に当期利益については、大幅な増益が予想されています。

このような形でNTTの業績は、今後も成長が続く見込みです。

業績の成長を持続させることができれば、NTTの株価は、今後も上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

【完全講義】勝率100%!株式投資で絶対負けない投資法

まとめ

以上により、今回は「NTTの株価」を予想して、今後も上昇する9つの理由を解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳NTTの株価を予想【必ず上昇する9つの理由】

✅①株価は右肩上がりで上昇中

✅②業績がとても安定している

✅③配当金は10期連続で増配中

✅④配当利回りが、かなり高い

✅⑤積極的な自社株買いの継続

✅⑥株価は、かなり割安な水準

✅⑦NTTドコモを完全子会社化

✅⑧企業としての持続的な成長

✅⑨22年3月期は大幅増益予想

 

【結論】NTTの株価は、今後も必ず上昇を続けます。

NTTの配当は10期連続の増配を続けており、高配当が魅力の優良株です。

直近ではドコモの完全子会社化に成功しており、22年3月期も大幅増益となる見通しです。

このような成長が続く限り、NTTの株価は、今後も上昇を続けるでしょう。

 

🔹あわせて読みたい

» 資産運用セミナー【無料】で学べるおすすめ講座3選

» これから上がる株の銘柄5選!必ず上がる銘柄を厳選