コニカミノルタの株価が今後、上昇する5つの理由

アイキャッチ画像_1

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「コニカミノルタの株価」の今後について、上昇する5つの理由を解説していきたいと思います。

  株の先生

 

🔳コニカミノルタの今後の株価【暴落の原因とは】

✅株価は長らく低迷が続く

✅業績は2期連続の減収減益

✅純利益も2期連続の赤字

✅苦境にコロナが追い打ち

 

🔳コニカミノルタの株価が今後、上昇する5つの理由

✅今後は増収・増益が続く

✅最悪の時期は脱している

✅配当利回りがかなり高い

✅株価はかなり割安な水準

✅DX支援で復調を目指す

 

コニカミノルタの株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

コニカミノルタの株価が気になる

 

【結論】コニカミノルタの株価は今後、必ず上昇へ転じます。

同社の業績は2期連続の赤字が続き、株価も暴落していましたが、すでに最悪の時期は脱しています。

今後は「増収・増益が続く」ことが確実となっており、株価は必ず復調するでしょう。

今回は「コニカミノルタの株価」の今後について、上昇する5つの理由を解説していきたいと思います。

 

 

コニカミノルタの今後の株価【暴落の原因とは】

アイキャッチ画像_2

 

それでは「コニカミノルタの株価」の今後について、予想していきましょう。

まずは同社における、株価と業績の現状から整理していきましょう。  

 

株価は長らく低迷が続く

コニカミノルタの株価は、長らく低迷が続いています。

下図に直近20年間における、コニカミノルタの株価チャートを示します。  

 

コニカミノルタの株価チャート_20年

コニカミノルタ(4902)株価チャート_20年

 

同社の株価は2015年には一時、1,600円を超えるまでに上昇していました。

それが2020年には、250円まで下落してしまったのです。

たったの5年間で株価が15%になってしまう、大暴落となりました。

ではこの暴落は、果たして何が原因だったのでしょうか?  

 

業績は2期連続の減収減益

コニカミノルタの株価が暴落している原因は、業績の低迷です。

下図に、コニカミノルタの業績推移を示します。  

 

コニカミノルタ(4902)業績推移と見通し

コニカミノルタの業績推移と見通し

(四季報 21年9月17日更新)

 

コニカミノルタ(4902)売上高の推移

コニカミノルタ_売上高の推移

 

同社の業績は21年3月期まで、2期連続の減収・減益が続いています。

同時期に配当金も、30円から25円へと減配されました。

同社ではこのように、株価も業績も配当も、下降の一途をたどっています。  

 

純利益も2期連続の赤字

なかでも特に致命的となったのは、純利益の連続赤字です。

下図にコニカミノルタにおける、純利益の推移を示します。

 

コニカミノルタ(4902)純利益の推移

コニカミノルタ_純利益の推移  

コニカミノルタでは上図の通り、2期連続の赤字決算が続いています。

特に直近の21年3月期の純利益は▲152億円と、巨額の赤字を計上しました。

このような業績の低迷により、株価は大きな暴落に陥っています。

 

苦境にコロナが追い打ち

この業績不振に追い打ちをかけたのが、2020年のコロナショックです。

ただでさえ低迷していた状況にコロナが加わり、株価はさらに暴落してしまいました。

コロナ禍でオフィスへの出社率が低下し、プリントレスの加速が懸念されたためです。

コニカミノルタにとっては業績不振にコロナが加わり、まさに最悪の時期となってしまいました。

 

コニカミノルタの株価が今後、上昇する5つの理由

アイキャッチ画像_3

 

ここまで、株価と業績の現状について整理してきました。

そしてコニカミノルタの株価は今後、必ず上昇へ転じます。

以下に株価が上昇する5つの理由について、1つずつ解説していきましょう。

 

今後は増収・増益が続く

ここまで低迷が続いていた同社の業績ですが、今後は復調へと向かう見込みです。

下図に、コニカミノルタの業績推移と見通しを示します。

 

コニカミノルタ(4902)業績推移と見通し

(単位:百万円)

コニカミノルタの業績推移と見通し

 

これまで2期連続の赤字が続きましたが、今後は増収・増益へと転じる見込みです。

純利益も着実に黒字化し、今後は190億→250億へと、連続増益が予想されています。

業績が想定通りに上向けば、コニカミノルタの株価は、必ず上昇へ転じるでしょう。

 

 

最悪の時期は脱している

ここまで解説したように、コニカミノルタの業績は、21年3月期が最悪期であることが分かります。

実際に同社の株価は、すでに上昇を始めています。

下図に直近10年間における、コニカミノルタの株価チャートを示します。

 

コニカミノルタの株価チャート_10年

コニカミノルタ(4902)株価チャート_10年

 

コニカミノルタの株価は20年10月を底に、以降は上昇へと転じています。

先述したように今後の業績も、増収・増益が続くことが確実視されています。

よってコニカミノルタの株価と業績は、すでに最悪期を脱しています。

今後は業績の復調とともに、株価も上昇を続けるでしょう。

 

配当利回りがかなり高い

コニカミノルタの株は、配当利回りの高さが魅力です。

下図に同社における、配当金の推移を示します。  

 

コニカミノルタ(4902)配当金の推移

(単位:円)

コニカミノルタ_配当金の推移

 

コニカミノルタの配当は業績低迷を受けて、19~20年度は25円へ減配となりました。

しかし21年度の会社予想では、再び30円へと増配される見通しです。

予定通りに30円へ増配されれば、同社の配当利回りは、実に5.0%に及びます。

そうなればコニカミノルタの株価は、間違いなく上昇するでしょう。

 

株価はかなり割安な水準

コニカミノルタの株価は直近で大きく暴落したため、現在はかなり割安な水準にあります。

下記に同社の株価指標について、日経平均との対比を示します。

コニカミノルタのPBRは0.6倍と、平均値の半分以下の水準まで低下しています。

 

株価の指標(2021年9月時点)

    日経平均 コニカミノルタ
PER(会社予想) 14.0 15.7
PBR 1.3 0.6
配当利回り 1.9 5.0

 

予想配当利回りも5.0%と、平均値より2.6倍も高い水準に達しています。

これらの数値は、コニカミノルタの株価が割安であることを示しています。

株価が割安であることから、今後の業績さえ上向けば、株価は必ず上昇するでしょう。

 

 

DX支援で復調を目指す

同社ではコロナ禍による需要低迷が懸念されましたが、すでに新事業の展開が進められています。

現在はテレワークの業務支援など、デジタルワークを促進するサービスの拡大が進められています。

 

コニカミノルタのDX_1   コニカミノルタのDX_2   コニカミノルタのDX_3

 

また自治体の業務分析による効率化や、ペーパーレス化を支援するサービスも進められています。

コニカミノルタではこのように、社会情勢の変化に合わせ、事業形態の変革が進められています。

社会の「IT化、DX化」の波へ追従できれば、同社の業績は必ず回復するでしょう。

 

まとめ

以上により、今回は「コニカミノルタの株価」が今後、必ず上昇する5つの理由を解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳コニカミノルタの今後の株価【暴落の原因とは】

✅株価は長らく低迷が続く

✅業績は2期連続の減収減益

✅純利益も2期連続の赤字

✅苦境にコロナが追い打ち

 

🔳コニカミノルタの株価が今後、上昇する5つの理由

✅今後は増収・増益が続く

✅最悪の時期は脱している

✅配当利回りがかなり高い

✅株価はかなり割安な水準

✅DX支援で復調を目指す

 

【結論】コニカミノルタの株価は今後、必ず上昇へ転じます。

同社の業績は低迷が続いていましたが、すでに最悪の時期は脱しています。

今後の業績は「増収・増益が続く見込み」であり、配当も増配が予想されています。

予定通りに増収・増益・増配となれば、コニカミノルタの株価は、間違いなく上昇するでしょう。