トヨタの株価を予想!長期的に上昇する4つの理由



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「トヨタの株価」を予想しながら、長期的に上昇を続ける4つの理由を解説していきたいと思います。




🔳トヨタの株価を予想【長期的に上昇する4つの理由】

✅長期的には右肩上がりで上昇

✅トヨタの株価は、かなり割安

✅トヨタは、配当利回りが高い

✅コロナの影響も最小限


🔳トヨタの株価を予想【短期的には我慢の時期】

✅コロナで当面は我慢の時期

✅減配となれば暴落のリスク



トヨタの株価は、今後どうなるのかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】短期的には横ばいが続きますが、長期的には上昇が続くでしょう。


トヨタの株価は、コロナの影響で短期的には横ばいが続きますが、それも1~2年の話でしょう。


トヨタは日本を代表するトップ企業であり、これまでの歴史の通り、長期的には必ず上昇を続けます。


今回は「トヨタの株価」を予想しながら、長期的に上昇を続ける4つの理由を解説していきたいと思います。





トヨタの株価を予想【長期的に上昇する4つの理由】



それでは、トヨタの株価について予想していきましょう。


まずは「トヨタの株価」が長期的に上昇を続ける、4つの理由を解説していきます。



①長期的には右肩上がりで上昇

トヨタ自動車(7203)は1937年に設立、1949年に上場された、歴史ある企業です。


トヨタの株価は、長期的に、右肩上がりの成長を続けてきました。


下図に、同社の30年間における株価チャートを示します。



トヨタ自動車(7203)30年チャート



これを見れば、短期的な下落はあるものの、長期的には右肩上がりの上昇を続けていることが分かります。


トヨタの株価は、この30年間で、5倍にまで上昇しているのです。


また下図は、直近5年間における売上高の推移です。



売上高の推移

(単位:十億円)



この売上高の推移でも、少しずつですが、右肩上がりの上昇傾向にあります。


このようにトヨタ自動車は、着実に成長を続けることのできる優良企業です。


よって長期的に見れば、この成長は今後も続くことが予想されます。




②トヨタの株価は、かなり割安

トヨタの株価は、コロナ禍で下落したこともあり、かなり割安な水準です。


下記はトヨタの株価指標を、日経平均と対比したものです。



            日経平均  トヨタ自動車

PER (倍)    20.2     9.4

PBR (倍)      1.1     0.9

配当利回り(%)     2.1     3.2 


株価の指標(2020年8月時点)



これによるとトヨタのPER=9.4は、日経平均と比べ半分以下の水準です。


またPBRについても0.9倍と低く、かなり割安な水準にあります。


これらはコロナによる業績悪化が織り込まれ、株価が下落したために、株価が割安となっている状況です。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは




③トヨタの株は、配当利回りが高い

トヨタの株は、株価が割安となったことで、配当利回りも高まっています。


20年8月時点で、トヨタの配当利回りは3.2%と、かなりの高配当株となっています。


下図にトヨタ自動車における、配当金の推移を示します。



配当金の推移



このようにトヨタ自動車の配当金は、長期的に安定して推移しています。


今後はコロナの影響が心配されますが、安定した配当を維持することができれば、トヨタの株価は再び上昇していくでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉配当金は必ず再投資しよう おすすめの方法を紹介




④コロナの影響も最小限

トヨタは持ち前の実力をフルに発揮し、このコロナ禍の厳しい状況のなかでも、しっかりと黒字を確保しています。


トヨタの20年4-6月期の純利益は、15.8億円の黒字となりました。


同じ自動車業界では、ホンダや日産、三菱自動車など、ほとんどの企業が大赤字を計上しているので、これは異例です。


21年3月期の通期予想でも、大幅な減益とはなるものの、何とか黒字を確保する予想が発表されています。



当期利益の見通し

(単位:億円)



コロナ禍の厳しい市況のなかでも、しっかりと黒字を確保できるのは、トヨタの強靭な実力です。


このコロナ危機を乗り越えた後には、トヨタは再び大きな利益を生み出すでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価への影響が特に大きい業種・銘柄5選





トヨタの株価を予想【短期的には我慢の時期】



ここまで、トヨタの株価が長期的に上昇する理由について解説してきました。


しかし、短期的な見通しとなれば、話は別です。


トヨタの株価は、短期的には軟調に推移し、我慢の時期が続くでしょう。



コロナ禍で、当面は我慢の時期

いくらトヨタといえど、コロナの影響で、しばらくの間は業績の成長が止まります。


下図は四季報による、トヨタの業績推移と見通しです。



トヨタ自動車(7203)業績推移と見通し



ここには22年3月期までの業績予想が示されていますが、売上も利益も、コロナ前の水準には戻らない見通しです。


これが本当ならば、コロナ前の水準を回復するには、3年以上を要することになります。


よって、これから1~3年の短期的な見通しでは、株価は軟調に推移し、横ばい圏が続くことが予想されます。




減配となれば暴落のリスク

トヨタの株価で、唯一のリスクとなるのが、配当金の減配です。


先ほどの四季報による配当の予想値では、1株当たり80~220円と、大きな範囲での予想となっています。


これはつまり、配当が維持される期待もある一方で、大きな減配となる可能性もある、ということです。



コロナによる世界情勢しだいで、もしも配当が80円のような水準まで大きく減配された場合には、失望の売りが広まります。


その時には短期的とはいえ、株価は一時的に大きく下落する可能性があるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株の買い時はいつ?絶対買うべき3つのタイミング





まとめ


以上により、今回は「トヨタの株価」を予想しながら、長期的に上昇を続ける4つの理由を解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



トヨタの株価を予想【長期的に上昇する4つの理由】

✅ ①長期的には右肩上がりで上昇

✅ ②トヨタの株価は、かなり割安

✅ ③トヨタは、配当利回りが高い

✅ ④コロナの影響も最小限



【結論】短期的には横ばいが続きますが、長期的には上昇が続くでしょう。


トヨタの株価は、歴史的に右肩上がりの上昇を続けてきました。


コロナの影響で、短期的には上昇は止まりますが、それでも長期的に見れば、必ず上昇基調は続きます。


よってトヨタの株価は、3年もすれば、再び上昇トレンドへと移行するでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉今後の株価を予想【2020年】株価が上がる時期とは

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000