デンソーの株価を予想!今後も必ず上昇する理由とは



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「デンソーの株価」を予想して、今後も必ず上昇する理由を解説していきたいと思います。




🔳デンソーの株価を予想【直近の株価は急騰中】

✅コロナ禍で、直近の業績は不調

✅それでもデンソーの株価は急騰

✅減収・減益でも、配当金は維持


🔳デンソーの株価を予想【今後も上昇する理由】

✅電動化・自動運転の技術で躍進

✅22年3月期には、復調の見込み

✅2025年度までに、さらなる躍進

✅トヨタ傘下なので安定している


🔳デンソーの株価を予想【デメリットはない?】

✅株価水準は決して割高ではない

✅最低購入額の高さがデメリット



デンソーの株価は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】デンソーの株価は長期的に、今後も必ず上昇を続けます。


直近こそコロナ禍で業績が落ち込みましたが、22年3月期には、完全回復できる見込みです。


これから電動自動車や自動運転の普及が進むことで、デンソーの業績はさらに成長します。


今回は「デンソーの株価」を予想して、今後も必ず上昇する理由を解説していきたいと思います。





デンソーの株価を予想【直近の株価は急騰中】



それでは「デンソーの株価」について、予想してきましょう。


まずはデンソーの株価と業績の、現状から整理していきましょう。



コロナ禍で、直近の業績は不調

デンソーの業績はコロナの影響が大きく、一時的に利益が大きく落ち込んでいます。


下図に、デンソーの業績推移を示します。



デンソー(6902)売上高の推移

(単位:億円)



デンソー(6902)1株当たり当期利益

(単位:円)



デンソー(6902)業績推移と見通し

(四季報 20年12月16日更新)



上図より、直近の利益が大きく落ち込んでいることが分かります。


これはコロナの影響で、自動車部品の減産が響き、業績が一時的に低迷したためです。


しかしそれでもデンソーの株価は、直近で大きく上昇しています。


以下に、その理由について検証していきましょう。




それでもデンソーの株価は急騰

コロナ禍で大きな減収・減益に見舞われたデンソーですが、それでも株価は急騰しています。


下図に直近20年間における、デンソーの株価チャートを示します。


デンソー(6902)株価チャート_20年



デンソーの株価は、コロナ禍にもかかわらず、2020年より急上昇しています。


この1年間で、株価は2.5倍近くにまで高騰しているのです。


その理由は後述しますが、電気自動車の急速な普及への期待が、デンソーの株価を押し上げています。


デンソーの電動化事業における高い技術力に、大きな期待が寄せられています。




減収・減益でも、配当金は維持

デンソーの業績は、コロナ禍で大幅な減益となりましたが、それでも配当金は同水準を維持しています。


下図にデンソーにおける、配当金と配当性向の推移を示します。



配当金・配当性向の推移

(単位:億円)



特に20年3月期は、大幅な減益となったにも関わらず、配当金は140円を維持しています。


この影響で配当性向は、一時的に159%まで上昇しています。


このようにデンソーは、一時的に無理をしてでも、株主還元の水準を落とさない方針を貫いています。


このような経営方針も投資家の好感を呼び、株価が上昇する要因となっています。



🔹あわせて読みたい

» これから上がる株の銘柄5選!必ず上がる銘柄を厳選





デンソーの株価を予想【今後も上昇する理由】



ここまでデンソーにおける、株価と業績の現状について整理してきました。


そしてデンソーの株価は、今後も必ず上昇を続けます。


以下にデンソーの株価が上昇する、4つの理由を解説していきます。



電動化・自動運転の技術で躍進

デンソーは今後、電気自動車の市場拡大に連動する形で、業績がさらに成長する見込みです。


下図に世界の自動車市場における、電動化の拡大予測を示します。


このように電気自動車の占めるシェアは、今後どんどん増えていきます。



世界の電動市場予測

(単位:億台)



デンソーの電動化・自動運転の技術



デンソーは自動車の電動化技術に、大きな権威を持っています。


よって電動化が普及するに連れて、デンソーの業績成長も拡大していく見込みです。


また自動車市場では電動化と同じく、自動運転の普及も期待されています。


デンソーはこれらの技術に特化しており、電動化や自動運転の事業が、今後の業績拡大の柱となるでしょう。




22年3月期には、復調の見込み

デンソーの業績は、直近こそコロナ禍で低迷していましたが、すでに回復の目途が立っています。


下図に、デンソーの業績推移と見通しを示します。



デンソー(6902)業績推移と見通し

(単位:百万円)



コロナの影響で、20年3月期、21年3月期については、大きな低迷を余儀なくなれました。


しかしデンソーの業績は、20年度の下期からは、既にほとんど回復しています。


そして22年3月期の業績予想では、大幅な増収・増益が見込まれています。


同年には売上・利益ともに過去最高まで達する見通しであり、デンソーの業績は、完全に回復する見通しです。




2025年度までに、さらなる躍進

デンソーの業績は長期的に、さらなる成長を続ける見込みです。


下図にデンソーの「2025年長期構想」における、成長目標値を示します。



デンソーグループ 中長期の成長目標



売上高については、これまで18年度の5.3兆円が最高でしたが、25年度までに7兆円まで引き上げる計画です。


このような目標を定め、デンソーでは2025年を目標に、さまざまな形で業務改革が推進されています。


このような形で業績成長が続けば、デンソーの株価は、今後も上昇を続けるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選




トヨタ傘下なので安定している

デンソーは「トヨタ自動車」の資本を受けており、実質的に子会社のような位置づけです。


実際に売上高の約半分が、トヨタグループからの受注で占めています。


下図にデンソーにおける、得意先別の売上高を示します。



デンソー(6902)得意先別の売上高

(単位:億円)



このようにデンソーはトヨタの傘下にあることで、安定した受注を維持することができます。


よってデンソーの業績は、一般の企業とは少し異なり、かなり安定度が高いといえます。


日本一の企業であるトヨタの傘下にいる限り、デンソーの業績は、今後も安定した成長を維持するでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】





デンソーの株価を予想【デメリットはない?】



ここまで「デンソーの株価」について、今後も上昇を続ける理由を解説してきました。


それではデンソーの株へ投資するにあたり、デメリットはないのでしょうか?


以下にデンソーの株へ投資する、デメリットについて検証しておきましょう。



株価水準は決して割高ではない

デンソーの株価は、この1年で2.5倍近くにまで高騰しました。


果たしてデンソーの株価は、すでに割高なのでしょうか?


下記にデンソーの株価指標について、日経平均との対比を示します。


これによれば、特にPERについては、平均値の2倍以上も高い水準にあります。



              日経平均   デンソー

PER (会社予想)   22.4   48.8

PBR (倍)          1.3     1.6

配当利回り(%)         1.6     2.0


株価の指標(2021年3月時点)



しかし総合的にみれば、デンソーの株価は、決して割高ではありません。


先述した通り、デンソーの業績はこれから回復し、さらなる成長を続ける見込みです。


想定通りに業績が回復すれば、PERは大幅に下がるため、現在の株価は決して割高ではありません。


よってこれらの株価指標についても、デンソーにとっては、デメリットとはならないでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




最低購入額の高さがデメリット

デンソーの株へ投資する「唯一のデメリット」といえるのが、購入金額の高さです。


デンソーの株主となるには、最低100株で70万円以上が必要となり、高額投資がデメリットといえます。


個人投資家が1つの銘柄へ、70万円もの投資をするのは困難ですよね?


投資額が大きくなれば、その分リスクも高まります。


デンソーの株を安く買うには

そこでデンソーの株へ投資するなら、100株の高額投資ではなく、1株からの少額投資がおすすめです。


なかでもSBIネオモバイル証券のS株(単元未満株)を活用すれば、株を1株からでも購入できます。


1株であれば、高額なデンソーの株も、7千円前後で投資することができます。


少額で手軽に投資でき、リスクも低く抑えることができるため、人気の高い投資法です。


» SBIネオモバイル証券 公式サイト





まとめ


以上により、今回は「デンソーの株価」を予想して、今後も必ず上昇する理由を解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳デンソーの株価を予想【直近の株価は急騰中】

✅コロナ禍で、直近の業績は不調

✅それでもデンソーの株価は急騰

✅減収・減益でも、配当金は維持


🔳デンソーの株価を予想【今後も上昇する理由】

✅電動化・自動運転の技術で躍進

✅22年3月期には、復調の見込み

✅2025年度までに、さらなる躍進

✅トヨタ傘下なので安定している


🔳デンソーの株価を予想【デメリットはない?】

✅株価水準は決して割高ではない

✅最低購入額の高さがデメリット



【結論】デンソーの株価は長期的に、今後も必ず上昇を続けます。


デンソーの業績は急速に回復しており、22年3月期には売上・利益ともに過去最高まで達する見込みです。


今後も電気自動車や自動運転の普及が進むことで、デンソーの業績はさらに成長します。


想定通りに業績成長が続けば、デンソーの株価は、今後も持続的な上昇を続けるでしょう。



🔹あわせて読みたい

» 日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する理由6選

» 株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000