【レバレッジ型】投資信託のおすすめファンド6選

【レバレッジ型】投資信託のおすすめファンド6選

 

はじめまして、投資家の関原大輔@sekihara_d)です。

今回は「レバレッジ型の投資信託」について、おすすめファンドを6つに厳選して紹介したいと思います。

 

投資信託の先生

 

🔳レバレッジ型の投資信託おすすめ①【米国株式】

✅iFreeレバレッジ S&P500

✅iFreeレバレッジ NASDAQ100

✅NYダウ・トリプル・レバレッジ

 

🔳レバレッジ型の投資信託おすすめ②【テーマ株】

✅テーマレバレッジ DX2倍

✅テーマレバレッジ ブロックチェーン2倍

✅テーマレバレッジ ヘルステック2倍

 

レバレッジ型の投資信託の、おすすめを教えて・・・

今回は、そんな疑問にお答えしていきます。

 

レバレッジ投資信託のおすすめが知りたい

 

レバレッジ型の投資信託とは、通常と比べ2~3倍の値動きとなるように運用されるファンドです。

株価が上昇した時には利益が2~3倍になることから、上手に活用できれば、とても有効な投資法です。

リスクを負ってでも「資産を大きく増やしたい」なら、レバレッジ型での長期運用がおすすめです。

今回は「レバレッジ型の投資信託」について、おすすめファンドを6つに厳選して紹介したいと思います。

 

 

レバレッジ型の投資信託おすすめ①【米国株式】

レバレッジ型の投資信託おすすめ①【米国株式】

 

それでは早速、「レバレッジ型の投資信託」のおすすめファンドを紹介していきましょう。

まずは米国株のレバレッジ投信について、3つのファンドを紹介していきます。

 

iFreeレバレッジ S&P500

 

iFreeレバレッジS&P500

 

ファンド名:iFreeレバレッジ S&P500

運用会社 :大和アセットマネジメント

種 別  :米国株式(為替ヘッジあり)

買付手数料:無料

管理費用 :0.99%

運用開始日:2018年8月31日

 

まずは米国株の最もポピュラーな指数である「S&P500」のレバレッジ型ファンドです。

当ファンドは、S&P500の2倍の値動きとなるように運用される投資信託です。

当ファンドの上昇力は凄まじく、コロナショック時に投資していれば、1年半で3.7倍に上昇しています。

ただでさえ強いS&P500が2倍になるのですから、上昇力が抜群のおすすめファンドです。

 

 

iFreeレバレッジ NASDAQ100

 

iFreeレバレッジNASDAQ100

 

ファンド名:iFreeレバレッジ NASDAQ100

運用会社 :大和アセットマネジメント

種 別  :米国株式(為替ヘッジあり)

買付手数料:無料

管理費用 :0.99%

運用開始日:2018年10月19日

 

続いて、ナスダックに連動するレバレッジファンドです。

当ファンドは、NASDAQ100の2倍の値動きとなるように運用される投資信託です。

NASDAQ100とは、ナスダック市場の時価総額トップ100銘柄で構成される指数です。

ナスダックは、上昇力がさらに高い

ナスダックはS&P500よりも上昇力が高いため、破壊力はさらに高まります。

コロナショック時に投資していれば、基準価格は1年半で4.5倍に上昇しています。

ナスダック×レバレッジ」という、とてつもない破壊力を持つファンドといえます。

 

NYダウ・トリプル・レバレッジ

 

NYダウ・トリプル・レバレッジ

 

ファンド名:NYダウ・トリプル・レバレッジ

運用会社 :大和アセットマネジメント

種 別  :米国株式(為替ヘッジあり)

買付手数料:無料

管理費用 :1.1%

運用開始日:2020年3月30日

 

続いて、NYダウに連動するレバレッジファンドです。

当ファンドは名前の通り、NYダウの3倍の値動きを目指すハイレバレッジ・ファンドです。

運用開始から1年半で、基準価格は3.5倍に上昇しています。

NYダウは米国株価指数のなかでも比較的、安定度の高い指数といえます。

安定度の高いNYダウに3倍のレバレッジをかけた当ファンドは、とても魅力の高い商品といえます。

 

レバレッジ型の投資信託おすすめ②【テーマ株】

レバレッジ型の投資信託おすすめ②【テーマ株】

 

ここまで、米国株に連動するレバレッジファンドについて紹介してきました。

ここからは、テーマ別の株式へ投資するレバレッジファンドについて、3つ紹介していきましょう。

 

テーマレバレッジ DX2倍

 

テーマレバレッジDX2倍

 

ファンド名:テーマレバレッジ DX2倍

運用会社 :大和アセットマネジメント

種 別  :海外株式(為替ヘッジなし)

買付手数料:無料

管理費用 :1.4055%

運用開始日:2021年5月19日

 

1つめのテーマ株ファンドは、DX(デジタルトランスフォーメーション)です。

当ファンドはDXに関連する世界の株式へ投資し、2倍のレバレッジをかけられる投資信託です。

あらゆる分野でDX化が進む

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル化により生活やビジネスを変革させる技術です。

今後は世界中のあらゆる分野で、DX化が進むことが確実です。

運用開始からわずか4ヶ月で、基準価格は1.5倍に上昇しています。

世界のDX関連株へいち早く投資することにより、大きな成果を期待できる投資信託です。

 

テーマレバレッジ ブロックチェーン2倍

 

テーマレバレッジ_ブロックチェーン2倍

 

ファンド名:テーマレバレッジ ブロックチェーン2倍

運用会社 :大和アセットマネジメント

種 別  :海外株式(為替ヘッジなし)

買付手数料:無料

管理費用 :1.4055%

運用開始日:2021年6月21日

 

続いてのテーマ株ファンドは、ブロックチェーンです。

当ファンドはブロックチェーンに関連する世界の株式へ投資し、2倍のレバレッジをかけられる投信です。

ブロックチェーンは成長が確実

ブロックチェーンとは、仮想通貨のように、暗号技術によって正確な取引履歴を維持する技術です。

ブロックチェーンの技術と需要は、これから急激に成長することが確実です。

ファンド設立からまだ4ヶ月なので、運用益はまだ出ていませんが、将来的に成長することは必至です。

ブロックチェーンに関連する企業株へいち早く投資することで、大きな成果を期待できるでしょう。

 

テーマレバレッジ ヘルステック2倍

 

テーマレバレッジ_ヘルステック2倍

 

ファンド名:テーマレバレッジ ヘルステック2倍

運用会社 :大和アセットマネジメント

種 別  :海外株式(為替ヘッジなし)

買付手数料:無料

管理費用 :1.4055%

運用開始日:2021年6月21日

 

最後に紹介するテーマ株ファンドが、ヘルステックです。

当ファンドは、ヘルステックに関連する世界の株式へ投資し、2倍のレバレッジを受けられる投信です。

ヘルステックの需要は高まる

ヘルステックとは、Health(健康)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた技術です。

今後は医療、健康、介護の分野にテクノロジーを加えた技術が、間違いなく普及します。

成長確実なヘルステック関連株へ長期投資することで、大きな成果を期待できます。

ファンド設立から4ヶ月につき、価格はまだ上昇していませんが、将来への期待が高まる投資信託です。

 

まとめ

以上により、今回は「レバレッジ型の投資信託」について、おすすめファンドを6つ紹介させて頂きました。

ここまで解説してきた項目について、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

 

🔳レバレッジ型の投資信託おすすめ①【米国株式】

✅iFreeレバレッジ S&P500

✅iFreeレバレッジ NASDAQ100

✅NYダウ・トリプル・レバレッジ

 

🔳レバレッジ型の投資信託おすすめ②【テーマ株】

✅テーマレバレッジ DX2倍

✅テーマレバレッジ ブロックチェーン2倍

✅テーマレバレッジ ヘルステック2倍

 

前半で紹介した米国株ファンドは、指数連動型なので、どれも長期的な成長が見込めるものばかりです。

後半で紹介したテーマ株ファンドは、さらに大きな利益を得られる可能性があるものを厳選しました。

どれもテクノロジーへ投資する商品なので、長期で投資すれば、大きな成果を期待できます。

いずれのファンドも、SBI証券楽天証券で、手軽に投資することができます。

リスクが大きく、長期投資が鉄則

レバレッジファンドにおける最大のデメリットは、下落時の下落幅が大きいことです。

下落時のリスクは大きくなりますが、長期投資に徹することで、リスクをある程度抑えることができます。

下落時に投げ売りせずに長期投資を維持できれば、レバレッジ型でも、成功する可能性は高まるでしょう。