日清食品の株価を予想【安定が魅力の優良株】



はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。


今回は「日清食品の株価」を予想しながら、同社へ投資する魅力について解説していきたいと思います。




🔳日清食品の株価を予想【安定した成長が続く】

✅日清食品は、生粋の安定株

✅株価は右肩上がりで上昇中

✅業績は堅調な成長を続ける

✅配当も持続的な増配が続く


🔳日清食品の株価を予想【今後の見通しも良好】

✅コロナ需要で、利益が倍増

✅コロナを機に株価も急上昇

✅株価は決して割高ではない



日清食品の株価は、今後どうなるかな・・・


今回は、そんな疑問にお答えしていきます。



【結論】今後も長期的に、安定した右肩上がりの上昇を続けるでしょう。


日清食品HD(2897)は「生活必需株」として、安定した業績が魅力の優良株です。


株価も配当も、長期的に右肩上がりの上昇を続けており、今後も安定的な成長が期待される有望企業です。


今回は「日清食品の株価」を予想しながら、同社へ投資する魅力について解説していきたいと思います。





日清食品の株価を予想【安定した成長が続く】



それでは「日清食品の株価」について予想していきましょう。


まずは日清食品についての概要や、投資する魅力について解説していきます。



日清食品は、生粋の安定株

日清食品の主力商品は「カップヌードル」や「どん兵衛」などの、インスタント麺が主力です。


景気に左右されない点が強みで、景気が良い時も悪い時も、国民に広く愛されるビジネスが魅力です。



特に大地震などの「災害時」や、今回のコロナのような非常事態に、売上が上昇する点が強みです。


生活必需型のビジネスであることから、不況や有事の際に、一段と強さを発揮します。


このような特性を持つ日清食品は、まさに「安定株」の代表格といって良いでしょう。




株価は右肩上がりで上昇中

日清食品の株価は、長期的に安定した上昇を続ける点が強みです。


下図は、同社の直近20年間における株価チャートです。


日清食品HD(2897)20年チャート



まさに安定株らしい、長期的な右肩上がりの上昇が続いています。


このように日清食品の株価は、不況に強く、安定的な上昇を続ける点が強みといえます。



🔹あわせて読みたい

👉グロース株のおすすめ銘柄7選!期待の成長株を厳選




業績は堅調な成長を続ける

日清食品は、業績の安定を確保しながら、堅調な成長を続けています。


下図は、同社の業績推移と見通しです。



日清食品HD 業績推移と見通し



これによると売上も利益も、とても安定していることが分かります。


このように日清食品は、景気に左右されずに、安定した業績を確保できる点が強みです。



また今後の業績予想においても、純利益は300億円の突破に向け、少しずつですが成長を続ける見通しです。


このように日清食品は、派手さこそ無いものの、とても安定していて、堅調な成長を続ける点が魅力です。



🔹あわせて読みたい

👉安定株のおすすめ銘柄5選【安定運用できる優良株】




配当も持続的な増配が続く

日清食品では安定した業績を背景に、配当も右肩上がりの増配を続けています。


下図は、日清食品の長期における配当金の推移です。



日清食品HD 配当金の推移



これまで安定した業績を支えに、配当も持続的な増配を続けてきました。


これこそ、日清食品の株価を安定させている、最大の根幹です。


「長期で保有すれば、成長してくれる」


このような優良株こそが、株式投資における理想的な形です。



さらに今後の業績予想においても、同社の配当は、引き続き増配が続く見通しです。


このような形で業績も配当も成長が続けば、日清食品の株価は、今後も安定した上昇を続けるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉花王の株価は配当が魅力!30年連続増配の優良株





日清食品の株価を予想【今後の見通しも良好】



ここまで日清食品についての概要や、これまでの安定した成長について解説してきました。


そして同社のビジネスは、今後の見通しにおいても、引き続き安定した成長が維持される見込みです。



コロナ需要で、利益が倍増

日清食品のビジネスは、コロナ禍のような非常時に強い点が魅力です。


2020年はコロナによる巣ごもり需要の影響で、売上・利益ともに大きく上昇しています。


下図は20年4-6月期における、業績の実績データです。



20年4-6月 実績サマリー



コロナが無かった前期と比べると、売上は14%増で、利益は2倍以上と、とても大きな増益となりました。


このように日清食品の業績は、コロナ禍をも追い風にできる、生活必需型のビジネスです。


よって今後の業績においても、引き続き安定した成長を維持することでしょう。




コロナを機に、株価も急上昇

日清食品は、コロナを機に売上を大きく伸ばしたことで、株価も大きく上昇しています。


下図は、日清食品の直近1年間における株価チャートです。


日清食品HD(2897)1年チャート



3月のコロナをきっかけに、株価が大きく上昇していることが分かります。


国内では多くの銘柄で株価が落ち込むなか、日清食品では逆に、株価が大きく上昇しているのです。


日清食品の株価は、このような不況や有事の際に強さを発揮する、堅固な安定性が強みです。



🔹あわせて読みたい

👉コロナで株価が上昇した、狙い目のおすすめ銘柄7選




株価は決して割高ではない

日清食品の株価は、これまで持続的に大きな上昇を続けてきました。


しかしそれでも、株価は決して割高ではありません。


下記は日清食品の株価指標を、日経平均と対比したものです。



         日経平均     日清食品

PER (倍)     21.9   37.7

PBR (倍)       1.1     3.4

配当利回り(%)      2.0     1.0 


株価の指標(2020年8月時点)



たしかに株価が大きな上昇を続けた分、すべての指標が標準よりも高くなっています。


しかし、これらは日清食品の将来に対する「期待の表れ」であり、市場から評価を受けている証です。


日清食品ほどの安定した業績と成長を期待できる銘柄であれば、これくらいの水準になることは必然です。


長期的に見て、引き続き安定した業績成長が続くならば、現在の株価は、決して割高とはならないでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉株価の見方と割安な銘柄を見つける方法とは





まとめ


以上により、今回は「日清食品の株価」を予想しながら、同社へ投資する魅力について解説させて頂きました。


ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。



🔳日清食品の株価を予想【安定した成長が続く】

✅日清食品は、生粋の安定株

✅株価は右肩上がりで上昇中

✅業績は堅調な成長を続ける

✅配当も持続的な増配が続く


🔳日清食品の株価を予想【今後の見通しも良好】

✅コロナ需要で、利益が倍増

✅コロナを機に株価も急上昇

✅株価は決して割高ではない



【結論】今後も長期的に、安定した右肩上がりの上昇を続けるでしょう。


日清食品は生活必需株の代表格であり、安定した業績が強みの優良株です。


不況にとても強く、これまで株価も配当も、安定した持続的な上昇を続けています。


今回のコロナを機にさらなる増益も見込まれており、同社の株価は、引き続き安定した成長が期待できるでしょう。



🔹あわせて読みたい

👉日経平均株価を予想【2021年】必ず上昇する6つの理由

👉株価を予想する方法とは?上昇を見極める4つの法則

0コメント

  • 1000 / 1000