三菱重工の株価が今後、必ず上昇する4つの理由とは

アイキャッチ画像_1

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「三菱重工の株価」の今後について、必ず上昇する4つの理由を解説していきたいと思います。

 

株の先生

 

🔳三菱重工の株価は今後どうなる?直近の暴落を分析

✅5年間で株価は1/4に大暴落

✅直近は2期連続の減収・減益

✅配当金も半値となる大幅減配

✅コロナで減産の影響が大きい

 

🔳三菱重工の株価が今後、必ず上昇する4つの理由

✅今後は増収・増益の見込み

✅配当金も増配が続く見通し

✅株価は、かなり割安な水準

✅コロナからの回復が鮮明に

 

三菱重工の株価は、今後どうなるかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

三菱重工の株価が気になる

 

【結論】三菱重工の株価は今後、必ず上昇へ転じます。

同社の株価はコロナで大きく下落しましたが、すでに業績回復の目途は立っています。

今後は「増収・増益・増配」が続くことが確実であり、株価は必ず上昇するでしょう。

今回は「三菱重工の株価」の今後について、必ず上昇する4つの理由を解説していきたいと思います。

 

 

三菱重工の株価は今後どうなる?直近の暴落を分析

アイキャッチ画像_2

 

それでは「三菱重工の株価」の今後について、予想していきましょう。

まずは株価と業績の、現状から整理していきましょう。

 

5年間で株価は1/4に大暴落

三菱重工の株価は、2015年から大きな下落が続きました。

下図に直近20年間における、三菱重工の株価チャートを示します。

 

三菱重工の株価チャート_20年

三菱重工業(7011)株価チャート_20年

 

2015年には8,000円まで上昇していた株価が、2020年には2,200円まで下落しました。

たったの5年間で、株価が1/4にまで暴落してしまったのです。

ではこの暴落は、果たして何が要因となったのでしょうか?

 

直近は2期連続の減収・減益

三菱重工の株価が暴落した要因は、業績の低迷です。

下図に三菱重工における、売上高と純利益の推移を示します。

 

三菱重工業(7011)売上高の推移

三菱重工_売上高の推移

 

三菱重工業(7011)純利益の推移

三菱重工_純利益の推移

 

上図が示す通り、同社の業績は3期連続の減収、2期連続の減益が続いています。

特に21年3月期の落ち込みは大きく、売上高▲8%、純利益▲53%と大きく落ち込みました。

これにより三菱重工の株価は、大きく下落してしまったのです。

 

 

配当金も半値となる大幅減配

また同社では業績の低迷に連動し、配当金も大幅に減配されました。

下記に三菱重工における、配当金の推移を示します。

 

配当金の推移

17年3月期 120円
18年3月期 120円
19年3月期 130円
20年3月期 150円
21年3月期 75円

 

これまで少しずつ増配してきた配当金が、21年3月期には半値の75円となる、大幅減配となりました。

配当金が半値になってしまっては、株価が暴落するのも当然といえるでしょう。

 

コロナで減産の影響が大きい

三菱重工の業績低迷は、コロナの影響を大きく受けました。

下図に同社が決算説明で示した、コロナによる影響の概要を示します。

 

コロナの業績への影響(20年度)

コロナの業績への影響

 

コロナの影響で民間航空機への需要が落ち込んだほか、プラント関連の受注も大きく落ち込みました。

これにより21年3月期の決算は、大きな減収・減益に見舞われたのです。

ここまで取り上げた複数の要因が、株価を暴落させた原因といえるでしょう。

 

三菱重工の株価が今後、必ず上昇する4つの理由

アイキャッチ画像_3

 

ここまで三菱重工における、株価と業績の現状について整理してきました。

これまで業績低迷が続きましたが、三菱重工の株価は今後、必ず上昇へ転じます。

以下に株価が上昇する4つの理由について、1つずつ解説していきましょう。

 

今後は増収・増益の見込み

三菱重工の業績はこれまで低迷が続きましたが、今後は増収・増益へと転じる見込みです。

下図に、三菱重工の業績推移と見通しを示します。

 

三菱重工業(7011)業績推移と見通し

三菱重工の業績推移と見通し

(四季報 21年6月18日更新)

 

22年3月期の業績予想は増収・増益で、特に営業利益は前期比3倍となる、大幅増益の見込みです。

さらに、その後の23年3月期の業績予想でも、2期連続の増収・増益が続く見通しです。

このように三菱重工の業績は、これから増収・増益が続くことが確実です。

予想通りに増収・増益が続けば、三菱重工の株価は、必ず上昇へ転じるでしょう。

 

 

配当金も増配が続く見通し

同社では業績の回復に連動し、配当金も増配されていく見通しです。

下図に三菱重工における、配当金の推移と見通しを示します。

 

配当金の推移と見通し

三菱重工_配当金の推移と見通し

 

20年度は配当が半値となる大幅減配となりましたが、今後は少しずつ増配されていく見通しです。

上図の通り、21年度の配当は90円となる見通しで、少しずつですが増配される見込みです。

また上図で公表している目標値では、23年度には160円まで増配させたい計画です。

このような形で増配が続いていけば、三菱重工の株価は、必ず上昇へ転じるでしょう。

 

株価は、かなり割安な水準

三菱重工の株価は、この数年で大きく下落した影響で、かなり割安な水準にあります。

下記に同社の株価指標について、日経平均との対比を示します。

 

株価の指標(2021年8月時点)

日経平均 三菱重工
PER(会社予想) 12.6 10.5
PBR 1.2 0.7
配当利回り 2.1 3.2

 

三菱重工の株価はPER、PBR、配当利回りとすべての指標において、平均値よりも割安な水準です。

特に配当利回りは平均より1.5倍以上も高く、株価が割安であることを示しています。

これから増益・増配が続くようなら、株価は必ず上昇するでしょう。

 

 

コロナからの回復が鮮明に

21年3月期はコロナの影響を大きく受けましたが、現在では完全回復へ向かっています。

下図に業績回復の一例として、物流・冷熱・ドライブシステムの業績見通しを示します。

 

物流・冷熱・ドライブシステムの業績見通し

(単位:億円)

2021年度の業績見通し

 

上図の通り、コロナで低迷した20年度と比べると、業績回復が鮮明です。

コロナで停滞していた商談の活性化や、工事の再開・進捗により、業績は大きく改善しています。

このまま順調に業績回復が進めば、三菱重工の株価は、必ず上昇へ転じるでしょう。

 

まとめ

以上により、今回は「三菱重工の株価」の今後について、上昇する4つの理由を解説させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳三菱重工の株価は今後どうなる?直近の暴落を分析

✅5年間で株価は1/4に大暴落

✅直近は2期連続の減収・減益

✅配当金も半値となる大幅減配

✅コロナで減産の影響が大きい

 

🔳三菱重工の株価が今後、必ず上昇する4つの理由

✅今後は増収・増益の見込み

✅配当金も増配が続く見通し

✅株価は、かなり割安な水準

✅コロナからの回復が鮮明に

 

【結論】三菱重工の株価は今後、必ず上昇へ転じます。

同社の業績は低迷が続きましたが、今後は大幅増益が続いていく見込みです。

この業績回復に連動し、配当金も少しずつ増配されていく見通しです。

予想通りに「増収・増益・増配」が続けば、三菱重工の株価は、必ず上昇へ転じるでしょう。